キジア台風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
台風第29号(Kezia、キジア)
カテゴリー3の タイフーンSSHS
Kezia 1950 track.png
発生期間 9月7日 - 15日
最低気圧 945mb
最大風速
(日気象庁解析)
50m
最大風速
米海軍解析)
125mph
死傷者数 65名
被害地域 九州・四国・中国・近畿地方
プロジェクト:気象と気候プロジェクト:災害
テンプレートを表示

キジア台風(-たいふう、昭和25年台風第29号)は1950年昭和25年)9月に発生した台風。「キジヤ台風」とも。

概要[編集]

マリアナ諸島サイパン島付近で形勢が始まり、9月7日に台風となった[1]。北西に進んだ台風は11日に室戸岬の南方500キロ付近で中心気圧945ミリバール、風速50メートルまで成長[1]。進路を西北西に変えたのちわずかに勢力を弱めながら、13日正午に鹿児島県大隅半島付近より上陸した。都城市付近を通過した時には中心気圧960ミリバール、風速30メートル以上の勢力であった[1]

九州地方を縦断して14日3時ごろに日本海へ抜けた後[1]、日本海を東に進んで北海道松前半島付近から再上陸。北海道を横断してオホーツク海へと抜け15日に消失した。

ジェーン台風の襲来からわずか10日しか経っていなかったこと、台風が通過したあとも低気圧による豪雨が続いたことや1946年(昭和21年)の昭和南海地震によって地盤が沈下したところへ高潮を受けたことなどが重なり[1]、各地に大きな被害をもたらした。

影響[編集]

九州から近畿にかけての17府県で家屋のほか船舶や鉄道にも暴風雨や高潮による被害が出た[2][3]。死者30名、行方不明者19名、負傷者35名[2]。家屋の全半壊・流失・破損は4,836戸[3]、家屋の浸水12万1,924棟[3]。田畑の冠水面積518.1ヘクタール[2]

広島県佐伯郡厳島町(現・廿日市市)の厳島神社では9月13日、高潮によって社殿が破損[4]山口県岩国市では9月14日、錦川の増水によって錦帯橋が流失した[5]

なお、当時は朝鮮戦争の真っ只中で仁川上陸作戦を直前にしていたが、公表されている当時の米軍資料には「艦隊が125マイルの暴風に襲われた」との記述がある[6]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 衆議院会議録情報 第008回国会 建設委員会 第15号”. 国立国会図書館 (1950年10月19日). 2012年12月9日閲覧。
  2. ^ a b c 昭和災害史辞典、pp.50
  3. ^ a b c 環境・災害・事故の辞典、pp.812
  4. ^ 平成16年の強風災害の特徴と教訓”. 京都大学防災研究所 (2005年10月28日). 2012年12月9日閲覧。
  5. ^ 錦帯橋の歴史”. 岩国市観光振興課 (2012年9月21日). 2012年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月9日閲覧。
  6. ^ AD-A234 164”. アメリカ国防技術情報センター. 2012年12月9日閲覧。

関連項目[編集]