リチャード・B・ラッセル (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Richard B. Russell (SSN-687).jpg
艦歴
発注: 1969年7月25日
起工: 1971年10月19日
進水: 1974年1月12日
就役: 1975年8月16日
退役: 1993年7月1日
除籍: 1994年6月24日
その後: 原子力艦再利用プログラム
性能諸元
排水量: 4,364トン
全長: 90.8 m (298 ft)
全幅: 31 ft 8 in
吃水: 26 ft
機関: S3G Core 3 reactor
S5W Steam Plant
最大速: 20+ ノット
乗員: 士官14名、兵員112名
兵装: 21インチ魚雷発射管4基、SUBROC
モットー:

リチャード・B・ラッセル (USS Richard B. Russell, SSN-687) は、アメリカ海軍原子力潜水艦スタージョン級原子力潜水艦の37番艦。艦名はジョージア州選出上院議員、リチャード・B・ラッセル・ジュニアに因んで命名された。

艦歴[編集]

リチャード・B・ラッセルの建造は1969年7月25日にバージニア州ニューポート・ニューズニューポート・ニューズ造船所に発注され、1971年10月19日にイナ・ラッセル・ステーシー(ラッセル上院議員の妹)によって起工した。1974年1月12日にハーマン・E・タルマージ夫人(タルマージ上院議員の妻)によって命名、進水し、1975年8月16日に就役した。

1977年8月、ラッセルはアンテナ・ブイを収めた巨大なハウジングがセイル後部の船体に増設された。(後に建造された潜水艦はアンテナ・ブイを船体フェアリングに内蔵することとなった。)このハウジングはユニークな特徴として「ラッセル・バスル Russell Bustle」として知られるようになった。

1980年に5ヶ月の地中海配備を完了する。1981年には北海での配備を完了し、その功績で殊勲部隊章を受章する。1982年にラッセルはパナマ運河を通過しメア・アイランド海軍工廠で拡張オーバーホールを行う。この間にラッセルは特殊任務艦への改修が決定し、オーバーホール後の短期任務の後広範囲な修正が行われた。ラッセルは第1潜水艦開発部隊に配属され、いくつかの作戦活動に対して殊勲部隊章が授与された。

リチャード・B・ラッセルは1993年7月1日に予備役となる。1994年6月24日に退役、除籍され、ワシントン州ブレマートンで2001年10月1日まで保管された。その後原子力艦再利用プログラムに基づき2002年9月19日に解体された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]