アンリ・エルネスト・バイヨン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Henri Ernest Baillon
『植物学事典』のDiploglottis cunninghamiiの図

アンリ・エルネスト・バイヨン(Henri Ernest Baillon、1827年11月30日 - 1895年7月19日)はフランス植物学者、医師である。1876年から出版された『植物学事典』("Dictionnaire de botanique")の著者である。

カレーで生まれた。パリで医学を学んだ。エコール・サントラルで衛生学や博物学を教えた。1854年に設立されたフランス植物学会(Société botanique de France)の設立メンバーである。1894年にイギリス王立協会の外国人会員に選ばれた[1]

多くの著書を出版し、『植物学事典』("Dictionnaire de botanique")などで知られる。『植物学事典』は植物画家のオーギュスト・ファゲ(Auguste Faguet)が木版図を製作した。

著書[編集]

  • Étude générale du groupe des Euphorbiacées (1858)
  • Monographie des Buxacées et des Stylocérée (1859)
  • Recherches organogéniques sur la fleur femelle des Conifères (1860)
  • Recherches sur l’organisation, le développement et l’anatomie des Caprifoliacées (1864)
  • Adansonia, recueil périodique d’observations botaniques (ten volumes, 1866-1870)
  • Histoire des plantes (thirty volumes, 1867-1895)
  • Dictionnaire de botanique (four volumes, 1876-1892)
  • Histoire naturelle des plantes de Madagascar (three volumes)
  • Traité de botanique médicale phanérogamique (1883-1884).

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Baillon; Henri Ernest (1827 - 1895)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2014年9月5日閲覧。

外部リンク[編集]