オーギュスト・ピカール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーギュスト・ピカール(1932年の写真)

オーギュスト・ピカール(Auguste Piccard、1884年1月28日1962年3月24日)はスイス物理学者気象学者冒険家宇宙深海に対して大きな関心があった。

人物[編集]

1884年、スイスのバーゼルフランス系の家庭に生まれた。化学者で冒険家のジャン・フェリックス・ピカールは、一卵性双生児の実兄。

少年時代から科学に興味を示し、チューリヒの大学で学んだ後、1922年ブリュッセル自由大学の物理学教授に就任した。同年、息子であるジャック・ピカール(Jacques Piccard)が誕生。

1931年5月27日宇宙線オゾンを研究するために、自らが設計した水素気球に乗ってドイツアウクスブルク上空16,000 mの成層圏に達した。これは世界初の気球による成層圏到達であり、ピカールはこの業績によりハーモン・トロフィーを獲得した。この気球は直径30 mと大型のもので、地上と上空の気圧の差を巧みに利用したものであった。

1932年8月18日にはFNRS-1で自らの高度記録を更新している。彼はその後も気球に乗り続け、計27回の浮上の最高記録は23,000 mであった。

1930年代からは深海への到達を志すようになった。第二次世界大戦のため研究の遅れもあったが、1948年、気球の原理を応用して電気推進式の深海観測船(FNRS-2バチスカーフ)を発明した。浮力材にはガソリンを用いていた。1954年、自らが発明したバチスカーフで4,000 mの深海に到達した。

1962年、スイスのローザンヌで死去。

バチスカーフについて[編集]

Bathyscaphe

ピカールが発明した深海調査船はバチスカーフ(Bathyscaphe)と呼ばれる。細長い船体に、海水よりも密度が小さいガソリンを搭載し浮力をつけた。ガソリンは水圧によって潰れないという利点があった。沈降時は鉄のおもりをつけ、浮上時はそのおもりを捨てるようになっていた。

1954年には自らが搭乗して深度4000mに達した。さらに1960年アメリカ海軍のバチスカーフ・トリエステ号に、彼の息子であるジャック・ピカールらが搭乗し、マリアナ海溝チャレンジャー海淵に達した。

エピソード[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ アラン・ホーナー著『気球探検二万メートル(少年少女世界の大探検 10)』あかね書房、1978年