ナポレオン・ルイ・ボナパルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローデウェイク2世
Lodewijk II
ホラント王
Napoléon Louis Bonaparte (1804-1831).jpg
在位 1810年7月1日 - 1810年7月9日
別号 ベルク大公
全名 ナポレオン・ルイ・ボナパルト
出生 1804年10月11日
フランスの旗 フランスパリ
死去 1831年3月17日(満26歳没)
Flag of the Papal States (1808-1870).svg 教皇領フォルリ
埋葬  
フランスの旗 フランスイル=ド=フランスサン=ルー=ラ=フォレ
配偶者 シャルロット・ナポレオーヌ・ボナパルト
王家 ボナパルト家
父親 ルイ・ボナパルト
母親 オルタンス・ド・ボアルネ
テンプレートを表示

ナポレオン・ルイ・ボナパルトNapoleon Louis Bonaparte, 1804年10月11日 - 1831年3月17日)は、ホラント王ローデウェイク1世(ルイ・ボナパルトフランス皇帝ナポレオン1世の弟)とオルタンス・ド・ボアルネ(ナポレオンの最初の妻ジョゼフィーヌの娘)の第2子である。兄のナポレオン・シャルル1807年にわずか4歳で死去したため、後を継いでホラント王国の王太子となった。また、当時はまだ子のなかった皇帝の最年長の甥となり、1811年までは皇位継承順位第1位であった。

1809年、ナポレオン1世によってベルク大公に任じられ、1813年までこの地位にあった。

1810年に父が退位するとホラント王ローデウェイク2世として即位し、フランス軍が侵攻するまでの10日間、君臨していた。

1815年、ワーテルローの戦いの後にナポレオンが退位させられると、ブルボン家が再びフランスの玉座を取り戻した。ナポレオン・ルイは亡命したが、ボナパルト家はナポレオン帝国再興の夢を決して捨てなかった。

ナポレオン・ルイは、ナポレオン1世の長兄ジョゼフの末娘で従姉に当たるシャルロットと結婚した。

その後、イタリアでカルボナリに参加していたが、オーストリアの官憲から逃れて潜伏中の1831年3月17日に、麻疹のため死去した。ナポレオン1世の唯一の嫡出子ナポレオン2世に1年先立つ死だった。イル=ド=フランスサン=ルー=ラ=フォレに葬られている。

やがて、ナポレオン帝国は1852年に弟のシャルル・ルイ=ナポレオン(ナポレオン3世)が復活させた。

先代:
ナポレオン1世
ベルク大公
1809年 - 1813年
次代: