クライマー (自転車競技)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

自転車競技ロードレースにおけるクライマーとは、坂を上ることを得意とするタイプの選手。グランパーなどとも呼ばれる。

特徴[編集]

このタイプには、一般的には小柄で細身の選手が多い。体重の軽さを活かし、重力に逆らいつつ走らなくてはいけない上り坂で活躍する。プロ選手ともなるとその登坂能力は桁外れであり、普通の人間なら押して上ってしまうような激坂でさえ、ロードレーサーでスイスイと上っていく。その反面、パワーの絶対量では劣るため、空気抵抗に逆らって長時間平地を高速で走り続けたり、平坦なコースのゴール前で競り合うことは苦手とする。

レースでの役割[編集]

ステージレースでは、平坦ステージやタイムトライアルでは活躍する機会がないが、身の軽さを活かして、山岳ステージで活躍する。

アシストとしては、主に山岳ステージの上りで、一定ペースで集団を牽引することでレースにリズムを作り出し、総合優勝を狙うエース選手を引き上げたり、他チームの有力選手に揺さぶりをかけるという重要な役目を務める(例:2006年ブエルタ・ア・エスパーニャにおけるアスタナ・チームアンドレイ・カシェチキン、2007年ジロ・デ・イタリアにおけるサウニエルデュバルレオナルド・ピエポリなど)。

グランツールでもエースとなるような有力クライマーは山岳賞を狙うほか、複数の厳しい上りが設定された山岳ステージでは選手の登坂力が如実に反映され、大きなタイム差がつくことが多いため、そこで勝負を仕掛けて他の選手達を大きく引き離し、タイムトライアルでの不利をカバーすることで総合優勝も獲得しにいく(ツール・ド・フランスなら1998年のマルコ・パンターニや2008年のカルロス・サストレが、ジロ・デ・イタリアなら2001年と2003年のジルベルト・シモーニ、あるいは2004年のダミアーノ・クネゴがその成功例)。

世界選手権クラシックレースをはじめとしたワンデイレースは、ステージレースに比べて高速でレースが推移し、かつ総距離に占める坂の割合が低いレースが多いため、パワーに劣るクライマーが活躍できる場面は少ないが、多数の長い上り坂が設定されたジロ・ディ・ロンバルディアヒルクライムレースではエースとして活躍する。

代表的な選手[編集]

現役選手[編集]

過去の選手[編集]

  • シャルリー・ゴール(ルクセンブルク) - ツール・ド・フランス総合優勝1回 (1958)・山岳賞2回 (1955, 1956)、ジロ・デ・イタリア総合優勝2回 (1956, 1959)・山岳賞2回 (1956, 1959)
  • フェデリコ・バーモンテス(スペイン) - ジロ・デ・イタリア山岳賞1回 (1956)、ツール・ド・フランス総合優勝1回 (1959)、山岳賞6回 (1954, 1958, 1959, 1962-1964)、ブエルタ・ア・エスパーニャ山岳賞2回 (1957, 1958)、史上初の全グランツール山岳賞受賞達成者
  • ルイス・オカーニャ (スペイン) - ツール・ド・フランス総合優勝1回 (1973)、ブエルタ・ア・エスパーニャ総合優勝1回 (1970)・山岳賞1回 (1969)
  • ルシアン・ファン・インプ(ベルギー) - ジロ・デ・イタリア山岳賞2回 (1982, 1983)、ツール・ド・フランス総合優勝1回 (1976)、山岳賞6回 (1971, 1972, 1975, 1977, 1983)
  • ペドロ・デルガド(スペイン) - ツール・ド・フランス総合優勝1回 (1988)、ブエルタ・ア・エスパーニャ総合優勝2回 (1985, 1989)
  • ルイス・エレラ(コロンビア) - ジロ・デ・イタリア山岳賞1回 (1989)、ツール・ド・フランス山岳賞2回 (1985, 1987)、ブエルタ・ア・エスパーニャ総合優勝1回 (1987)・山岳賞2回 (1987, 1991)、史上2人目の全グランツール山岳賞受賞達成者
  • クラウディオ・キアプッチ(イタリア) - ジロ・デ・イタリア山岳賞3回 (1990, 1992, 1993)、ツール・ド・フランス山岳賞2回 (1991, 1992)
  • リシャール・ヴィランク(フランス) - ツール・ド・フランス山岳賞7回 (1994-1997, 1999, 2003, 2004)(史上最多)
  • マルコ・パンターニ(イタリア) - ダブルツール達成 (1998)、ラルプ・デュエズ最速登坂記録保持者
  • ロベルト・エラス(スペイン) - ブエルタ・ア・エスパーニャ総合優勝3回 (2000, 2003, 2004)
  • ジルベルト・シモーニ(イタリア) - ジロ・デ・イタリア総合優勝 (2001, 2003)
  • レオナルド・ピエポリ(イタリア) - ジロ・デ・イタリア山岳賞 (2007)
  • リカルド・リッコ(イタリア)
  • カルロス・サストレ(スペイン) - ツール・ド・フランス総合優勝 (2008)、ブエルタ・ア・エスパーニャ山岳賞 (2000)

なお、ランス・アームストロング(アメリカ)、アルベルト・コンタドール(スペイン)といった選手も傑出した登坂力を持ち、かつ山岳ステージでの優勝も多く経験しているが、彼らはタイムトライアルでも顕著な実績を挙げており、クライマーではなくオールラウンダーに分類されることが多い。また、アルフレッド・ビンダファウスト・コッピジーノ・バルタリ(いずれもイタリア)も同様にオールラウンダーに分類されることが多い(ちなみにジーノ・バルタリは英語版ではクライマーとされている)。

関連項目[編集]