シルバーサイズ (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Silversides (SSN-679);0867903.jpg
艦歴
発注: 1968年6月25日
起工: 1969年10月13日
進水: 1971年6月4日
就役: 1972年5月5日
退役: 1994年7月21日
除籍: 1994年8月2日
その後: 原子力艦再利用プログラム
性能諸元
排水量: 基準:4,159トン
全長: 90.8 m (298 ft)
全幅: 9.7 m (32 ft)
吃水: 8.8 m (29 ft)
機関: S5W reactor
最大速: 25 ノット
乗員: 士官14名、兵員95名
兵装: 21インチ魚雷発射管4基
モットー: Veni Vidi Vici

シルバーサイズ (USS Silversides, SSN-679) は、アメリカ海軍原子力潜水艦スタージョン級原子力潜水艦の30番艦。艦名はペヘレイに因む。その名を持つ艦としては2隻目。

艦歴[編集]

シルバーサイズの建造は1968年6月25日にコネチカット州グロトンジェネラル・ダイナミクスエレクトリック・ボート社に発注される。1969年10月13日に起工し、1971年6月4日にジョン・チェイフィー海軍長官夫人によって命名、進水し、1972年5月5日に艦長ジョン・E・アラン中佐の指揮下就役した。

大西洋およびカリブ海での整調後、シルバーサイズはサウスカロライナ州チャールストンを母港とし、大西洋で作戦活動に就く。

シルバーサイズは1977年1月にノーフォーク海軍造船所乾ドック入りし、母港もノーフォークへ変更した。

1984年の秋にシルバーサイズは母港のノーフォークを出港し、11月後半にピュージェット・サウンド海軍工廠で燃料交換オーバーホールに入る。作業は1986年8月に完了し、同年末に母港のバージニア州ノーフォークに帰還した。

1989年秋にシルバーサイズは北極で浮上した。北極海から太平洋に向かい、太平洋艦隊の演習に参加、ハワイカリフォルニア州を訪問した後パナマ運河を通過しノーフォークに帰還した。シルバーサイズは北アメリカ大陸を周航した2隻目の潜水艦となる。1994年中頃にシルバーサイズは母港をノーフォークから真珠湾へ変更した。

シルバーサイズは1994年7月21日に退役し、1994年8月2日に除籍された。その後ワシントン州ブレマートン原子力艦再利用プログラムの下2000年10月1日に解体が始まり、2001年10月1日に作業は完了した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]