アブハズ自治ソビエト社会主義共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アブハズ自治ソビエト社会主義共和国
Аҧснытәи Автономтә Советтә Социалисттә Республика
アブハジア社会主義ソビエト共和国 1931年 - 1991年 アブハジア
アブハズASSRの国旗
(国旗)
アブハズASSRの位置
アブハジアの位置。
公用語 ロシア語アブハズ語
首都 スフミ
議長
1931年 - 1991年 不明
面積
8600km²
人口
535000人
変遷
設置 1934年12月28日
アブハジア共和国 1992年7月23日

アブハズ自治ソビエト社会主義共和国(アブハズ語: Аҧснытәи Автономтә Советтә Социалисттә Республика)、アブハズASSRソビエト連邦グルジア・ソビエト社会主義共和国(グルジアSSR)内の自治共和国。1921年3月から1931年2月まではアブハジア社会主義ソビエト共和国が存在していたが、これがグルジアSSRの自治共和国となったものである。首都はスフミ。面積は8600km2ほどで、人口は535000人、都市部と農村の人口はそれぞれ、261000人と274000人であった[1]

歴史[編集]

アブハジアの地図。(1989年)

アブハジアは10月革命の後に赤軍スフミを占領して以降はSSRであったが、以前からグルジアとロシアに権限を委譲していた。とはいえ、ソ連は他の民族に対してコレニザーツィア政策をとっており、アブハジアでも一部の自治が確保されていた。しかし、ネストル・ラコバが統治していたアブハジアでは集団農業化への反動を抑えることができなかったために懲罰的な政策としてアブハジアは自治共和国化されたとされる。また、この時期グルジアでは緩い連邦制を唱える声が上がるグルジア問題が起こっていた。このためグルジア内部権力を分散する目的もあった[2]。自治共和国化以降、グルジア語の使用が強要され、グルジア人のアブハジア移住も増え、グルジア化が進められた。スターリンの死後になるとこの抑圧は減り、再び自治が回復された。

アブハズASSRは1937年8月2日に独自組織を導入した。立法権をもつ最高機関は最高会議とされ、4年ごとに行政委員会とともに選挙された。行政権は最高会議に任命された内閣に与えられた。アブハズASSRはソビエト連邦最高会議の民族議会において11人分の代議権を保有していた。

ソ連崩壊後、グルジアは1921年以前のグルジア民主共和国の憲法復活を宣言し、グルジア民族主義も復活していた。アブハズ人たちは自治権の縮小、廃止、再度のグルジア化が行われると捉えて反発し1992年7月23日にアブアジア自治政府は独立宣言を行った。これによってグルジアとの間にアブハジア紛争が起こり戦闘となるが、アブハジアは旧領の大部分を手に収めた。1994年5月15日に停戦合意が行われたが、アブハジアとグルジアの交渉は遅々として進んでおらず、実質上独立状態となっている[2]

1989年以降の旗

[編集]

  1. ^ СССР, Административно-териториаляное деление союзных республик, стр. 451: Данните са към 1 януари 1987 г.
  2. ^ a b アブハジア共和国 (アブハジア自治共和国)”. 世界飛び地領土研究会. 2011年7月15日閲覧。