エチェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エチェル
Ecseri 168.jpg
HUN Ecser COA.jpg
村章
座標 : 北緯47度26分40秒 東経19度19分34秒 / 北緯47.44444度 東経19.32611度 / 47.44444; 19.32611
行政
ハンガリーの旗 ハンガリー
 県 ペシュト県の旗 ペシュト県
 村 エチェル
地理
面積  
  村域 13.1km2
人口
人口 (2007現在)
  村域 3471人
    人口密度   248.05人/km2
その他
等時帯 CETUTC+1
夏時間 CESTUTC+2
エチェルの位置
ハンガリー内のエチェルの位置
公式ウェブサイト : http://www.ecser.hu/

エチェルEcser [ˈɛtʃɛr]スロバキア語: Ečer)は、ハンガリーペシュト県にある人口約3500人の村。首都ブダペスト近郊にあり、首都圏 (Budapest metropolitan areaに含まれる。

この村の名は、フォークダンス「エチェル村の結婚式」(Wedding at Ecser)で知られている。

地理[編集]

エチェルは、ブダペスト中心部から東南へ約20km離れており、フェレンツ・リスト国際空港の傍らにある。村の近くには、高速道路 M0 が走っている。また、ブダペストから Újszász を経由してソルノクまでを結ぶ鉄道路線 120a が通っており、駅がある。ブダペスト市域に接し、また隣接してマグロードヴェチーシュギョムローユローの諸町村がある。

歴史[編集]

記録の上で、エチェルの名を最初に確認できるのは、1315年12月15日である。

伝説によれば9世紀末、マジャル人の王アールパードがここで小休止をとった際に村の名を訊ねたが、住人たちは答えられなかった。このためアールパードはオークハンガリー語: cser)にちなんで名をつけ、これが「エチェル」になったという。

オスマン帝国統治下の時代(1526年 - 1686年)、とくにブダ付近で戦いのあと、村は消滅していた。住民が戻ってきたのは1699年のことである。ラーコーツィの独立戦争1703年 - 1711年)には村から11人の兵士が加わっている。

1700年代の初め、村の領主である アンタル•グラシャルコヴィチュ (Antal Grassalkovich) 伯爵は、スロバキア人を受け入れた。現在もこの町には、スロバキア人マイノリティの住民がいる。

みどころ[編集]

村には、1740年に建てられたカトリック教会がある。

村はまた、世界的に有名なフォークダンス「エチェル村の結婚式」 (ハンガリー語: Ecseri lakodalmas)で知られている。

教会、フォークダンス、地名伝承にあるオークは村の象徴であり、村の紋章にも、教会、フォークダンスをする人々、3本のオークの木が描かれている。

姉妹都市[編集]

エチェルは次の都市と姉妹都市協定を結んでいる。

ギャラリー[編集]