エマヌエーレ・セッラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エマヌエーレ・セッラ
Emanuele Sella
Cycling (road) pictogram.svg
E sella.jpg
個人情報
本名 Emanuele Sella
エマヌエーレ・セッラ
生年月日 1981年1月9日(33歳)
国籍 イタリアの旗 イタリア
身長 165cm
体重 54kg
チーム情報
所属 アンドローニ・ジョカットーリ
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 クライマー
プロ所属チーム
2004–2008
2009–2010
2011–
CSF
カルミオーロ・Aスタイル
アンドローニ・ジョカットーリ
主要レース勝利

ジロ・デ・イタリア

Jersey green.svg 山岳賞 2008
区間通算 4勝
最終更新日
2011年1月10日

エマヌエーレ・セッラ(Emanuele Sella、1981年1月9日- )は、イタリアヴィチェンツァ出身の自転車競技ロードレース)選手。

経歴[編集]

2004年、CSFグループ・ナヴィガーレと契約を結んでプロ転向

2005年

2007年

2008年

  • ジロ・デ・イタリアでは、標高差が実に1600mを越える区間が設けられた第14ステージにおいて、50km近い単独アタックを成功させて快勝。さらに5つの標高2000m級の峠を通過するという過酷な区間となった第15ステージにおいても、終盤で集団から抜け出して連勝を果たした。さらに第20ステージにおいても、残りあと30km付近の地点から単独で抜け出し優勝。山岳賞部門ではただ一人100ポイント越えを記録して136ポイントを獲得。同部門2位のヴァシリ・キリエンカに73ポイントの差をつけて山岳賞部門1位となり、ポイント賞部門ではダニエーレ・ベンナーティに次いで2位に入り、総合でも6位に食い込んだ。
  • しかしその後、ガゼッタ・デロ・スポルトが2008年8月5日に報道[1]したところによると、同年7月23日に国際自転車競技連合(UCI)が競技外ドーピング検査を実施したところ、セッラにCERA(持続性エリスロポエチン受容体活性化剤=Continuous Erythropoietin Receptor Activator)陽性が発覚。この報道を受け、CSFグループ・ナヴィガーレは即座にセッラに対し、出場禁止処分を言い渡した。その後、1年間の出場停止処分となり、CSFとの契約が打ち切られた。

2009年

  • 8月に、イタリア籍のカルミオーロ・Aスタイルと契約を結び、レース復帰を果たした。
  • 11月12日、上述のCERA陽性問題について、スポーツ仲裁裁判所(CAS)において、当時CSFのチームメイトであった、マッテオ・プリアーモから譲り受けたことを証言。これを受け、プリアーモは2013年2月まで出場停止処分を受けることになった。

2011年アンドローニ・ジョカットーリに移籍。

2012年

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]