アノールトカゲ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アノールトカゲ科
Anole Lizard Hilo Hawaii edit.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : トカゲ亜目 Sauria
下目 : イグアナ下目 Iguania
: アノールトカゲ科 Polychridae

アノールトカゲ科またはアノール科 (Polychridae) は、有鱗目イグアナ下目の1科である。かつてはイグアナ科に含められアノールトカゲ亜科 (Polychrinae) とされていた。和名はアノールトカゲ属だが、模式属はアノール属ではなくハガクレトカゲ属である。約400種を含む巨大な科。

科の大部分(特に、アノール属とノロプス属)はアノール (Anole) と総称される。

日本の外来生物[編集]

日本には本来分布しないが、小笠原諸島及び沖縄本島グリーンアノールが帰化している。

以下の種と属が外来生物法により指定されており、事実上輸入はできない。

分類[編集]

以下の3属を認めることが多い。

アノール属とノロプス属にはそれぞれ100種以上が属し、科の主要な属となっている。ハガクレトカゲ属には数種が属すのみである。

かつては AnisolepisDiplolaemusEnyaliusLeiosaurusPristidactylusUrostrophus などの属を含めることもあったが、遠縁であることがわかったため、別科Leiosauridaeに分割することが多い。

カメレオンモドキ属 (Chamaeleolis) と Phenacosaurus を設けることもあるが、アノール属に含めることが多い。

近年の系統解析によると、ノロプス属は側系統であり、アノール属に含めるべきだという。