マッテオ・プリアーモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マッテオ・プリアーモ(Matteo Priamo、1982年3月20日 - )は、イタリアカステルフランコ・ヴェーネト出身の自転車競技ロードレース)選手。

経歴[編集]

2006年、パナリア・ナヴィガーレ(現 CSFグループ・ナヴィガーレ)と契約を結んでプロ転向。

2008年ジロ・デ・イタリア第6ステージを制した(第13ステージで棄権)。同大会終了後、山岳賞を獲得した、チームメイトのエマヌエーレ・セッラ持続性エリスロポエチン受容体活性化剤(CERA)陽性反応が出たが、2009年11月12日、スポーツ仲裁裁判所(CAS)は、プリアーモがセッラにCERAを渡していた事実をセッラに確認したところ認めたため、これを受け、イタリアオリンピック委員会(CONI)はプリアーモに対し、2013年2月までの出場停止処分を下した[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ ジロステージVプリアーモが出場停止4年 日刊スポーツ2009年11月13日付記事
  2. ^ Priamo given four-year suspension サイクリングニュース2009年11月12日付記事(英語)

外部リンク[編集]