ギー・ドゥボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ギー・ドゥボール(Guy Debord, 1931年12月28日 - 1994年11月30日)は、フランスの著述家、映画作家アンテルナシオナル・レトリスト、のちにアンテルナシオナル・シチュアシオニスト (IS) のグループ創立メンバー。一時期、「社会主義か野蛮か」運動 (Socialisme ou Barbarie) のメンバーでもあった。

来歴・人物[編集]

パリに生まれた。父親を早くに亡くし、地中海沿岸の町で祖母に育てられた。彼は頑固な若者で、高校を卒業後、法学を学んでいたパリ大学を中退した。革命的な詩人、著述家、映画作家になり、「アンテルナシオナル・レトリスト」(Internationale Lettriste, Lettrist International) をジル・J・ヴォルマン (Gil J. Wolman) とともに設立した。

1960年代には、「アンテルナシオナル・シチュアシオニスト」を率い、1968年五月革命の勃興に影響を与えた。1970年代には、シチュアシオニスト運動を解散し、映画界の大物であり出版人のジェラール・ルボヴィッシ (Gerard Lebovici) による資金援助のもと映画製作を再開した。2本の作品がこの時期に生み出されている。『スペクタクルの社会』(Society of the Spectacle, 1973年)と『われわれは夜に彷徨い歩こう、そしてすべてが火で焼き尽くされんことを』(In girum imus nocte et consumimur igni, 1978年)である。「アンテルナシオナル・シチュアシオニスト」解散後、ドゥボールは関係を隔離して、読書、ときには書き物をして時間を過ごしていたが、政治その他の雑誌とやりとりはつづけた。とくにルボヴィッシとイタリアのシチュアシオニストジャンフランコ・サンギネッティ (Gianfranco Sanguinetti) とは関係がつづいた[1]。彼の生涯を通じてのアルコール消費は、彼の健康を蝕み始めた。あきらかに多発性神経炎の症状から苦しみを止めるために、過剰な飲酒となり、自殺を企て、1994年11月30日ベルヴュ=ラ=モンターニュの彼のコテージでみずからの心臓を拳銃で撃ち抜いた。

仕事[編集]

ギー・ドゥボールがもっとも知られているのは、理論書『スペクタクルの社会』(Society of the Spectacle) と『スペクタクルの社会についての注解』(Comments on the Society of the Spectacle) によるものである。これにつけくわえるに、『Mémoires』(記憶)、『Panégyrique』(賞賛)、『Cette Mauvaise Réputation...』(この悪評...)、『Considérations sur l'assassinat de Gérard Lebovici』(ジェラール・ルボヴィッシ殺しに関する考慮すべき問題)などのたくさんの自伝的書物がある。ほかにも多数の短編を、ときには無署名で『ポトラッチ』(Potlatch) 誌、『裸の唇』(Les Lèvres Nues) 誌、『猫たちは緑色である』(Les Chats Sont Verts) 誌、そして『アンテルナシオナル・シチュアシオニスト』(Internationale Situationniste) 誌に書いている。

語の広い意味で、ドゥボールの理論は、第二次世界大戦後、欧州の近代化の経済力によって日常の生活圏の公私ともにわたる近代化の精神的衰えについて説明した。同一問題の双子の顔であるとして、西側の資本主義と東側の国家主権主義との両方を拒絶した。ドゥボールが仮定した疎外論 (Alienation) は、「スペクタクル」の侵略する力によって、「映像によって調停された人々の社会関係」であると説明できた。ドゥボールの分析は、カール・マルクスルカーチが切り拓いた物象化物神崇拝への言及へと発展した。この分析はメディアなるものの歴史的、経済的、心理学的ルーツを徹底調査した。疎外論とは、感動的な説明あるいは個人的な心理学以上のものであるという異議申し立てが、この学派の中心であった。むしろ、それは、資本主義でその頂点に達した社会的組織の商業形態のある帰結であると。

「アンテルナシオナル・シチュアシオニスト」は、ドゥボールと彼の仲間が組織した政治/芸術運動であり、同名の新聞で表現活動をしていたわけだが、スペクタクルから個人の自治を取り戻すことによる階級闘争に関わるための一連の戦略をつくりだした。これらの戦略は、「漂流」(dérive) や「逸脱」(détournement) といった、ダダシュルレアリスムの伝統を引き継いでいる。

IS(「アンテルナシオナル・シチュアシオニスト」)は、基本的に文字主義 (Lettrist)、つまり「ポスト=シュルレアリスム」作家と詩人、書かれた単語を声喩 (onomatopoeic) のシラブルへと減らすことでブルジョワ的価値を破壊することに捧げられた表現者のメンバーを継承している。しかしながら、SIは、文字主義者たちの正式な目的とは手を切り、その会員の多くを包含したのちに、1959年までには設立されたものである。理論的分析と出版と少数メンバーのほとんどの追放の激しい時期を経て、1972年に解体した。

ドゥボールの最初の書籍『Memoires』は、紙やすりの表紙で装丁されており、隣り合わせになった他の書籍を破壊するようにできている。

ドゥボールはおびただしい伝記やフィクション作品、美術作品や歌の主題となっており、その多くは、シゲノブ・ゴンザルヴ (Shigenobu Gonzalves) 著の伝記『Guy Debord ou la Beaute du Negatif』(ギー・ドゥボールあるいは陰画の美)にカタログ化されている。

フィルモグラフィー[編集]

2005年10月20日、フランス映画会社大手のゴーモン社から下記すべてが収録されたDVDボックスが発売された。
  • サドのための絶叫 Hurlements en faveur de Sade1952年) 監督・脚本・声の出演 ギー=エルネスト・ドゥボール名義
  • かなり短い時間単位内での何人かの人物の通過について Sur le passage de quelques personnes à travers une assez courte unité de temps 短編 (1959年) 監督・脚本 
  • 分離の批判 Critique de la séparation 短編 (1961年) 監督・脚本・声の出演 
  • スペクタクルの社会 La Société du spectacle1973年) 監督・脚本 
  • 映画『スペクタクルの社会』に関してこれまでになされた毀誉褒貶相半ばする全評価に対する反駁 Réfutation de tous les jugements, tant élogieux qu'hostiles, qui ont été jusqu'ici portés sur le film 'La société du spectacle' 短編 (1975年) 監督・脚本・編集・ナレーション 
  • われわれは夜に彷徨い歩こう、そしてすべてが火で焼き尽くされんことを In girum imus nocte et consumimur igni1978年) 監督・脚本 
  • ギー・ドゥボール、彼の芸術と彼の時代 Guy Debord, son art et son temps テレビ映画 (1995年) 脚本・出演

著書[編集]

日本語訳[編集]

原語・英語版[編集]

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]

外部リンク[編集]