サミュエル・ビング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Exposition La Maison Bing - L'Art Nouveau Bruxelles
2005年にゴッホ美術館で開かれたサミュエル・ビングに関する展覧会のポスター

サミュエル・ビングSamuel Bing, 本名 Siegfried Bing, 1838年 - 1905年)はパリ美術商を営んだドイツ人日本の美術・芸術を欧米諸国に広く紹介したことと、アール・ヌーヴォーに造詣が深いことで有名。

父親からビジネスの訓練を受け、普仏戦争後に日本美術を扱う貿易商となり、1870年代にパリに日本の工芸品を扱う店をオープンして成功する。日本を訪れた後に古いものから近代のものまで幅広く扱うようになる。1888年より91年まで「芸術の日本」(Le Japon artistique)という月刊誌を40冊発行し、展覧会も企画。1895年にパリにおいて、「アール・ヌーヴォーの店」(Maison de l' Art Nouveau)の名で画商店を開いた。

編訳書で『藝術の日本 1888〜1891』(大島清次監修、芳賀徹瀬木慎一、池上忠治訳 美術公論社、1981年、絶版)がある。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]