ザプレシチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザプレシチ
Zaprešić
Zaprešić centar.jpg
ザプレシチ中心部
Zastava zaprešića.PNG Grb Zaprešića.png
市旗 市章
座標 : 北緯45度19分59秒 東経17度40分25秒 / 北緯45.33306度 東経17.67361度 / 45.33306; 17.67361
行政
クロアチアの旗 クロアチア
  ザグレブ郡
 市 ザプレシチ
市長 Željko Turk(HDZ
地理
面積  
  市域 52.60[1][2] km2
標高 128 m
人口
人口 (2001年現在)
  市域 25,825[3]
    人口密度   1,057.9人/km2
  都市圏 51,040人
    都市圏人口密度   203.1人/km2
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間 (UTC+1)
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間 (UTC+2)
郵便番号 10290, 10294, 10295, 10298
市外局番 +385 034
ナンバープレート ZG
公式ウェブサイト : pozega.hr
ザプレシチの位置(クロアチア内)
ザプレシチ
ザプレシチ
ザプレシチ (クロアチア)

ザプレシチクロアチア語: Zaprešić)はクロアチアザグレブ郡にある都市である。人口は市部で25,875人[3]おり周辺の7つの自治体を含めた都市圏人口は51,000人である。[2]ザブレシチはクロアチアでは3番目に人口密度が高い自治体で、首都ザグレブの北西部にありスロベニアとの国境の近くに位置する。サヴァ川北側の平原の中心に位置し、メドヴェディナ山(Medvednica)の東側とマリヤ・ゴリツァ丘陵(Marija Gorica)の西側の境となっている。最初にザプレシチに居住地が作られたのは新石器時代のことで、ローマ時代にはいくつかのローマ街道がこの地域にも築かれている。最初に現代のザプレシチの町が言及されたのは1334年からである。市制が施行されたのは1995年からである。ザプレシチの市政は市長を始め、7人のメンバーにより運営され市議会は19人の議員により運営されている。現在の市議会の最多勢力はクロアチア民主同盟(HDZ)であり市長はŽeljko Turkである。ザプレシチは独自の消防局を有しているが、警察はザグレブ市の管轄下に入っている。また、水道の水は高品質である。幹線道路や鉄道等が通っていることから交通インフラに恵まれ第三次産業などサービス業の発達により人口は増加している。

歴史[編集]

ザプレシチに最初に居住地が形成されたのは新石器時代のことで、証拠はブルドヴェツ(Brdovec)で発見された石斧やマリヤ・ゴリツァで発見された銅器時代の斧に見られる。ハルシュタット文化の跡もスヴェティ・クリジュ(Sveti Križ)に見られる。ローマ期の跡もこの地域には見られ、シスツィア-ネヴィオドゥム-エモナ街道(Siscia–Neviodunum–Emona)がサヴァ川に続き、左岸のザプレシチの現代の市街地の近くを経由していた。[4] ローマ期以後の最初の1,000年間、記録が途絶えていたが11世紀後半に再びザプレシチは知られるようになる。1094年ザグレブ教区が形成され、ハンガリー王ラースロー1世の顧問の一人であったアチャ(Ača)はメドヴェニィツァ山の東西に土地が与えられ、新たに形成された教区を守った。ザブレシチはスセドグラード・ストゥビツァ荘園(Susedgrad–Stubica)の一部となった。当時のハンガリー王国下のザグレブ郡の中では2番目に大きな封建領地であった。[4]1334年、教区教会である聖ペーター教会が設立されると居住地しての今日まで続く現代のザプレシチの町の歴史が始まっている。町は交易や交通の重要な場所として急速に開発が進んでいった。後年、クロアチア初の鉄道が敷かれた時もここザプレシチを通っていることは交通ルートでザプレシチが重要であることを表している。[4]15世紀から16世紀、クロアチア中央部のリカ地方から多くの難民がオスマン帝国の支配から逃れて来ている。難民らはブルドヴェツ・フランシスコ会士と呼ばれておりスセドグラードの領主によってマリヤ・ゴリツァに修道院が建てられた。難民らによりリカ地方のイェ方言がもたらされ、長い間にわたってザプレシチの小規模な共同体では保たれていた。ザプレシチは歴史的に、エィ方言やカイ方言の地域である。[4]1573年19世紀のクロアチアの歴史家イヴァン=ククリェヴィッチ=サクシンスキ(Ivan Kukuljević Sakcinski)によれば小作農のマティヤ・グベツ(Matija Gubec)によって引き起こされた小作農の反乱が起こっている。[5]反乱の2年後、スセドグラード・ストゥビツァ荘園の大部分は身分の低い貴族たちの領地に分散され始めた。第一次世界大戦後、ndustrija mesnih proizvodaによってクロアチアではもっとも古い畜産業が成立している。[4]基礎自治体(オプシュティナ)としてのザプレシチは1952年に成立している。ザプレシチは後のザグレブ市となるザグレブコタールの一部の自治体として運営されていた。1995年11月30日に市制(Grad,グラード)が施行された。

