カルヴァリア・ゼブジトフスカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 カルヴァリア・ゼブジドフスカ : マニエリスム建築と公園が織りなす景観及び巡礼公園
ポーランド
Kalwaria Zebrzydowska 014.jpg
英名 Kalwaria Zebrzydowska: the Mannerist Architectural and Park Landscape Complex and Pilgrimage Park
仏名 Kalwaria Zebrzydowska : ensemble architectural maniériste et paysager et parc de pèlerinage
登録区分 文化遺産
登録基準 (2), (4)
登録年 1999年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
カルヴァリア・ゼブジトフスカの位置
使用方法表示

カルヴァリア・ゼブジドフスカ(Kalwaria Zebrzydowska)は、ポーランド南部にある町である。2006年時点の人口は4503人、面積は5.5 km² である。1772年から1918年まではオーストリア帝国領だった。1975年から1998年まではビェルスコ=ビャワ県に属していたが、1999年以降はマウォポルスカ県に属している。

町の歴史は、17世紀初頭に地元の有力者ミコワイ・ゼブジドフスキMikołaj Zebrzydowski)が、この地をキリスト受難の丘であるゴルゴタ(ラテン語名はカルウァリア Calvaria)に見立てて宗教的建造物群を建てたところから始まる。町の名前もそのことに由来する。

世界遺産[編集]

一連の建造物群のある敷地は「カルヴァリア・ゼブジドフスカ公園」として知られており、マニエリスム建築と自然の景観が融合した優れた文化的景観として、1999年にユネスコ世界遺産に登録されている。

歴史[編集]

公園の歴史は1600年に遡る。その年にミコワイ・ゼブジドフスキが個人的な礼拝所とするつもりでツァー山の斜面に聖十字架礼拝堂(the Chapel of the Crucifixion)を建てた。当時は反宗教改革の動きの中で、ゴルゴタの再現を象徴的に行おうという試みが複数行われていた。そして、ゼブジドフスキの礼拝堂も、シトー会派系の修道士Tomasz Bucki と Ludwig Boguskiが推奨し、数学者で天文学者であったFeliks Zebrowskiが設計を受け持つことで、ツァー山をゴルゴタに見立て、キリスト受難当時のエルサレムを象徴的に再現しようという大掛かりな計画へと発展していった。

その後、マニエリスム様式の影響を受けたベルギー人建築家ポール・ボダール(Paul Baudarth)によって、1632年までに多くの礼拝堂が建てられた。この地の宗教建築は、キデロンの橋礼拝堂、カイアファの屋敷、アンナスの屋敷、ピラトの屋敷、最後の晩餐キリストの昇天聖墳墓、エルサレムの東の門などを象徴的に表現している。礼拝堂にはネポムクのヨハネに献堂されたものなど、18世紀から19世紀に建てられたものも4つある。

巡礼礼拝堂内の聖母画

個人用の礼拝所の枠を超え、ポーランド中から巡礼者が来るようになると、彼ら向けの礼拝堂(pilgrimage chapel)も建てられた。これは17世紀半ばに、イタリア人建築家ジョヴァンニ・マリア・ベルナルドーニの手になる聖母教会(The Church of the Our Lady of the Angels)に付け加えられたものである。この巡礼礼拝堂には美しい聖母マリアの絵(Our Lady of Calvary, カルヴァリアの聖母)が収蔵されている。

ベルナルドーニは、シトー会修道院も手がけている。この修道院は17世紀半ばにバロック様式に改築された。

現在のツァー山の斜面には、計44の宗教建築物群が残り、周囲の自然の景観とともに美しい文化的景観を作り出している。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

姉妹都市[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg ポーランドの世界遺産
World Heritage Sites in Poland

文化遺産
クラクフ歴史地区 | ヴィエリチカとボフニアの王立岩塩坑群 | アウシュヴィッツ・ビルケナウ ナチス・ドイツの強制絶滅収容所(1940年-1945年) | ワルシャワ歴史地区 | ザモシチ旧市街 | トルンの中世都市 | マルボルクのドイツ騎士団の城 | カルヴァリア・ゼブジトフスカ : マニエリスム建築と公園が織りなす景観及び巡礼公園 | ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群 | マウォポルスカ南部の木造聖堂群 | ムスカウ公園(ドイツと共有) | ヴロツワフの百周年記念ホール
自然遺産
ビャウォヴィエジャの森(ベラルーシと共有) |
世界遺産 | ヨーロッパの世界遺産 | ポーランドの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、ポーランドの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。