ガラパゴスペンギン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガラパゴスペンギン
ガラパゴスペンギン
ガラパゴスペンギン
Spheniscus mendiculus
保全状況評価[a 1]
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ペンギン目 Sphenisciformes
: ペンギン科 Spheniscidae
: フンボルトペンギン属 Spheniscus
: ガラパゴスペンギン
S. mendiculus
学名
Spheniscus mendiculus
Sundevall, 1871
和名
ガラパゴスペンギン
英名
Galápagos penguin
ガラパゴスペンギン分布図
ガラパゴスペンギン 繁殖生息域 (ガラパゴス諸島)

ガラパゴスペンギンSpheniscus mendiculus)は、ペンギン目ペンギン科フンボルトペンギン属に分類される鳥類。ペンギンの中で最も低緯度の赤道直下に生息する[1]

分布[編集]

エクアドルガラパゴス諸島[2][3][4]固有種

ガラパゴス諸島のフェルナンディナ島イサベラ島(西部、北東部[5])で主に繁殖する[6][7]。イサベラ島北部の一部が赤道より北にあるため、生息域はわずかに北半球にはみ出ている。バルトロメ島フロレアナ島でも繁殖が認められ[1]、非繁殖期も繁殖地周辺で過ごすが、ときにサンチャゴ島のほか[1]、ソンブレロ・チノ島やラビダ島[5]サンタ・クルス島(北部[5])およびバルトラ島セイモア・ノルテ島(セイモア島)でも観察される[1]

成鳥
幼鳥

形態[編集]

全長53センチメートル[5][8]。(48-53センチメートル[4])。体重1.7-2.6キログラム[4]。フンボルトペンギン属の4種うち最小種[2]。種小名のmendiculus は「物乞いのような」の意で、ペンギンの中でも小形(3番目に小さい[1])であることに由来する[7]。メスよりもオスの方がやや大型になる[2][8]

全身は短い羽毛で覆われる[4]。頭部や体上面の羽衣は黒色で[7]、眼から喉にかけて白い筋模様が入る[2][4]。下面の羽衣は白く、胸部には黒い斑点と不明瞭な黒い横縞が入る[2][4]。オスはメスよりも上面と下面の体色が明瞭[2][4]

上嘴および嘴の先端は黒く、下嘴は黄色みのある淡色で[7][9]、基部の周辺は黒い[2]。肢(あし)は黒い[2]。虹彩は褐色である[10]

眼の周辺や嘴基部に羽毛はなく、繁殖期になると黒斑のあるピンク色の皮膚が裸出する[2][7]。腹部の斑紋とともに、この裸出部の大きさや模様は個体により異なる[7]。オスは喉の白色の部分や、嘴基部の皮膚の裸出部がメスよりも広い[8]

若鳥の上面は灰色で、頭部や胸部の斑紋がない[5]

生態[編集]

成鳥(イサベラ島)

昼間に採食を行い[2][11]、水におよそ30秒未満(最長79秒)潜って採餌し[11]、夜間は陸上に上がって休む[7]。たびたび陸にも戻るが[7]、日中は海上で20-200羽の群れで採餌していることが多い[11]。ただし海水温が高く小魚が少ない時期には、通常、単独か番(つがい)または小さな群れで行動し、大きな群れを作ることはほとんどない[7]

食性は動物食で、主にボラサーディンといった1-15cmの魚類を食べ[11]、また甲殻類も食べると考えられている[4]

陸上に上がると日陰に隠れて暑さをしのぐ[4]。また、日光を背にして立ち、腋と肢が日陰になるような姿勢で体温を冷まし、さらに高温になると激しく喘いで(パンティング、: panting)体温調節をする[7]。換羽期は不定期で、非繁殖期に行う[3]

上陸に適した海岸に近い砂漠地帯の低地で繁殖する[11]。繁殖個体においては、巣または水中でも求愛行動(ディスプレイ)が見られ、「くちばし鳴らし」(: bill dueling)や「頭回し」(: head movement)が認められる。また陸上、海中ともに交尾する[7]。周年繁殖するが、繁殖期は不定期で海水温が高く食物が少ない時期は繁殖しない[2][4]。海面の表層温度が24℃未満であり平均水温が低い時節に繁殖し、一般には6-9月および12-3月に繁殖活動が多いが、少数は4-5月の雨季にも繁殖する[12]。つがいで繁殖もしくは小規模な集団営巣地(コロニー)を形成する[4]。直射日光を避けて[7]、海岸の岩の割れ目、洞窟などに、1回に2個の卵を産む[2][4]。抱卵期間は38-40日で[2]、雌雄ともに抱卵する[12]。孵化後およそ30日間親鳥により育雛された後[13]、雛は孵化してから60-65日で巣立つ[2][12]。寿命は11歳以上の記録が認められる[7]

人間との関係[編集]

人為的に移入されたノイヌやノネコ、ドブネズミやクマネズミによる捕食、船舶事故による油の海洋汚染、漁業による混獲、観光客による撹乱などにより生息数は減少している[2][3][4]エルニーニョ現象によっても生息数が変動し、1970-1971年には6,000-15,000羽とも推定されたが[7][5][14]、特に1982-1983年(生息数が23%まで減少)、1997-1998年(生息数が34-35%まで減少)に生息数が激減した[2][4]1999年における生息数は1,200羽と推定されている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 藤原幸一 『ガラパゴス博物学』 データハウス、2001年、46-51頁。ISBN 4-88718-616-9
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ3 中央・南アメリカ』、講談社、2001年、52-53、178-179頁。
  3. ^ a b c 黒田長久監修、C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編 『動物大百科7 鳥I』、平凡社1986年、38、40、42、44頁。ISBN 4-582-54507-6
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『絶滅危惧動物百科4 カザリキヌバネドリ―クジラ(シロナガスクジラ)』 財団法人自然環境研究センター監訳、朝倉書店2008年、44-45頁。
  5. ^ a b c d e f Isabel Castro and Antonia Phillips, A Guide to The Birds of the Galápagos Islands, Prinston University Press, (1996) pp. 63-64. ISBN 0-691-01225-3.
  6. ^ Clements, James (2007). The Clements Checklist of the Birds of the World (6 ed.). Ithaca, NY: Cornell University Press. p. 7. ISBN 978-0-8014-4501-9. 
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n ポーリン・ライリー 『ペンギン ハンドブック』 青柳昌宏訳、どうぶつ社1997年、150-154頁。ISBN 4-88622-295-1
  8. ^ a b c ペンギン大百科 (1999)、422頁
  9. ^ Harrison, Peter (1985). Seabirds: An Identification Guide (revised ed.). New York: Houghton Mifflin. p. 207. ISBN 0-395-60291-2. 
  10. ^ 三省堂編修所・吉井正 『三省堂 世界鳥名事典』、三省堂、2005年、138頁。ISBN 4-385-15378-7
  11. ^ a b c d e ペンギン大百科 (1999)、425頁
  12. ^ a b c ペンギン大百科 (1999)、427頁
  13. ^ ペンギン大百科 (1999)、427-428頁
  14. ^ ペンギン大百科 (1999)、424頁

参考文献[編集]

  • トニー.D.ウィリアムズ他 『ペンギン大百科』 ペンギン会議訳、平凡社1999年ISBN 4-582-51814-1

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • BirdLife International 2012. Spheniscus mendiculus. In: IUCN 2012. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2012.1.
執筆の途中です この項目「ガラパゴスペンギン」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類