トリエステ (潜水艇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トリエステ
The bathyscaphe トリエステ
経歴
運用者  アメリカ海軍
建造所 Acciaierie Terni/カンティエーリ・リウニーティ・デッラドリアーティコ
進水 1953年8月26日 (イタリア)
就役 1958年
退役 1966年
要目
種別 深海潜水艇
排水量 50トン
長さ 59 ft 6 in (18.14 m)
11 ft 6 in (3.51 m)
吃水 18 ft 6 in (5.64 m)
乗員 2人
テンプレートを表示
トリエステのエンブレム

トリエステ号 (Trieste) はスイスで設計された2人乗りのバチスカーフである。マリアナ海溝における深度約10,911メートルの記録を持ち、その後2012年に映画監督のジェームズ・キャメロンが搭乗した「ディープシーチャレンジャー」がほぼ同じ深度に到達するまで、有人でこの深度に達する深海探査艇はなかった。

設計[編集]

科学者オーギュスト・ピカールによって設計され、1953年にイタリアナポリ近郊で地中海に進水、1958年にアメリカ海軍に買い上げられた。 トリエステ号は浮力を得るためのガソリン槽と耐圧球からなり、ピカールはこの構造をバチスカーフ(bathyscaphe)と呼んだ。それ以前の人が乗り組んだ球体を母船から吊って昇降させるバチスフィア(bathysphere)より自由度に優れていた。

後のネクトン計画に際して船体は15 メートルあまりに延長されたが、大部分は85立方メートルのガソリンで満たされた一連の浮力部と両端のバラストタンクで占められる。乗員は船体上部から浮力部を貫く通路を介して、下部に取り付けられた直径2.16メートルの耐圧球に乗り込む。トリエステ号の乗員数は2名で、呼気から二酸化炭素を取り除く循環機構など、現在の宇宙開発で用いられるものに近い独立した生命維持装置を持っていた。

耐圧球はドイツクルップ社で製造され、精密に加工された2つの半球と赤道部をつなぐリングからなる。厚さ12.7センチの壁(これは計算値よりかなりの安全係数をとってある)はマリアナ海溝の最深部に相当する110メガパスカルもの圧力に耐える。重量は大気中で約13トン、海水中で約8トン。予想される水圧に耐えながら浮力の平衡を保つために浮力材が不可欠で、軽さと耐圧縮性からガソリンが選ばれた。 船外の観察は、水圧と船体の厚さに合わせて作られた円錐形のアクリル窓を通して肉眼で行う。照明には1,000気圧下でも発光するクォーツアーク球が用いられた。 深海では水圧のためにバラストタンクに空気を送り込むことができないので、潜降を速め浮上の際には捨てる重りとして9トン分の鉄球が積まれた。この重りは電磁石で船体内部に収められ、電気系統に故障が生じた場合には直ちに浮上するようになっていた。

トリエステ号はサンディエゴの海軍電子研究所に運ばれた後、数年の間に大幅な改修を受けつつ太平洋での一連の深海潜水試験に供された。1960年には最も深い海底域として知られるマリアナ海溝に潜ることになる。

マリアナ海溝[編集]

トリエステ号は1959年11月5日にサンディエゴを離れ、マリアナ海溝の大深度を調査するネクトン計画のため輸送艦サンタ・マリア号でグアムに向かった。

1960年1月23日、オーギュストの息子ジャック・ピカールと米海軍の中尉ドン・ウォルシュを乗せてマリアナ海溝南部の最深域チャレンジャー海淵の海底に到達。地球上で最も深い海底に達した最初の潜水艇となった。計器は11,521メートルを示していたが後に10,916メートルに訂正され、さらに、1995年にかいこうによってチャレンジャー海淵のより精確な深度値はわずかに浅く10,911メートルであることが判明した。潜降にはほぼ5時間を要した。途中で窓の一枚に水圧でクラックが生じ、2名は大きな破壊音は聞いたものの損傷は見つからずそのまま潜降を続けた。通信には水中の音速(大気中の約5倍)で片道7秒かかったという[1]

海底でピカールとウォルシュは小型のウシノシタ(シタビラメ)やヒラメ[2]のような魚類を発見し、あらゆる海洋のうちで最も苛烈な水圧下でも脊椎動物が生息することを明らかにした。海底は珪藻土の軟泥からなることが観察された。[3]

