ハーモン・トロフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハーモン・トロフィー(Harmon Trophy)は年度の最優秀パイロットに贈られる賞である。裕福な気球乗りであり飛行機パイロットでもあるクリフォード・B・ハーモンによって1926年に設立された。

ハーモン・トロフィーには(男性)飛行士(aviator)、女性飛行士(aviatrix)、気球または飛行船操縦士(aeronaut)に与えられる3種類がある。1926年から1938年までの期間には4番目のトロフィーもあり、これは「ナショナル・トロフィー」と呼ばれ、21の参加国それぞれの卓越したパイロットに与えられた。また1946年から1948年までの期間には航空に貢献したアメリカ人が表彰された。1968年(1969年授与)からは宇宙飛行士(astronaut)に対するトロフィーも追加された。

第二次世界大戦とハーモンの死[編集]

第二次世界大戦以前のハーモン賞の管理は、ハーモンによって「平和と安全保障のための組織」として設立された国際飛行家連盟Ligue Internationale des Aviateurs)によって行われていた[1]。しかし連盟は大戦と、1945年6月25日にハーモンがフランスのカンヌで死亡したために消滅し[2]、賞の運営は混乱に陥った。ハーモンは賞を永久に存続させるためその財産のうち55,000ドルを遺していたが、ハーモンの遺族はその遺贈に異議を唱えた[3]。最終的に、1948年になって、48,431ドルの信託財産が設立されることになった[4]

賞の運営が訴訟の対象となっていた1945年から1948年の期間、飛行家連盟のアメリカ支部はアメリカの航空界の指導者3名に国際飛行家トロフィーを授与した。しかしこの授与は連盟の他の支部の承認を得られなかったため、公式には無効である。そのうえ、これら3回の授与は「飛行技能」を考慮しておらず、また最高の航空業績に対してというよりアメリカの航空業界リーダーに対して与えられていた。トルーマン大統領のスタッフはアレキサンダー・セバスキーの受賞に疑問を呈した。空軍長官ステュアート・サイミントンは、「彼(セバスキー)は何ら賞に値することをしていない」と述べている[5]。トルーマン自身も1948年のトランス・ワールド航空のCEOラルフ・デイモン[6]の受賞や、ブラジルの航空パイオニアであるフランシスコ・ピグナタリ[7]の受賞には時間を割こうとはしなかった。物議を醸すことなく授与が決まったのは、1946年のパンアメリカン航空の社長ジュアン・トリップのときだけだった。

1997年ないし1998年以降、全米飛行家協会がトロフィー授与の任にあるが、宇宙飛行士に対する授与を除けば全般に不活発である。

財団は宇宙飛行をどう扱うかという問題に取り組んだ。3つのトロフィーのみを与えるべしという役員会の限定のもと、財団はまず、「地球軌道上、または外宇宙の宇宙船に関する操縦の業績も、それが地上からの制御でなく、操縦士の操作によるものであれば、ハーモン賞の対象となりうる」という決定を下した[8]。諮問委員会は財団に対し、気球・飛行船部門のトロフィーを気球乗りに代えて宇宙飛行士に与えるよう指示したが、財団は(男性)飛行家部門の表彰対象に宇宙飛行士を加えることを決定した[9]。かくして1969年に、宇宙飛行の業績を表彰するための5番目のトロフィーが作られた[10]

1980年から1990年にかけての女性飛行家賞は、「Fay Gillis Wells」の調査結果に基づいて「Ninety-Nines」が授与している。これは全米飛行家協会やスミソニアン協会とは全く別個に行われている。

最初のトロフィーは高さ24インチの青銅製のものであった[1]。飛行士トロフィーは、第一次世界大戦エース、ラウル・ラフベリーを描いており、彼が鷲の横にその翼を持って立ち、もう片手で複葉機を発進させようとしている姿をかたどっている。この像は彫刻家Roumanbona M'Divaniによって作られたものである。スミソニアン協会は、この像を1950年にクリフォード・B・.ハーモン財団から譲り受けた。女性飛行士トロフィーは、翼を持つ女神が、その腕に翼を広げた鷹を抱えている姿である。気球・飛行船操縦士トロフィーは、1940年5月から1953年10月の間にドイツで失われており、スクラップとして売られたと考えられていたが、3フィートの高さと150ポンドの重さを持ち、5人の飛行士がその肩に地球を載せているこの像はその後屑物屋で発見され、スミソニアン協会に寄贈されて、1952年度の賞から授与されるようになった[11]

