エド・コーリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エド・コーリア
Ed Correa
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ自治連邦区サンフアン
生年月日 1966年4月29日(48歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
192 lb =約87.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1982年 アマチュア・フリーエージェントとしてシカゴ・ホワイトソックスと契約
初出場 1985年9月18日
最終出場 1987年7月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

エド・コーリアEdwin Josue Correa , 1966年4月29日 - )は、プエルトリコ自治連邦区サンフアン出身の野球選手投手、右投右打。

経歴[編集]

1982年7月11日シカゴ・ホワイトソックスと契約。1985年9月18日エンゼルス戦で19歳でメジャーデビューを果たし、1986年にかけてメジャー最年少の選手だった[1]。シーズン最後の試合となった10月6日マリナーズ戦で、メジャー初先発・初勝利を記録。シーズン終了後の11月25日テキサス・レンジャーズヘトレード移籍。

1986年シーズン2試合目となった4月9日ブルージェイズ戦でレンジャーズの選手としてのデビューとなった。球団史上、デービッド・クライドに次いで10代でメジャーに出場した投手となった[2]。同年、球団新人記録となる12勝を挙げた[3]。翌1987年は、7月5日の登板を最後にシーズンを終えた。その後のX線の検査の結果、約8週間肩を疲労骨折の状態で登板し続けていた事が判明[4]。その後、メジャーでの登板はなかった。

2001年にプエルトリコで「Puerto Rico Baseball Academy and High School」を設立。2008年までに62人がドラフトで指名され、その内の44人が契約に至った[5]

脚注[編集]

  1. ^ 1986 Major League Baseball Awards, All-Stars, & More Leaders” (英語). Baseball-Reference.com. 2010年4月19日閲覧。
  2. ^ Sullivan, T.R. (2009年8月3日). “Rangers plan to ease Feliz into career” (英語). MLB.com. 2010年4月19日閲覧。
  3. ^ Falkoff, Robert (2005年9月28日). “Rangers' early deficit no problem” (英語). MLB.com. 2010年4月19日閲覧。
  4. ^ Correa Suffers Fracture” (英語). The New York Times (1987年7月10日). 2010年4月19日閲覧。
  5. ^ Sanchez, Jesse (2008年11月29日). “Baseball Academy a hit in Puerto Rico” (英語). MLB.com. 2010年4月19日閲覧。

外部リンク[編集]