2名は海底に20分間とどまったが、ようやく窓のクラックを発見したために海底を離れた彼らは3時間15分かけて浮上、無事帰還した。これ以降、長く有人でチャレンジャー海淵に潜った探査船はなかった。1995年に日本の無人探査機かいこう[4]が同海底に達した。 現在はかいこうの後継機である大深度小型無人探査機ABISMOが2008年にチャレンジャー海淵にて最大潜航深度10,258mを記録し、大深度下での連続的資料採取に成功している。2009年5月31日にネーレウスが10,902mに到達した。

2012年3月26日、映画監督のジェームズ・キャメロンが、一人乗りの潜水艇「ディープシーチャレンジャー」に搭乗し、トリエステ以来52年ぶりにチャレンジャー海淵最深部に潜行。最深部での試料採取や映像撮影にも成功した。

退役[編集]

1963年4月、改修されたトリエステ号は大西洋において米原子力潜水艦スレッシャー(SSN-593)の捜索にあたり、同年8月にニューイングランドの沖2,560メートルの海底で残骸を発見した。その後トリエステ号は退役・解体、耐圧球がトリエステII号(DSV-1)に転用され、同船は翌年にスレッシャーの調査に投入された。

その後[編集]

トリエステ級の潜水艇は1983年の潜水を最後に、アルビン号を始めとするアルビン級にとって替わられた。新型艇はいずれも大深度には潜れなかった(シークリフで最大6,000メートル)ものの、汎用性や持続性に優れていた。

トリエステ号は現在、耐圧球がワシントンD.C.ワシントン海軍工廠にある海軍博物館にて常設展示されている。

トリエステ2[編集]

トリエステ2
トリエステ II
経歴
運用者  アメリカ海軍
建造所 メア・アイランド海軍造船所
竣工 1964年
就役 1969年9月1日
退役 1980年
現況 海軍海中博物館に保存
要目
種別 深海潜水艇
排水量 46トン
長さ 67 ft (20 m)
15 ft (4.6 m)
吃水 12 ft 5 in (3.78 m)
潜航深度 20,000 ft (6,100 m)
乗員 2名
テンプレートを表示

トリエステ II (DSV-1)はトリエステの後継機の深海潜水艇である。元のトリエステの設計はサンディエゴ海軍電子研究所で大幅に改造されメア・アイランド海軍造船所で建造された。トリエステ2は初代トリエステを元にしており、初代トリエステに使用されたイタリア製の耐圧殻を当初は使用しており、後にドイツのクルップで製造された新しい耐圧殻に交換された。トリエステの耐圧殻は元の浮力材よりも航海に適した流線型だが同じ原理で作動する新しい浮力材に吊り上げらた。1964年初頭、トリエステ2はアメリカ海軍のFrancis X. McGraw (T-AK241)に積載されパナマ運河経由でボストンに向かった。 1964年9月、トリエステ2はスレッシャーの遭難した海域を捜索して残骸の一部を回収した事でスレッシャーが失われた事は確定された。 1965年9月から1966年5月にかけてトリエステ2は再度メア・アイランド海軍造船所で拡張工事を受けたが、新しい仕様で運用された明確な記録はない。

同時期、進行中だった第3のバチスカーフの作業が終了した。この作業はトリエステ2の新しい外装と深度20,000フィートで運用するように設計された新しい耐圧殻の導入も含まれていた。

3度目の改装時のトリエステ II

深海潜水艇の計画で試験艇としてバチスカーフの運用は継続され、4人が深海潜水艇の乗員として乗船資格を認められた。トリエステ2で培われた深海潜水艇の運用の経験は他の深海潜水艇の設計と建造に役立てられ、それには従来の手段では到達できなかった深度での深海潜水艦救助も含まれる。

唯一の船だったので海軍の目録では1969年秋まで機材として扱われていた。1969年9月1日、トリエステ2は運用を始め、船体番号はX-1だった。1971年6月1日に深海潜水艇として細分類さえトリエステ2(DSV-1)は1980年まで太平洋艦隊に所属して運用された。

トリエステ級深海潜水艇は有名なアルビンに代表されるアルビン級深海潜水艇に置き換えられた。アルビン級は乗員が多く、より機動性に優れるがトリエステほど深くは潜れず、最大潜水深度はシークリフの場合20,000フィートである。

トリエステ2はワシントン州キーポートの海軍水中博物館に博物館船として保存されている。

脚注[編集]

  1. ^ USS Wandank II ATA-204”. 2014年11月15日閲覧。
  2. ^ ヒラメやカレイの魚類で、そのような超深海に生息する種は知られていない。
  3. ^ しかし、後のかいこうによる日本の調査ではそれらに似た生物は発見できず、別な種類の動物を誤認したのではないかと言われる。
  4. ^ 2003年に事故で喪失。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]