カレロ=フィン・ソビエト社会主義共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カレロ=フィン・ソビエト社会主義共和国
Karjalais-suomalainen sosialistinen neuvostotasavalta
Карело-Финская Советская Социалистическая Республика
カレリア自治ソビエト社会主義共和国
フィンランド民主共和国
1940年 - 1956年 カレリア自治ソビエト社会主義共和国
カレロ=フィン共和国(カレロ・フィン共和国)の国旗 カレロ=フィン共和国(カレロ・フィン共和国)の国章
(国旗) (国章)
カレロ=フィン共和国(カレロ・フィン共和国)の位置
公用語 フィンランド語
ロシア語
首都 ペトロザヴォーツク
最高会議幹部会議長
1940年 - 1940年 マルク・ゴルバチョフ
1940年 - 1956年 オットー・クーシネン
人民委員会議議長
1940年 - 1940年 I・P・バプキン(代行)
1940年 - 1947年 パーヴェル・プロッコネン
1947年 - 1950年 ヴォルデマール・ヴィロライネン
1950年 - 1956年 パーヴェル・プロッコネン
面積
1959年 172,400km²
人口
1959年 651,300人
変遷
成立 1940年3月31日
ソ連正式編入 1940年3月31日
ソ連構成共和国から自治共和国に降格 1956年7月16日
通貨 рубль
ソビエト連邦ルーブル
時間帯 UTC +3

カレロ=フィン・ソビエト社会主義共和国(カレロ=フィン・ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこく、フィンランド語: Karjalais-suomalainen sosialistinen neuvostotasavalta: Карело-Финская Советская Социалистическая РеспубликаKarelo-Finskaya Sovietskaya Sotsialisticheskaya Respublika)は、1940年から1956年まで存在した、ソビエト社会主義共和国連邦の構成国の一つ。1956年ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国に編入され、カレリア自治ソビエト社会主義共和国(カレリア自治共和国)に降格した。

歴史・概要[編集]

カレロ=フィン・ソビエト社会主義共和国(カレロ=フィンまたはカレロ・フィン共和国)は、1940年3月31日カレリア自治ソビエト社会主義共和国フィンランド民主共和国が合併して12番目のソ連構成共和国として成立した。フィンランド民主共和国は、冬戦争(ソ・フィン戦争、1939年11月30日 - 1940年3月13日)後、1940年3月12日に締結されたモスクワ講和条約フィンランド語版ロシア語版ドイツ語版英語版に従い、ソ連の占領した国境地帯(カレリア地峡、ラドガ・カレリおよびヴィープリソルタヴァラの二都市を含む)の町テリヨキ(現在のゼレノゴルスキロシア語版フィンランド語版英語版)に樹立された傀儡政権である。ソ連占領地区に組み込まれたカレリアの住民中、約42万2000人がソ連の支配を嫌って脱出した(カレリア・フィンランド人避難 Evacuation of Finnish Karelia)。そして、その後を埋めるようにソ連国内の他の地域から住民が移住させられた。

1940年のカレロ・フィン共和国

1941年継続戦争」(第2次ソ・フィン戦争)でフィンランド軍はソ連占領地を奪還した。しかし1944年ソ連軍は反攻に転じ再びカレリアを占領した。最終的にモスクワ休戦協定フィンランド語版ロシア語版英語版パリ平和条約で再び、フィンランドは同地域をソ連に割譲することとなり、カレリアのフィンランド人は再び、亡命する者が相次いだ。軍事的観点からヴィボルグ(旧ヴィープリ)を含むカレリア地峡は、カレロ=フィン共和国からレニングラード州へ移管した。しかし、ラドガ・カレリアはカレロ=フィン共和国の一部に残された。

1956年7月16日カレロ=フィン共和国は、ロシア共和国に編入されロシア共和国を構成するカレリア自治ソビエト社会主義共和国(カレリア自治共和国)となった。1991年11月13日ロシア連邦を構成する共和国となり「カレリア共和国」を名乗った。

政治[編集]

カレロ=フィン共和国の国家元首は、ソビエト制度により最高会議幹部会議長である。最高会議幹部会議長職は、1940年から1956年のロシア共和国編入まで、フィンランド出身の共産主義者で理論家として知られたオットー・クーシネンが勤めた。1940年代、カレロ=フィン共産党 Karelo-Finnish Communist Party を指導したのは、G・N・クプリヤノフ G.N. Kupriyanov第一書記であった。

最高会議幹部会議長[編集]

氏名 就任 辞任
マルク・ゴルバチョフ 1940年3月31日 1940年7月11日
オットー・クーシネン 1940年7月11日 1956年7月16日

人民委員会議議長(1946年閣僚会議議長に改称)[編集]

氏名 就任 辞任
I・P・バプキン(代行) 1940年3月31日 1940年
パーヴェル・プロッコネン 1940年 1947年2月
ヴォルデマール・ヴィロライネン 1947年2月 1950年2月24日
パーヴェル・プロッコネン 1950年 1956年7月16日


関連項目[編集]