イオアニス・カポディストリアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イオアニス・カポディストリアス

イオアニス・カポディストリアスギリシャ語: Ιωάννης Καποδίστριας 1776年2月11日 - 1831年10月9日)は、ロシア帝国外務大臣、後にオスマン帝国から独立したギリシャの初代大統領を務めた。なお、中世・現代ギリシャ語形では「ヨアニス」の方が正確な発音に近い。

経歴[編集]

イオニア時代[編集]

カポディストリアスはイオニア諸島ケルキラ島(コルフ島)に生まれた。父母ともにイオニア諸島の貴族の家柄であり、父方のカポディストリアス家の過去の当主は、サヴォイア公カルロ・エマヌエーレ2世により伯爵位を与えられている(イオニア諸島は15世紀後半から1797年までヴェネツィア共和国の支配下にあった)。カポディストリアスの姓は、イタリア語のカーポ・ディストリア(Capo d'Istria:イストリアの先端の意味、現スロベニアの都市コペル)に由来している。

カポディストリアスはイタリアパドヴァ大学で医学と哲学を学び、1797年21歳になると故郷のケルキラ島で医師として見習いを始めた。ナポレオン戦争中の1799年に島がロシア帝国とオスマン帝国に占領された際には、軍事病院の責任者に任命された。1801年、イオニア諸島はロシアとオスマン帝国の保護下でイオニア七島連邦国として独立した。当時25歳のカポディストリアは、父の代理で国務大臣の職に就いた。外国からの干渉を排するためには住民の連帯感を深める必要があったが、彼は軍隊を用いずに国内の騒乱を静めることに成功した。議会での投票により、彼は首相に任命された。

1803年12月には、ロシアから与えられたビザンティン憲法に代わる民主化憲法が制定された。首相として彼は国家組織の整備を進め、中でも教育に重点を置いた。長くヴェネツィアの支配下にあったイオニア諸島ではイタリア語が共通語として用いられてきたが、彼はギリシャ語を国家の公用語に選んだ。当時ギリシャ独立を求める文化人の多くがイオニア諸島を訪れている。しかし、1807年ティルジット条約がロシアとフランスの間に結ばれると、イオニア諸島はフランスに譲渡されることになった(フランス領イオニア諸島)。

ロシア時代[編集]

カポディストリアスはロシアの外務省の招聘を受け、アレクサンドル1世のもとで外交官として働くことになった。彼は1813年にロシアの非公式の大使としてスイスに行き、ナポレオンにより強要された中央集権共和制(ヘルヴェティア共和国)とその崩壊によって混乱していたスイスの安定化を模索した。カポディストリアスの助けもあり、スイスは普通選挙により新憲法を制定し、19の州による連邦制をとることになった。1815年ウィーン会議では、ロシアの国務大臣としてヨーロッパ内の勢力均衡を重視し、フランスをブルボン朝のもとで王制国家とすることを主張した。彼はまた、スイスの憲法を諸国に認めさせ、スイスを永世中立国として承認させることに成功した。これらの外交手腕により、カポディストリアスはアレクサンドル1世からロシアの外務大臣に任命された。

ギリシャ時代[編集]

ロシアの外交官として務める間も、カポディストリアスは故郷のイオニア諸島に、そしてオスマン帝国の支配下にあるギリシャに対して注意を払っていた。1818年に彼はイギリスの支配下に入っていたイオニア諸島(イオニア諸島合衆国en:United States of the Ionian Islands)を訪れた。住民の間で独立に対する希望が強いことを知ったカポディストリアスは、翌1819年ロンドンに行きイオニア諸島の処遇に対して善処を求めたが、イギリス政府はこれを拒否している。

1821年ギリシャ独立戦争が始まった。オスマン帝国軍と戦いつつ味方同士での対立も生じていたギリシャの独立勢力は、1827年に国民会議を開き、国内の対立に関与しておらず、列強諸国とのつながりを有するカポディストリアスを大統領に選出した。ギリシャ独立に対する賛助を求めヨーロッパ諸国をまわったあと、彼は1828年にペロポネソス半島の都市ナフプリオに上陸した。ギリシャ本土に足を踏み入れたのはこの時が初めてであった。トルコとの戦争に内戦も加わり、国を治めるべき政府は形骸化していた。カポディストリアスはイオニア諸島の時と同様に国家体制の整備から初め、まずは国軍の成立をおこなった。独立戦争は列強諸国の干渉によってギリシャ優位に展開し、1830年2月のロンドン議定書でギリシャの完全独立が認められた。

カポディストリアスは伝染病対策のために隔離施設を設置し、腸チフスコレラ赤痢などに罹患した患者を収容した。新貨幣を導入し、地方自治体の整備を行った。そして国民の生活水準を引き上げるために、ジャガイモの栽培を奨励した。国家の権威を高めるため、彼は伝統的な地方の貴族・有力者の力を弱代化させる政策をとった。しかし彼は、オスマン帝国との独立戦争に参加した指導者達の勢力を見誤った。ラコニア地方でそれらの指導者と新たに任命された知事との間に争いが生じた際、彼はロシアに軍隊の派遣を要請している。ギリシャ軍の多くはまだ独立戦争指導者たちの影響下にあった。一方、カポディトリアスは長年オスマンの支配下にあったギリシャ人に統治能力はないと判断し、議会を廃止して自由主義を抑えたため、自作農の育成策も併せてギリシャ人の有力者達からの反発を受けた。

暗殺[編集]

カポディストリアス像(アテネ大学)

1831年、カポディトリアスはマニ半島の有力者ペトロス・マヴロミハルスを反乱の疑いで投獄した。これに反発したマヴロミハルス家の一族2人により、カポディストリアスは1831年10月9日ナフプリオの聖スピリドナス教会で暗殺された。後任の大統領には、弟であるアウグスティノス・カポディストリアスが就任したが、数ヶ月後、列強諸国によりギリシャには王制が導入され、バイエルン王国の王子がオソン1世として王位に就くことになった。また、1832年にはコンスタンティノープル条約がオスマン帝国との間に結ばれ、独立時のギリシャの領域が確定した。

カポディストリアは現在のギリシャでも大きな尊敬を集めている。アテネ大学の正式名称は、カポディストリアコン=パネピスティーミオン=トン=アシノンであり、旧500ドラクマ紙幣、現在の20レプタ(ユーロセント)硬貨には彼の肖像が掲げられ、1990年代後半の地方制度改革には彼の名が用いられた。

先代:
(独立)
ギリシャ共和国大統領
1827年 - 1831年
次代:
アウグスティノス・カポディストリアス
先代:
ニコライ・ルミャンツェフ
ロシア帝国外務大臣
1814年 - 1816年
次代:
カール・ロベルト・ネッセルローデ