受賞者リスト[編集]

以下に示すリストは、複数のソースからの情報を組み合わせた不完全なものである。気球・飛行船操縦士賞、ナショナル・トロフィーおよび宇宙飛行士賞については、いまだに権威ある一覧が存在しない。全米飛行家協会とスミソニアン協会の国立航空宇宙博物館は、全米飛行家協会の創立100周年に合わせて、2005年に完全なリスト作成して出版することにしていたが、結局そのプロジェクトは完了しなかった。賞に関する原文書は破棄されてしまったものと思われる。

日本関係では女性パイロット、西崎キク(松本きく子)が1934年10月に羽田・新京(長春)間の飛行によりハーモン・トロフィー(ナショナル・トロフィー)を受賞しているほか、1957年に東京大空襲を立案したカーチス・ルメイが受賞しており、また他に日本人男性受賞者の名前も散見される。

年度 飛行士[12] 女性飛行士 気球・飛行船操縦士[13] ナショナル・トロフィー(1949年まで)
宇宙飛行士(1967年以降)
1926 ジョルジュ・ペルティエ=ドワシー中佐(仏)[14] 受賞者なし ウンベルト・ノビレ将軍(伊) シャーリー・ショート(米)、安辺浩陸軍大尉(日)、マリオ・デ・ベルナルディ少佐(伊)[15]
1927 チャールズ・リンドバーグ大佐(米) レディ・メアリ・ベイリー(英) チャールズ・ローゼンダール中佐(米)
1928 アルトゥーロ・フェラーリン大佐(伊) レディ・メアリ・ベイリー(英) フーゴー・エッケナー博士(独) カール・イールソン(米)、[16]
1929 デュドネ・コスト少佐(仏) [17] ウィニフレッド・スプーナー(英) フーゴー・エッケナー博士(独) ジミー・ドーリットル少佐(米)[18]
1930 デュドネ・コスト少佐(仏) エミー・ジョンソン(英) フーゴー・エッケナー博士(独;飛行船)、ウォード・ヴァン・オーマン(米;気球) フランク・ホークス海軍少佐、カルロス・デ・ハヤ・ゴンザレス(西)
1931 イタロ・バルボ空軍元帥(伊)[19] マリーズ・バスティエ(仏)[19] フーゴー・エッケナー博士(独;飛行船)、オーギュスト・ピカール教授(瑞西;気球)[19] クライド・パングボーン(米)、ヒュー・ハーンドン(米)、ラス・ニコルス(米)、チャールズ・キングズフォード=スミス空軍准将(豪)、バート・ヒンクラー(英)、エミー・ジョンソン(英)、ペギー・サラマン(英)、フォン・グロナウ海軍大佐(独)、マルガ・フォン・エッツドルフ(独)[19]
1932 ヴォルフガング・フォン・グロナウ(独)[20] アメリア・イアハート(米)[20] オーギュスト・ピカール教授(瑞西;気球)、エルンスト・レーマン船長(独;飛行船)[20] ロスコー・ターナー(米)、ウォーレン・D・ウィリアムズ(米;飛行船)、チャールズ・E・C・ローゼンダール少佐(米;飛行船)、トマス・G・W・セトル大尉(米;気球)[20]、カルロス・デ・ハヤ・ゴンザレス(西)
1933 ウィリー・ポスト(米)[21] マリーズ・イルズ(仏)[21] トマス・G・W・セトル海軍少佐(米;気球)、フーゴー・エッケナー博士(独;飛行船)[21] アン・モロー・リンドバーグ(米)、チャールズ・E・C・ローゼンダール少佐(米;飛行船)、トマス・G・W・セトル海軍少佐(米;気球)、フランチェスコ・アジェッロ(伊)、マリアノ・バルベラン(ラトビア)、ヘルベルトス・ツクルス(ラトビア)、ホアキン・コラル(西;死後追贈)[21]