地勢[編集]

ザプレシチはクロアチアの首都であるザグレブの都市圏に含まれている。ザグレブからは北西に18km離れた場所にありサヴァ川クラパニア川の合流地点に近い。西側は小規模な川であるルジュニツァ川(Lužnica)が市の範囲となっている。[6]ザプレシチ都市圏はブルドヴェツ(Brdovec)、ビストラ(Bistra)、ドゥブラヴィツァ(Dubravica)、ヤコヴリェ(Jakovlje)、ルカ(Luka)、マリヤ・ゴリツァ( Marija Gorica)、プシュツァ(Pušća)の7つの周辺の自治体により構成されている。ザプレシチ都市圏はザグレブ郡の北西部を形成し、南側はサヴァ川が境界となっており東側はザグレブとメドヴェニツァ山が、西側はストラ川とスロベニアの国境と境を接する。

人口[編集]

ザプレシチ市街の人口密度は925人/㎢で、ザグレブ郡の自治体の中では一番人口密度が高い。[1]ザグレブの警察当局の2006年の概算によればザプレシチ地区には20,733人が居住しているとされ、町全体の人口は26,741人とされている。[6]2001年現在の都市圏の人口は51,040人であった。[2][7]また、2001年の国勢調査によれば91%の住民はクロアチア人とされ、98.2%はクロアチア語を母語としており、性比は100:91.69であり、平均年齢は36.8歳とザグレブ郡では若者が多い町の一つである。[8]

既成市街地の人口[6]
地区/年 1948 1953 1961 1971 1981 1991 2001 2011
Hruševec Kupljenski 627 609 608 488 552 450 453 430
Ivanec Bistranski 590 597 584 593 716 823 932 955
Jablanovec 865 851 861 843 868 1,042 1,342 1.431
Kupljenovo 559 628 644 618 682 722 705 729
Lužnica 96 67 91 89 65 64 62 40
Merenje 252 235 227 175 113 186 158 129
Pojatno 689 719 818 837 958 1,013 1,157 1.215
Šibice 312 297 340 466 385 742 777 761
Zaprešić 2,294 2,537 3,311 4,992 8,201 15,678 17,538 20.057
合計 6,284 6,540 7,484 9,101 12,540 20,720 23,125 25.875

経済[編集]

恵まれた地理的な条件や経済発展から高い人口増加率となっている。ザグレブや他のクロアチアの都市の多くが金融危機に見舞われている中、ザプレシチは債務が無く年間の予算も20〜30%増加している。[9]産業面では第三次産業がほとんどを占め、観光業や土産物に関連したもの、金融業などがある。第二次産業では現在、セラミック工業や金属関連工業、化学工業がある。第一次産業の農業では縮小が続いている。現在、3,040haの耕作適地があるが経済の変化により都市計画の進展によるザグレブ郊外の急速な拡張によって2015年には930haに減少するとされる。[6][10]将来的にザプレシチの経済は中小規模のビジネスや観光業、食品関連の産業が拡大すると見られている。[10]ザプレシチの所得税は12%[11] で、2008年の予算は1億9,800万クーナであった。[12]230万人のザグレブ都市圏を商圏とするA2ハイウェー近くにあるショッピングシティザグレブ(通称、ウェストゲートショッピングセンター)は多くの雇用機会をもたらした。[13]10万㎡広さを有し、2007年に着工され2009年10月に開業している。[14]

交通[編集]

