アーロン・カリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーロン・カリー

Aaron Curry  No. 59, 51

Aaron Curry Fort Lewis June 25, 2009.jpg
ラインバッカー
生年月日:1986年4月6日(28歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ノースカロライナ州ファイエットビル
身長:6' 2" =約188cm 体重:255 lb =約115.7kg
NFLデビュー
2009年シアトル・シーホークス
経歴
大学ウェイクフォレスト大学
NFLドラフト2009年 / 1巡目(全体の4番目)
 所属チーム:
通算成績
(2012年までの成績)
タックル数     203回
QBサック     5.5回
ファンブルフォース     4回
タッチダウン     1回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

アーロン・カリー(Aaron Curry 1986年4月6日- )はノースカロライナ州ファイエットビル出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLニューヨーク・ジャイアンツに所属している。ポジションはラインバッカー

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

高校時代はラインバッカー及びタイトエンドとしてプレーした。大学に進学する際はRivals.com [1]、Scout.com のそれぞれから二つ星の評価しか受けていなかったが[2]ウェイクフォレスト大学イーストカロライナ大学からリクルーティングを受けて、ウェイクフォレスト大学へ進学した。ウェイクフォレストを選んだ理由は自宅から2時間の距離にあったこともあるが、自分に対して奨学金のオファーをしなかった、ノースカロライナ大学デューク大学ノースカロライナ州立大学などアトランティック・コースト・カンファレンスの大学へのリベンジだとカリーは語った[3]

1年次の2005年は10試合の先発出場を含み11試合に出場し、チーム5位の39タックルをあげて、スポーティングニュースよりフレッシュマンのオールアメリカンセカンドチーム及びカンファレンスのフレッシュマンオールチームに選ばれた。2年次の2006年にはアウトサイドラインバッカーとして全14試合に先発出場し、チーム2位の83タックルをあげた。3年次の2007年にはカレッジフットボールのラインバッカーとしてはシーズンタイ記録となる3インターセプトリターンタッチダウンをあげた[4][5]。またこの年インターセプトリターンで226ヤードの大学新記録を樹立した。またチーム2位の99タックルをあげてカンファレンスのセカンドチームに選ばれた。彼は2008年のドラフトにアーリーエントリーすることも検討したが大学に残った[6]。4年次は105タックル(16ロスタックル)をあげてバトカス賞を受賞[4]ESPN、プロフットボール・ウィークリー、スポーツ・イラストレイテッドからオールアメリカンに選ばれている。

2009年のNFLドラフトでその年のドラフト候補中、最も優れたラインバッカーと広く考えられていた彼は[7][8]全体1位指名もあるのではと予想された[9][10]ESPNのメル・キッパー・ジュニアは彼をキース・バラックと比較した[11]

ドラフト当日、シアトル・シーホークスから全体4位で指名された。これは2000年のドラフトでラヴァー・アーリントンワシントン・レッドスキンズから全体2位で指名されて以来最も高順位であった[12]

シアトル・シーホークス[編集]

契約は難航し、トレーニングキャンプが始まった後の8月9日、6年6000万ドル(3400万ドルの保障)でシーホークスと契約を結んだ[13]。3400万ドルの保障は、QB以外のポジションの選手としては史上最高額であった[14][15]

先発ストロングサイドラインバッカーとなった彼はセントルイス・ラムズとのデビュー戦で4タックルをあげた。また第3週のシカゴ・ベアーズ戦ではジェイ・カトラーからプロ初サックをあげている。

2011年、序盤プレーに精彩を欠いたため控えに降格され[16][17]、トレード要員となった[18]

オークランド・レイダーズ[編集]

2011年10月、2012年のドラフト7巡指名権及び2013年のドラフト指名権と引き換えにオークランド・レイダーズにトレードされた彼は[19]先発ウィークサイドラインバッカーとして起用されることとなった[20]。この年先発9試合を含む11試合に出場し、46タックル、2ファンブルリカバーをあげた[21]

2012年、ひざの負傷によりトレーニングキャンプを全休、開幕からPUPリスト入りした。その後、アクティブロースターに入ったが、11月16日のボルチモア・レイブンズ戦で23,625ドルの罰金を課され[22]、11月20日、レイダーズからカットされた[21]