1934 チャールズ・W・A・スコット(英)[22] エレーヌ・ブーシェ(仏;死後追贈)[22] エルンスト・A・レーマン船長(独;飛行船)、ジャクリーヌ・ピカール(瑞西・米;気球)[22] ローラ・インガルス(米)、ディーン・C・スミス(米)、H・V・ワイリー海軍少佐(米;飛行船)、ウィリアム・E・ケプナー少佐(米;気球)、エドガルド・ボンネット(アルゼンチン)、マリア・ルノア・デ・ウダオンド(アルゼンチン)、チャールズ・キングズフォード=スミス(豪)、テディ・フランコム(白)、E. Demuyter(白)、S. Lippens(白)、ミヒャエル・ハンセン(丁)、U・マケラ(扮)、ジャン・メルモーズ(仏)、レイモン・デルモット(仏)、ジェルマン・ボネー(仏)、ハイニ・ディットマー(独)、ハンス・クルト・フレミング(独)、エリー・バインホルン(独)、クネ・ディルク・パルメンティエ(蘭)、フランチェスコ・アジェッロ(伊)、新野百三郎(日)、松本きく子[23](日)、イェジ・バヤン(ポーランド)、Franciszek Hynek(ポーランド)、ウンベルト・ダ・クルス(葡)、ヘルマン・バロン(サンサルバドル)、Luang Prung Prechakas(タイ)、ラモン・トレス(西)、ヴァルター・ミッテルホルツァー(瑞西)[22]
1935 エドウィン・ムシック機長(米)[24] ジーン・バテン(NZ)、アメリア・イアハート(米)[24] オーヴィル・A・アンダーソン少佐(米)、アルバート・W・スティーブンス大尉(米;気球)、ハンス・フォン・シラー海軍大佐(独;飛行船)、[24] アーノルド・ローツ=コルスワレン(白)、ミヒャエル・ハンセン(丁)、J・F・ブロードベント(英)、アンドレ・ジャピ(仏)、ベルタ・アリシュ(独)、エリー・バインホルン(独)、マリオ・ストッパーニ(伊)、カシミロ・バッビ(伊)、Marchesa Carina Negrone(伊)、Hoja Dzenitis(リトアニア)、ゴメス・ナモラド(葡)、フアン・イグナシオ・ポンボ(西)[24]
1936 ハワード・ヒューズ(米)[25] ジーン・バテン(NZ)[25] エルンスト・レーマン船長(独)、Ernest De Muyter(白) ルイーズ・セイデン(米)、ジェームズ・ダイヤモンド(米)[25]、カール・ゴッツェ2世(独)
1937 ヘンリー・T・メリル(米)[26] ジーン・バテン(NZ)[26] 受賞者なし ジャクリーン・コクラン(米)、ハワード・ヒューズ(米)[26]
1938 ハワード・ヒューズ(米)[27] ジャクリーン・コクラン(米)[27] 受賞者なし ロバート・オールズ中佐(米)、ロスコー・ターナー(米)、ケレットキャプテンおよび乗組員(英)、ミヒャエル・ハンセン(丁)、モーリス・ロッシ(仏)、エリザベス・ライオン(仏)、アルフレッド・ヘンクス(独)、ハンナ・ライチュ(独)、マリオ・ペッツィ中佐(伊)、藤田雄蔵陸軍少佐(日)、Viktors Eglitis(ラトビア)、ヴィクトル・アルフレード・ララ(サンサルバドル)、トナード少佐(白;気球)、マックス・プルス船長(独;飛行船)、Antoni Janusz(ポーランド;気球)[27]
