イランイラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イランイランノキ
Ylang Cananga odorata.JPG
イランイランノキ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: モクレン目 Magnoliales
: バンレイシ科 Annonaceae
: イランイランノキ属 Cananga
: イランイランノキ C. odorata
学名
Cananga odorata
(Lam.) Hook.f. & Thomson[1]
和名
イランイランノキ
植物画

イランイランは、バンレイシ科イランイランノキ属イランイランノキ(学名:Cananga odorata)のこと。または、そのおよび花から取れる精油の名称。

植物[編集]

イランイランノキは平均12メートル(人の背丈から10メートル以上まで)の樹高に達する。直射日光あるいは部分光によって生育し、原産地である熱帯多雨林の酸性土を好む。葉は長くなめらかで光沢がある。花(すなわちイランイラン)は黄緑色あるいは淡紅色で、ヒトデのように巻き上がり縮れた形状。香り高い精油を得ることができる。

イランイランという語はタガログ語由来 (ilang-ilang) であるが香気を意味する語ではなく、「花の中の花」という意味である。

精油の利用[編集]

イランイランの香りは深く濃厚なゴムカスタードを基調とし、ジャスミンネロリが軽く重なった香りと感じられることが多い。

精油は花を水蒸気蒸留法で抽出して得る。蒸留液はその出始めから終わりのいずれのものかによって特級、1級、2級、3級の4等級に区分される。イランイランの主要な香気成分はアントラニル酸メチルリナロールゲラニオール酢酸ベンジル安息香酸メチルである。

イランイラン精油はアロマセラピーで用いられる。

香水でも、特にオリエンタルノートあるいはフローラルノートのものにイランイランを用いることが多いが、ほとんどのフローラル系、フルーツ系、ウッディ系の香りと調和するため、さまざまにブレンドされる。

インドネシアには新婚夫婦のベッドの上にイランイランの花を散らす風習がある。

主な原産国にはコモロフィリピンマダガスカルセイシェルインドネシアなどがある。その中でもコモロがイランイランの精油の全産出量の29%を占めている(1998年)。

出典[編集]

  1. ^ Thomas Thomson (1817-1878) botanist or Carl Gustaf Thomson (1829-1899) entomologist

参考文献[編集]