スティール・ディス・アルバム!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スティール・ディス・アルバム!
システム・オブ・ア・ダウンスタジオアルバム
リリース 2002年11月26日
録音 2002年
ジャンル オルタナティブ・メタル
時間 43分31秒
レーベル アメリカン・レコーディングス/コロムビア・レコード
プロデュース リック・ルビン
ダロン・マラキアン
システム・オブ・ア・ダウン 年表
毒性
(2001)
スティール・ディス・アルバム!
(2001)
メズマライズ
(2005)
テンプレートを表示

スティール・ディス・アルバム!』(Steal This Album!)は、システム・オブ・ア・ダウンの3枚目のアルバム。リック・ルビンダロン・マラキアンによるプロデュース。2002年にレコーディングされ2002年11月26日にリリースされた。ビルボード200で15位。

Toxicity II[編集]

2002年の初頭にデモ段階のこのアルバムのMP3インターネット上に流出した。この音源は『Toxicity II』とされ、バンドの前作『Toxicity』(邦題は『毒性』)との関連を示唆するものであった。バンドはこの事態に遺憾の意を表明した。

『Toxicity II』ではこのアルバムとは異なる曲タイトル、アレンジ、歌詞、ヴォーカルメロディが聞かれるが、ダロン・マラキアンによるバッキングヴォーカルは一切付いていない。このデモに収録されていた"Virginity" ( "Cherry"または"Virgin Tea"となっている場合もある), "Outer Space" (同じく"Fortress"とも)の二曲は最終的にボツとなり、このデモには存在しなかった"Fuck the System", "Ego Brain", "Roulette"の三曲が完成版には追加された。

「このアルバムを盗め!」という意のアルバムタイトル、および手焼きのCD-Rを模したカヴァーアートはこうした事態を指すものであると同時に、アメリカの反体制政治活動家アビー・ホフマンの『この本を盗め』へのオマージュでもある。"Fuck the System"は同名のホフマンの初期のエッセイ(wikisource原文)についての曲である。

Steal This Album! トラックリスト[編集]

  1. Chic 'N' Stu
  2. Innervision
  3. Bubbles
  4. Boom!
  5. Nüguns
  6. A.D.D. (American Dream Denial)
  7. Mr. Jack
  8. I-E-A-I-A-I-O
  9. 36
  10. Pictures
  11. Highway Song
  12. Fuck the System
  13. Ego Brain
  14. Thetawaves
  15. Roulette
  16. Streamline

外部リンク[編集]