1939 アレキサンダー・セバスキー少佐(米)[28] ジャクリーン・コクラン(米)[29] 受賞者なし
1945 Francisco Pignatari(伯)
1946 ジュアン・トリップ(米)[30]
1947 アレキサンダー・セバスキー(米)[31]
1948 ラルフ・S・デーモン[32]
1949 ルイス・A・ジョンソン[33]
1940
- 1949 [34]
ジミー・ドーリットル中将(米)、ジェフリー・デハビランド(英;死後追贈)、チャック・イェーガー大尉(米)[35] ジャクリーン・コクラン(米)、ポーリーン・ガウアー(米;死後追贈)[35] チャールズ・エメリー・ローゼンダール海軍中将(米)、M・シャルル・ドルフス(仏)、ハワード・R・ウォルトン(米;死後追贈)[35]
1950 デイヴィッド・C・シリング大佐(米)[36] 受賞者なし[36] ナショナル・トロフィー廃止
1951 チャールズ・ブレア Jr.海軍大佐(米)[37] ジャクリーヌ・オリオール(仏)[37] カール・セイバーリック(米)[37]
1952 バーント・バルチェン大佐(米/ノルウェー生)[38] ジャクリーヌ・オリオール(仏)[38] ウォルター・マシック(米)[38]
1953 チャック・イェーガー少佐(米)[39] ジャクリーン・コクラン(米)[39] 受賞者なし[39]
1954 ジェームズ・F・コールマン(米)[40] 受賞者なし マリオン・H・エッペス(米)[40]
1955 ジョン・カニンガム空軍大佐(英)[41] ジャクリーヌ・オリオール(仏)[41] ジョン・A・ミルズ海軍少佐(米)[41]
1956 フランク・エベレスト Jr.中佐(米)[42] ジャクリーヌ・オリオール(仏) マルコム・ロス海軍少佐(米)、モートン・ルイス海軍少佐(米)[42]
1957 カーチス・ルメイ大将(米)[43] 受賞者なし ジャック・R・ハント海軍中佐(米)[43]
1958 André Edouard Turcat少佐(仏)[44] 受賞者なし
1959 ジョー・B・ジョーダン(米)[45] 受賞者なし ジョゼフ・キッティンジャー大尉(米)[45]
1960 アルバート・スコット・クロスフィールド(米)、ジョセフ・ウォーカー大尉(米)、ロバート・ホワイト少佐(米)、[46] 受賞者なし
1961 ウィリアム・ペイン中佐(米)[47] ジャクリーン・コクラン(米)[47] マルコム・ロス海軍中佐(米)、ヴィクター・プレイサー海軍少佐(米;死後追贈)[47]
1962 フィッツヒュー・フルトン Jr.少佐(米)[48] 受賞者なし[48] ニニ・ボースマン(蘭/キャンセル[49][48]
1963 ゴードン・クーパー少佐(米)[48] ベティ・ミラー(米)[48] 受賞者なし[48]
1964 マックス・コンラッド(米)[50] ジョーン・メリアム=スミス(米;死後追贈)[50] 受賞者なし[50]
1965 ジム・ラヴェル Jr.海軍中佐、フランク・ボーマン中佐、ウォルター・シラー海軍大佐、トーマス・スタッフォード少佐(全員米)[51] 受賞者なし
1966 ジム・ラヴェル Jr.海軍中佐、エドウィン・オルドリン少佐、エドワード・ホワイト II少佐(全員米)[52] シーラ・スコット(英)[52] 受賞者なし[9]
