オルタンス・ド・ボアルネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オルタンス・ド・ボアルネ

オルタンス・ド・ボアルネ(Hortense de Beauharnais, 1783年4月10日 - 1837年10月5日)は、ナポレオン1世の皇后ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネの娘で、ナポレオンの義理の娘。ナポレオン3世の母。兄はウジェーヌ・ド・ボアルネ

生涯[編集]

オルタンスは両親と兄と共にフランスで生活していたが、父のアレクサンドル・ド・ボアルネ子爵と母のジョゼフィーヌは仲が悪く、アレクサンドルの度重なる浮気などもあり、1783年に離婚した。一時期母とともにマルティニーク島にいたが、1789年フランス革命が勃発したためフランスに帰国。1794年の4月にアレクサンドルは捕らえられ、カルム監獄に投獄された後、7月23日に処刑された。ジョゼフィーヌも、彼が投獄された1ヶ月後に投獄された。しかし、アレクサンドル処刑の4日後には、ロベスピエールが失脚して処刑された。革命政府は倒され、恐怖政治も終わりジョゼフィーヌは助かった。

その後、母ジョゼフィーヌは総裁政府バラスの愛人となったが、ナポレオンの求愛を受け、1796年3月9日にナポレオンと結婚した。これ以降、オルタンスは兄のウジェーヌと共に義父のナポレオンと暮らすようになった。ナポレオンの要望により、オルタンスは彼が最も可愛がっていた弟のルイ・ボナパルトと1802年初頭に結婚した。しかし、ルイは軽い半身麻痺があり陰気な性格で、一方オルタンスはジョゼフィーヌに似た陽気で社交的な性格であり、夫婦仲は悪かった。義父ナポレオンは1804年12月2日にフランス皇帝として即位した。1806年にルイはホラント(オランダ)国王に、オルタンスは王妃になった。しかし2人の夫婦仲は悪いままであった。

やがてオルタンスはタレーランとフラオ伯爵夫人との息子のシャルル・ド・フラオ伯爵と不倫関係になった。ナポレオンもその事を知ったが、彼女に不幸な結婚をさせる事になった負い目から黙認したらしい。ルイとオルタンスは1810年に離婚した。3人の息子のうち、三男のルイ・ナポレオン(後のナポレオン3世)はオルタンスが引き取る事になった。オルタンスは離婚後はシャルル・ド・フラオと同棲した。そして1811年にルイ=ナポレオンの異父弟シャルル・オギュスト・ルイ・ジョゼフ(後のド・モルニー侯爵)を生んだ。しかし結局2人は結婚せず、この息子はシャルル・ド・フラオが引き取ったらしい。1814年には母のジョゼフィーヌが死去した。

1815年のナポレオンの百日天下の間、オルタンスはテュイルリー宮殿にナポレオンより一足早く入り、女主人の役目を務めた。彼女と兄ウジェーヌは、ナポレオンの兄弟姉妹達とは違って最後まで義父に忠実であった。フランス帝国崩壊後はドイツイタリアに亡命した後、スイスチューリヒ州の城館アレネンベルクを買い取り、以降はそこに定住した。

1835年、ボナパルト一族の結束を固めるという事で、オルタンスとナポレオンの末弟ジェローム・ボナパルトとの間で、ルイ・ナポレオンをジェロームの娘マチルド・ボナパルトと結婚させようという話が出てきた。この話には4人とも乗り気であった。しかし、1836年の10月にルイ・ナポレオンがストラスブールで帝政復活のクーデターを起こした事で破談となった。

オルタンスは1837年10月5日に死去した。

エピソード[編集]

フランツ・シューベルト1818年に作曲した連弾のための「フランスの歌による変奏曲 D 624」作品10は、オルタンスが作曲したロマンス『忠実な騎士 Le bon chevalier』を基にしている。実際には、オルタンスはフルーティストルイ・ドルエLouis Drouet)の協力を得てこの曲を書いたとされている。

外部リンク[編集]