イスラーム聖戦 (パレスチナ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イスラーム聖戦(イスラームせいせん、アラビア語: حركة الجهاد الإسلامي في فلسطين‎ 、ラテン文字転写:Harakat al-Jihād al-Islāmī fī al-Filastīn英語: Palestine Islamic Jihad Movement、略称:PIJ)は、パレスチナイスラーム主義組織・政党・武装組織。

アラビア語表記に忠実に訳せばパレスチナ・イスラーム・ジハード運動だが、日本ではイスラム聖戦機構の呼称が多く使われている。アメリカ合衆国欧州連合などからはテロ組織指定を受けている。

組織[編集]

1970年代、ガザ地区で元ムスリム同胞団ファトヒー・シャカーキーを中心に組織された組織。組織形態はしっかりした組織というより、ゆるやかに提携する諸派で形成されている。聖戦を通じて、イスラム教パレスチナ国家を作り出し、イスラエルを滅ぼすことを目的としている。攻撃対象はイスラエルの他にはアメリカ合衆国、穏健派アラブ諸国。主な活動としてはインティファーダ中の攻撃や、1995年10月のファトヒー・シャカーキー殺害に対してのパレスチナ自治区や、イスラエルでの自爆テロが知られる。 しかしシャカーキー死亡後は勢力が衰えてしまった。イランシリアの支援を受けており、ヒズボラハマースとは協力関係にある。

2012年11月、イスラエルとガザ地区の武装勢力との間で交戦状態になった際には、ガザ地区からテルアビブに向け、イラン製の弾道ミサイルであるファジル(ファジュル)5を打ち込んだと発表(ファジル5は、ヒズボラの保有兵器でもある)[1]

出典[編集]