1967 ウィリアム・J・ナイト少佐(米)[53] 受賞者なし 宇宙飛行士
1968 ジェラルド・ジェントリー少佐(米)[10] 受賞者なし フランク・ボーマン大佐、ジム・ラヴェル海軍大佐、ウィリアム・アンダース中佐(全員米)[10]
1969 トマス・レッキー=トンプスン空軍少佐(英)、グレアム・ウィリアムズ空軍少佐(英)[54] Turi Widerøe(ノルウェー)[54] 受賞者なし[54] ニール・アームストロングエドウィン・オルドリンマイケル・コリンズ[54]
1970 Brian Trubshaw(英)、André Edouard Turcat少佐(仏)[55] シーラ・スコット(英) 受賞者なし
1971 トマス・エステス中佐(米)、ドウェイン・ヴィック中佐(米)[55] ジェリー・コッブ(米)[55] 受賞者なし
1972 エドガー・アリソン中佐(米)[56] 受賞者なし 受賞者なし
1973 エドワード・ナッシュ大佐(米)[56] 受賞者なし マルコム・フォーブズ Sr.(米)[56] チャールズ・コンラッド Jr.海軍大佐、ポール・ウェイツ海軍大佐、ジョゼフ・カーウィン海軍大佐(全員米)[56]
1974
1975 ハーバート・フィックス中佐(米) マリオン・ライス・ハート(米)
1976 受賞者なし
1977
1978
1979 ブライアン・アレン(米) 受賞者なし
1980 ジョン・キュリアーUSCG中尉(米) 受賞者なし
1981 ジェリー・フォスター(英)[57] ジャニス・リー・ブラウン(米)[57] ジョン・ヤングロバート・クリッペン海軍大佐、ジョゼフ・イーグル大佐、リチャード・トルーリー海軍大佐(全員米)[57]
1982 ドーモン・キャノン(米) 受賞者なし
1983 受賞者なし サリー・ライド博士(米)
1984 バリー・ゴールドウォーター上院議員 ブルック・ナップ(米)
1985 受賞者なし 受賞者なし
1986 ジョン・アイスミンガー先任准尉(米) ジーナ・イェーガー(米)
1987 アレン・ポールソン(米) ルイス・マッコーリン(米)
1988 カネロス・カネロプーロス(希) Anne Baddour(米) ペール・リンドストランド
1989 ジョージ・ホフ Jr.、マックス・ショーク博士(米) ゲイビー・ケナード(豪)
1990 受賞者なし 受賞者なし
1991 受賞者なし 受賞者なし
1992 受賞者なし 受賞者なし
1993 受賞者なし ヴァンス・ブランド(米)
1994 受賞者なし 受賞者なし
1995 受賞者なし アイリーン・コリンズ(米)
1998 受賞者なし スティーヴ・フォセット
1999 ドン・キャメロン ベルトラン・ピカール博士(瑞西)、ブライアン・ジョーンズ(英)
2000 受賞者なし デイヴィッド・ヘンプルマン=アダムズ(英)
2001 ジェニファー・マレー(英/米) リチャード・アブルッツォ
2002 受賞者なし スティーヴ・フォセット
2003 受賞者なし リチャード・アブルッツォ
2004 受賞者なし デイヴィッド・ヘンプルマン=アダムズ
2005 受賞者なし キャロル・ライマー・デイヴィス、リチャード・アブルッツォ
2006 受賞者なし 受賞者なし
年度 飛行士[12] 女性飛行士 気球・飛行船操縦士[13] 宇宙飛行士