ザプレシチはザグレブ郡およびザグレブの交通の要衝で、「ザグレブ郡の北西部の玄関口」として知られている。ザグレブバイパスとA2ハイウェー(ザグレブ-マツェリ、オーストリア方面、欧州自動車道路59号線、汎欧州交通回廊Xa)が東側を通っておりクローバー型インターチェンジがある。国道255号線(D255)はザプレシチの重要な幹線道路で、この道路は西側はブルドヴェツ、マリヤ・ゴリツァ、スロベニア、東側はザグレブ、ヤブラノヴェツ、ストゥビツァへ向かうパヴァオ・ロンチャー/マーシャル・チトー通りとなっている。交通量の増加によってバイパスの建設も計画されている。[15][16] 公共交通機関では鉄道やバスにより他の地域と結ばれている。鉄道の要衝でそれぞれ西のスロベニア方面や北側のザボククムロヴェツ、東側のザグレブ中央駅と結ばれている。クロアチア鉄道による国内列車だけでなくザグレブ都市圏の近郊電車も運行されるている。市内の路線バスはザグレブ電気トラム社(Zagrebački električni tramvaj,ZET)とMeštrović prijevozにより運行されている。ZETによる路線バスは172番のバスによってチェルノメツ(Črnomerec)からザグレブまで8〜15分間隔で日中、夜間は異なった間隔で走っている。[17]176番と177番のバスはザプレシチの郊外であるビストラとを結んでいる。[18]Meštrović prijevozはザプレシチ都市圏内のバスで周辺の自治体とを結んでいる。ザプレシチはサヴァ川に沿っているがサモボルとを結ぶ橋はなく、迂回していかなければ行けない。

脚注[編集]

  1. ^ a b PPZŽ: 1.1.2.1. Naselja” (Croatian). Zagreb County. 2008年12月29日閲覧。
  2. ^ a b c PPZZ – Uvjeti razgraničenja prostora prema obilježju, korištenju i namjeni” (Croatian). 2008年12月25日閲覧。
  3. ^ a b Template:Croatian Census 2011 First Results
  4. ^ a b c d e Povijest” (Croatian). City of Zaprešić. 2008年12月26日閲覧。
  5. ^ Jablanovec – prošlost” (Croatian). Local Committee of Jablanovec. 2009年1月20日閲覧。
  6. ^ a b c d “Izvješće o stanju u prostoru Grada Zaprešića u razdoblju 2003. – 2005.” (Croatian). Glasnik Zagrebačke županije (№ 25, year XI). (2006-11-29). オリジナルのJune 11, 2007時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20070611033605/http://wa.zagrebacka-zupanija.hr/dokumentiWCA/Glasnik25_2006.pdf 2009年1月17日閲覧。. 
  7. ^ Population by sex and age, by settlements, census 2001 – Zagreb County” (Croatian). Croatian Bureau of Statistics. 2008年12月25日閲覧。
  8. ^ Statistički podaci” (Croatian). City of Zaprešić. 2008年12月26日閲覧。
  9. ^ Suvajac, Branka (2008年12月1日). “Za Zaprešić nema krize, proračun raste iz godine u godinu” (Croatian). Business.hr. 2008年12月31日閲覧。
  10. ^ a b O gospodarstvu” (Croatian). Town of Zaprešić. 2008年12月29日閲覧。
  11. ^ Prirez porezu na dohodak” (Croatian, English). Croatian Internal Revenue Service. 2009年1月2日閲覧。
  12. ^ Potočki, Marija. “Proračun u malom 2008.” (Croatian). 2009年1月4日閲覧。
  13. ^ Catchment areas”. West Gate Shopping Center. 2009年2月23日閲覧。 [リンク切れ]
  14. ^ Construction Timetable”. West Gate Shopping Center. 2009年2月23日閲覧。 [リンク切れ]
  15. ^ Javni interes je značajan, ali prevladava privatni” (Croatian). Prigorski Kaj. 2008年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月2日閲覧。
  16. ^ The Prigorski Kaj article actually delineates a southern bypass to re-route D225 and a northern bypass to alleviate traffic on the County Route Ž2186 (not directly named in the article).
  17. ^ Linija 172” (Croatian). Zagrebački električni tramvaj. 2008年12月26日閲覧。 [リンク切れ]
  18. ^ Vozni redovi dnevnih autobusnih linija” (Croatian). Zagrebački električni tramvaj. 2008年12月26日閲覧。

外部リンク[編集]