安息香酸ベンジル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

安息香酸ベンジル
安息香酸ベンジル
IUPAC名 安息香酸ベンジル
分子式 C14H12O2
分子量 212.24
CAS登録番号 [120-51-4]
形状 無色液体または固体
密度 1.118 g/cm3, 液体
融点 17–20 °C
沸点 323–324 °C
SMILES O=C(OCC2=CC=CC=C2)C1=CC=CC=C1

安息香酸ベンジル(あんそくこうさんベンジル、 benzyl benzoate )は、有機化合物の一種で、安息香酸ベンジルアルコールとが脱水縮合した構造 (C6H5CO2CH2C6H5) を有するカルボン酸エステル。快い芳香を持つ無色の液体、または固体。

合成と用途[編集]

安息香酸ベンジルは、ベンズアルデヒドを基質としたティシチェンコ反応により合成される[1]

ティシチェンコ反応による安息香酸ベンジルの合成

安息香酸とベンジルアルコールを、フィッシャーエステル合成反応により縮合させても得られる。

C6H5CO2H + C6H5CH2OH → C6H5CO2CH2C6H5 (酸触媒下)

安息香酸ベンジルには、以下のような用途が知られる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Kamm, O.; Kamm, W. F. Org. Synth., Coll. Vol. 1, p.104 (1941); Vol. 2, p.5 (1922). オンライン版