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “Clifford B. Harmon to President Herbert Clark Hoover”. Hoover Papers, Hoover Library. (1929年11月23日) 
  2. ^ “Col.Harmon Dies; Aviation Pioneer; Donor of Aeronautic Trophy a Leader in Modern Technique --Suggested World Force Turned to Ballooning Wanted International Air Force Part in Naval Bombing” (fee required). New York Times: p. 13. (1945年7月3日). http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F30C14FD385F1B7B93C1A9178CD85F418485F9 2007年1月22日閲覧。 
  3. ^ “3 Endorse Fund for Air Awards; Harmon Trophy Winners Testify in Fight of Heirs Against Bequest of $55,000” (fee required). New York Times: p. 56. (1948年4月21日). http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F70812FD395A157B93C3AB178FD85F4C8485F9 2007年1月22日閲覧。 
  4. ^ “$48,431 to Harmon Fund; Sum Willed by Air Enthusiast to Maintain Trophy Awards” (fee required). New York Times: p. 54. (1948年10月27日). http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F00815F8385A157B93C5AB178BD95F4C8485F9 2007年1月22日閲覧。 
  5. ^ “RB to Matthew J. Connelly”. Truman Papers, Truman Library. (1947年6月14日). p. WHCF: OF 1049 357R 
  6. ^ “Estelle Friedrichs to Matthew J. Connelly”. Truman Papers, Truman Library. (1946年12月2日). p. WHCF: OF 1049 357R 
  7. ^ “Matthew J. Connelly to Joseph P. Rowan”. Truman Papers, Truman Library. (1949年7月25日). p. WHCF: OF 1049 357R 
  8. ^ “Raphael H. Beauduy to Charles E. Rosendahl”. Personal Collection of Charles E. Rosendahl. University of Texas, Dallas. (1962年2月21日) 
  9. ^ a b “Edward F. X. Ryan to Mary V. Brosnahan”. Personal Collection of Charles E. Rosendahl. University of Texas, Dallas. (1967年8月3日) 
  10. ^ a b c “Maj. Gentry Gets Harmon Trophy” (fee required). New York Times: p. 82. (1969年9月8日). http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F10B13FF3B551B7B93CAA91782D85F4D8685F9 2007年1月22日閲覧。 
  11. ^ “Missing Air Trophy is Returned to U.S.” (fee required). New York Times: p. 14. (1953年11月6日). http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F30715FE3A5D177B93C4A9178AD95F478585F9 2007年1月22日閲覧。 
  12. ^ a b Awards from 1926-1952 from Significant American and International Awards in Aviation, Bureau of Aeronautics, Department of the Navy, Revised February 1954
  13. ^ a b Aeronaut awards from 1998 on provided by the National Aeronautic Association's Recent aeronaut list
  14. ^ “Peace Ace”. Time. (1927年1月24日). http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,786696,00.html 2007年2月16日閲覧。 
  15. ^ “Air Mail Ace Wins Harmon 1926 Trophy; Aviation Award to Pilot Short Is for Merit of Consistent Flying Over Spectacular Performances”. New York Times. (1927年1月14日). http://select.nytimes.com/mem/archive/pdf?res=F70A12F934591B728DDDAD0994D9405B878EF1D 2007年2月16日閲覧。 
  16. ^ Carl "Ben" Eielson Biography, National Aviation Hall of Fame
  17. ^ Time Magazine, March 17, 1930
  18. ^ Aviation Trophy Given to Doolittle; He Receives Harmon Award at Cleveland for His Work in "Blind" Flying, New York Times, April 8, 1931
  19. ^ a b c d General Balbo Wins the Harmon Trophy; Declared 1931 World Aviation Champion -- Ruth Nichols, Pangborn and Herndon Honored, New York Times March 5, 1932
  20. ^ a b c d Amelia Earhart Honored; Receives Award of Harmon Trophy for Transatlantic Flight, New York Times April 15, 1933
  21. ^ a b c d Post and Settle Win Flying Prizes; Gain Harmon International Trophies for 1933 for World and Stratosphere Flights. Mrs. Lindbergh Honored Takes Award as Leading U.S. Aviatrix Last Year -- Rosendahl and Eckener Also Named, New York Times April 22, 1934
  22. ^ a b c d Harmon Air Prize is Won by Scott; Briton Gets the International Award for Best Aviator -- Capt. Lehmann Honored, New York Times March 11, 1935
  23. ^ 当時未婚で松本姓。西崎は結婚後の姓である。
  24. ^ a b c d World's Air Title is Won by Musick; Veteran Pilot of Pan American Clipper Ships Is Named to Get the Harmon Trophy, New York Times, April 18, 1936
