イサベラ島 (エクアドル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イサベラ島
Isla Isabela
Fernandina NM22-723-69.jpg
イサベラ島(中央)
座標 南緯0度30分 西経91度04分 / 南緯0.500度 西経91.067度 / -0.500; -91.067座標: 南緯0度30分 西経91度04分 / 南緯0.500度 西経91.067度 / -0.500; -91.067
面積 4,588 km²
最高標高 1,707 m
最高峰 ウォルフ火山
最大都市 プエルト・ヴィラミル
所在海域 太平洋
所属諸島 ガラパゴス諸島
所属国・地域 エクアドルの旗 エクアドル
テンプレートを表示
左から2番目がイサベラ島(ガラパゴス諸島)

イサベラ島スペイン語: Isla Isabela、アルベマール島、英語: Albemarle Island)は、ガラパゴス諸島で最大の[1]、面積は4,588km²[2]赤道直下に位置し、島の北部を赤道が通過している。ガラパゴス諸島で赤道直下にあるのはこの島のみ。

イサベラ島はガラパゴス諸島のホットスポット (Galápagos hotspot) 付近に列として並ぶ島の西端に位置する、最も新しい島の1つである[3][4]

イサベラ島は6つの火山よりできており、エクアドル火山以外の5つの連なる楯状火山には[5]、直径およそ5-10kmとなるカルデラがあり[1]、それぞれ標高が1,000m以上ある[6]。最も高いのは北部にある標高1,707mのウォルフ火山である[7]。これら5つの火山は、北に位置する火山ほど新しいが[8]、エクアドル火山を除くそれら5つの火山のすべては、今もなお最も火山活動が活発な場所となっている[9][10]

島には火山ごとに固有となるガラパゴスゾウガメの5亜種が棲息するほか[11][12]ウミイグアナ(亜種 A. c. albemarlensis[13]ガラパゴスリクイグアナガラパゴスアシカガラパゴスペンギンガラパゴスコバネウアオアシカツオドリカッショクペリカンベニイロフラミンゴなどの生物が多く棲む[14]

ガラパゴス諸島で3番目に人口(2,256人、2010年統計)の多い島であり[15]、島の南東にある町、プエルト・ヴィラミル (Puerto Villamil) 周辺に集中している。

名前の由来は、クリストファー・コロンブスの探検を後援したスペイン女王イサベル1世の名にちなむ。英名のアルベマール島は、アルベマール公爵にちなんで名付けられた。

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]