イグアナ下目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イグアナ下目
Iguana Costa Rica.jpg
グリーンイグアナ Iguana iguana
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : トカゲ亜目 Sauria
下目 : イグアナ下目 Iguania

イグアナ下目(イグアナかもく、Iguania)は、動物界脊索動物門爬虫綱有鱗目に属する下目。

分布[編集]

アフリカ大陸オーストラリア大陸北アメリカ大陸南アメリカ大陸ユーラシア大陸西インド諸島インドネシアソロモン諸島日本パプアニューギニアフィジーマダガスカル

形態[編集]

最大全長200cmに達するグリーンイグアナから全長3cm程のヒメカメレオン属等、全長の幅は大きい。

頭部は比較的大型で、背面や尾には鬣状の鱗が発達する種もいる。喉には垂れた皮膚(咽喉垂、デュラップ)が発達する種が多い(オスで特に顕著)。

生態[編集]

森林砂漠岩場等の様々な環境に生息する。昼行性。地表棲もしくは樹上棲で、地面に穴を掘って巣穴にする種はいるものの主に地中で生活する種は少ない。デュラップを広げたり体色を変化させることで、縄張り争いのような個体間のコミュニケーションを取ることが多い。

食性は属、種により様々で昆虫類、両生類、爬虫類、小型哺乳類果実種子等を食べる。

繁殖形態は卵生だけでなく卵胎生の属、種もいる。

分類[編集]

イグアナ科の亜科を独立した科とする説もある。

画像[編集]

参考文献[編集]

  • 千石正一監修 長坂拓也編 『爬虫類・両生類800図鑑』、ピーシーズ、2002年、28-52頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 両生・はちゅう類』、小学館2004年、84-85頁。
  • 海老沼剛 『爬虫・両生類ビジュアルガイド トカゲ1 アガマ科&イグアナ科』、誠文堂新光社2004年、4-112頁。

関連項目[編集]