  25. ^ a b c Air Prize for Hughes; Jean Batten Honored; American Cross-Country Flier and New Zealand Girl Get Harmon Trophies, New York Times, March 1, 1937
  26. ^ a b c Merrill, Jean Batten Win Harmon Awards; Aviation Honors American and New Zealander-Hughes and Miss Cochran, Named, New York Times, February 18, 1938
  27. ^ a b c Hughes is Named Aviation Champion; Round-the-World Flier Gets Harmon Trophy--Olds of Army Wins Medal and Diploma, New York Times, March 25, 1939
  28. ^ De Seversky Honored for Plane Advances; Receives Harmon Trophy From President--Sees Air Navies, New York Times, December 20, 1940
  29. ^ Trophy Presented to Miss Cochran; Flier Receives the Clifford Burke Harmon Award From Mrs. Roosevelt, New York Times, November 9, 1940
  30. ^ Harry S. Truman - The President's Day, February 27, 1947
  31. ^ Harry S. Truman - Truman presenting aeronautics award to Alexander de Seversky, June 24, 1947
  32. ^ Ralph S. Damon Honored, New York Times June 24, 1949
  33. ^ “RLK to Matthew J. Connelly”. Truman Papers, Truman Library. (1950年3月22日). p. WHCF: OF 1049 357R 
  34. ^ The Harmon Trophy was presented once for the entire decade. Time Magazine, November 13, 1950
  35. ^ a b c Harry S. Truman - The President's Day, November 2, 1950
  36. ^ a b Harmon Prize Won by Col. Schilling; Leading Fighter Pilot in Last War Named World's Top Aviator of 1950, New York Times, July 5, 1951
  37. ^ a b c Airline Pilot Wins Top Harmon Prize; Capt. C. F. Blair Jr. Is Named 'Outstanding Aviator' - Award to Mme. Auriol, New York Times, July 5, 1952
  38. ^ a b c 3 Fliers Selected for Harmon Prizes; Col. Balchen, Jacqueline Auriol and Blimp Test Pilot Named Winners of 1953 {presented in 1953 for 1952} Trophies, New York Times, July 5, 1953
  39. ^ a b c Yeager, Cochran Win Air Trophies; Harmon Judges Pick Major and Aviatrix for Flights Topping Speed of Sound, New York Times, July 5, 1954
  40. ^ a b Harmon Prizes go for 2 Air 'Firsts'; Vertical-Flight Test Pilot and Airship Endurance Captain Are 1955 Winners, New York Times, July 5, 1955
  41. ^ a b c 3 Aviators to get Harmon Trophies; British Test Pilot, French Woman Flier and American Navy Officer Picked, New York Times, August 5, 1956
  42. ^ a b Three Fliers Win Harmon Awards; Honored for Aerial Achievements, New York Times, August 11, 1957
  43. ^ a b LeMay and Navy Blimp Man Get Harmon Air Prize, New York Times, November 13, 1958
  44. ^ Frenchman Cited as Flier of Year, New York Times, December 12, 1959
  45. ^ a b 2 Air Force Pilots Win Harmon Prizes, New York Times, July 3, 1960
  46. ^ John F. Kennedy - Remarks Upon Presenting the Harmon Trophy to Three Test Pilots of the X-15 Rocket Plane, November 28, 1961
  47. ^ a b c President Gives Harmon Trophies; Three Pilots and Widow of Another Get Awards, New York Times, October 19, 1962
  48. ^ a b c d e f Astronaut to get a Harmon Trophy; Cooper Will Be Honored for Orbital Trip in 1963, New York Times, August 2, 1964
  49. ^ Award to Dutch Balloonist Canceled by Harmon Trust, New York Times, September 7, 1964
  50. ^ a b c 2 Named Winners of Harmon Prizes; Max Conrad and Late Mrs. Smith Hailed for Flights, New York Times, August 8, 1965
  51. ^ Astronauts Names for Harmon Award, New York Times, August 7, 1966
  52. ^ a b Harmon Winners for 1967 {presented in 1967 for 1966} are Named, New York Times September 10, 1967
  53. ^ Lyndon B. Johnson, Remarks Upon Presenting the Harmon Trophy to Maj. William J. Knight, USAF, December 3, 1968
  54. ^ a b c d Two R.A.F. Pilots to Share Harmon Aviator's Trophy, New York Times September 7, 1970
  55. ^ a b c 5 Top Pilots Cited, New York Times, September 21, 1973
  56. ^ a b c d Gerald R. Ford - Remarks Upon Presenting the Harmon International Aviation Trophies, May 2, 1975
  57. ^ a b c The Daily Diary of President Ronald Reagan, Ronald Reagan Library, December 7, 1982