キネコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キネコ (Kineco) とはテレビジョン受像機(以下テレビ受像機)映像またはビデオ映像をフィルムに変換・逆変換を行う作業、あるいはその機器である。キネレコともいう。

元来「キネスコープ・レコーダ (Kinescope Recorder) 」と呼ばれていたテレビ映像(NTSCの場合、毎秒30フレーム)をフィルム(24フレーム)に変換する装置が「キネ・レコ」「キネコ」と短縮して呼ばれるようになったもの。イギリスでは「Telerecording」と言い、アメリカでは「Kinescope」と言う。元々はKinescopeとはブラウン管の商標名である[1]

概要[編集]

原理は3台のモノクロテレビ受像機RGB各色を割り当て、ダイクロイックミラーで合成したものをフィルムカメラで撮影する。 1956年VTRが実用化されるまでは唯一のテレビ録画手段であった。VTRが使われるようになってもビデオテープは高価だったために使い回されており、1960年代までの生放送及びVTR収録によるテレビ番組で現存するものはこのキネコで複写された形で残っている場合がほとんどである。

近年、映画の中にもHDTVデジタルビデオカメラで撮影されるものが現れ、35mmフィルムに変換する際にはレーザー光源を使った、より高輝度・高解像度のレーザー・キネコが用いられることもある。[2]

フレーム変換による画質の低下[編集]

毎秒30フレームのテレビ映像を24フレームに変換して記録するため、実際に放送された映像と比べると画質の低下は避けられない。

テレシネの導入前後のフィルム作品ではVTRで撮影されたニュース映像をフィルムで撮影された映画やテレビ作品に挿入するケースや、フィルム編集では不可能だった描写をあらかじめVTRで製作したケースなどによく用いられた。

現在でもキネコ録画された番組が放送されることがあるが、それを見て「当時の放送の画質自体が悪かった」と考えるのは早計である。

キネコCM[編集]

また日本国内では、全国に散らばるテレビ局に配信するテレビCMコピーダビング)でもキネコが活用されており、2000年ごろまで地方局ではキネコによってコピーされたCMが見られた。先述のとおりフレーム変換が起こるほか、サウンドトラックにコピーするため、画質・音質ともに原本よりもはるかに劣る。技術が向上してVTRのコピーが用いられるようになると徐々に使われなくなり、地デジ化が完成した現在ではキネコCMは過去のものとなっている。

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ *ウラジミール・ツヴォルキンが1929年に開発したバイポテンシャルレンズを持つブラウン管を Kinescope という
  2. ^ ヨコシネ ディー アイ エー 現像所”. 2012年12月18日閲覧。

外部リンク[編集]