サージ・タンキアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サージ・タンキアン
Serj Tankian
Serj Tankian during SOAD's Mez/Hyp era.}
Serj Tankian during SOAD's Mez/Hyp era.
基本情報
出生 1967年8月21日(46歳)[1]
レバノンの旗 レバノン ベイルート[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州
ロサンゼルス
ジャンル ハード・ロックオルタナティブ・メタルサイケデリック・ロックエクスペリメンタル・ロックプログレッシブ・メタルファンク・メタルアート・ロックオルタナティヴ・ロックニュー・メタル
職業 ミュージシャン, ソングライター, 詩人
担当楽器 ヴォーカルキーボードピアノギターベースシンセサイザードラム・マシーンメロディカテルミン
活動期間 1992年 – 現在
レーベル サージカル・ストライク、リプライズ、アルメニアン・レヒーディングス、コロムビア、アクシズ・オブ・ジャズティス
共同作業者 システム・オブ・ア・ダウン、セラート、アクシズ・オブ・ジャズティス、バケットヘッド&フレンズザ・ナイトウォッチマン
公式サイト

www.serjicalstrike.com

www.serjtankian.com
著名使用楽器
First Act - Double cutaway Lola[2]

{{{Influences}}}

サージ・タンキアン(Serj Tankian, アルメニア語:Սերժ Թանգյան)はレバノンベイルート生まれ[1]アルメニア系アメリカ人シンガー・ソングライター詩人マルチプレイヤー、レコードプロデューサー、政治活動家システム・オブ・ア・ダウンのメンバーでリードボーカル、キーボード、作曲と様々をこなし、バンドとしてグラミー賞も得ている。なお最近は"Axis of Justice(正義の枢軸)"というプロジェクトも進めている。 2002年、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン/オーディオスレイヴのギタリストのトム・モレロとNPO団体Axis of justiceを立ち上げる。音楽的な活動歴としてはシステム・オブ・ア・ダウンで5枚のアルバム、ソロで1枚アルバムを出している。

バイオグラフィ[編集]

サージ・タンキアンはカチャドール・タンキアンの息子として1967年8月21日に生まれた。1975年に家族でアメリカのロサンゼルスに移住した。アメリカのスクールではマーケティングを学び、その後にソフトウェア会社"Ultimate Solutions"を立ち上げる。この会社は大成功したが、サージは情熱を音楽に集中させるために売り払った。

ダロン・マラキアンは1992年に、サージ・タンキアンと別のバンドとしてリハーサルスタジオで初めて顔を合わせる。このときはサージはキーボードを、ダロンはリードボーカルを担当していた。彼らはジャムバンドとしてSoil(シカゴのバンドSoilとは別のもの)を作る。この時期にシャヴォ・オダジアンに会っている。1994年、一度のジャムセッションのレコーディングと一度のライブを終えてメンバーのうちの二人が脱退した。

そのあとバンドは解散となり、ダロンとサージによって新しく"システム・オブ・ア・ダウン"が結成される。バンド名の由来はダロンのある詩のタイトル"Victim of the Down"からである。シャヴォが"Victim"より"System"のほうが広く聴衆にアピールできると考えていたことや、CDショップでスレイヤーの近くに自分らのCDを置きたいとのバンドの考えから、"Victim"をやめ"System"を使うようになった。シャヴォは当初はベースに加え、バンドのマネージャーやプロモーターも務めていた。ドラムはダロンの旧友が務めていたが手の負傷から、現在のジョン・ドルマヤンに変わっている。

 システムオブアダウン以外での活動[編集]

システム・オブ・ア・ダウンで活動していた間、ボーカリストとしていくつかのバンドに参加している。また自身のレコード会社であるサージカルストライクレコードも持っている。その会社の最初のリリースは彼自身のミニアルバム『Serart』と、Arto Tunçboyacıyanという彼の友人のバンドである。

2007年、ゲーム音楽として『John Woo Presents Stranglehold』というゲームのために曲を書いている。曲名は「Stranglehold Rough 2」と「Pianoimprovstrangle 2」である。

さらに近年ではシステム・オブ・ア・ダウンとしてだけでなく、他のバンドのメンバーとも音楽活動もしている。

またトム・モレロ(レイジ・アゲインスト・ザ・ マシーン、オーディオスレイヴのメンバー)とともに政治活動の団体”正義の枢軸(Axis of Justice)”を立ち上げた。

タンキアンはセカンドアルバムの制作をしており、2009年発売の予定であったが2010年までリリースが延期されており、ジャズやオーケストラの要素が入ると言われている。"Sounds of War"はコンサートのセットリストに入っており、ジャズフュージョンの要素が取り込まれていてセカンドアルバムに入るであろうと言われている。

セカンドアルバムのリリースを予定したまま、先にライブアルバム『Elect the Dead Symphony』をリリースした。このライブはオークランドフィルハーモニックオーケストラを演奏に起用している。

動物の権利(Animal rights)[編集]

近年、タンキアンは動物の権利を保護する立場をとっている。彼はベジタリアンでもあり、産業的な食肉解体場には強い抵抗感を持っている。PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)のインタビューでは変化を得るに至って感じた理由を述べている。 2009年7月、タンキアンはPETAのKFCの食肉処理に対する請願書にサインしている。

ディスコグラフィ[編集]

システム・オブ・ア・ダウン[編集]

セラート[編集]

  • Serart (2003)

アクシズ・オブ・ジャズティス[編集]

  • Concert Series Volume 1 (2004)

ソロ[編集]

  • Elect the Dead (2007)
  • Elect the Dead Symphony (2010)
  • Imperfect Harmonies (2010)
  • Harakiri (2012)

リファレンス[編集]

  1. ^ a b c Serj Tankian, MTV
  2. ^ http://www.firstact.com/Products/CustomGuitars/Gallery/Tankian_Serj_doublecutLola_Red.aspx

外部リンク[編集]