ニューヨーク・ジャイアンツ[編集]

2013年5月10日、ニューヨーク・ジャイアンツと契約を結んだ[23]。8月25日、ロースターを75人に減らす段階でジャイアンツから解雇され[24]、8月28日、引退を表明した[25]

人物[編集]

父親はデトロイト・ライオンズボルチモア・コルツでプレーしたレジー・ピンクニー[11]。親子の間は疎遠なものとなっている[26]

現在彼は妻、息子とワシントン州ベルビューで暮らしている[27]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ AARON CURRY”. rivals.com. 2011年10月10日閲覧。
  2. ^ Aaron Curry Profile”. Scout.com. 2011年10月10日閲覧。
  3. ^ Curry's work ethic a plus”. ESPN (2009年4月1日). 2011年10月10日閲覧。
  4. ^ a b 蝶のように舞い蜂のように刺す”. NFL JAPAN. 2011年10月10日閲覧。
  5. ^ 2008 Preview”. アトランティック・コースト・カンファレンス (2008年). 2013年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月10日閲覧。
  6. ^ Seahawks linebacker Aaron Curry's dreams have come true”. シアトル・タイムズ (2009年8月15日). 2011年10月10日閲覧。
  7. ^ 大人気のLBカリー、チーフスも本格的な指名検討へ”. NFL JAPAN (2009年3月28日). 2011年10月10日閲覧。
  8. ^ バッキー・ブルックス (2009年2月18日). “'09 NFL draft: Top 10 LB prospects”. スポーツ・イラストレイテッド. 2011年10月10日閲覧。
  9. ^ 【コンバイン】ライオンズ入りにぐらり!? 全体1位候補のLB”. NFL JAPAN (2009年2月24日). 2011年10月10日閲覧。
  10. ^ スティーブ・ワイチ. “Curry looking to defy history, go No. 1 in next month's draft”. nfl.com. 2011年10月10日閲覧。
  11. ^ a b 'Hard to find a flaw' in Aaron Curry; is he draft's safest pick?”. USAトゥデイ (2009年4月20日). 2011年10月10日閲覧。
  12. ^ Top Seahawks pick Aaron Curry: "I'm just getting started"”. シアトル・タイムズ (2009年4月30日). 2011年10月10日閲覧。
  13. ^ Danny O'Neil (2009年8月8日). “Seahawks draft pick Aaron Curry signs six-year deal”. シアトル・タイムズ. 2011年10月10日閲覧。
  14. ^ シーホークス新人LBカリー 6年 6000万ドルで契約”. TSPスポーツ (2008年8月8日). 2011年10月10日閲覧。
  15. ^ Aaron Curry's contract is the richest for a rookie non-quarterback in NFL history”. seahawknationblog.com (2009年8月9日). 2011年10月10日閲覧。
  16. ^ シーホークス、元ドラ1LBのカリーを控え降格”. NFL JAPAN (2011年9月23日). 2011年10月10日閲覧。
  17. ^ マイケル・ロンバルディ (2011年9月25日). “第3週について思うこと -前編-”. NFL JAPAN. 2011年10月10日閲覧。
  18. ^ シーホークス、元ドラフト全体4位カリーを放出へ”. NFL JAPAN (2011年9月30日). 2011年10月10日閲覧。
  19. ^ Mike Florio (2011年10月12日). “Seahawks agree to ship Curry to Raiders”. NBCスポーツ. 2011年10月22日閲覧。
  20. ^ レイダース移籍のカリー、先発で新天地デビューへ”. NFL JAPAN (2011年10月15日). 2011年10月22日閲覧。
  21. ^ a b Eric Gilmore (2012年11月20日). “Raiders waive LB Aaron Curry”. CBSスポーツ. 2012年11月23日閲覧。
  22. ^ Fines roundup: Houston Texans' Tim Dobbins fined 30K by NFL”. nfl.com (2012年11月16日). 2012年11月23日閲覧。
  23. ^ 元全体4位指名のLBカリー、ジャイアンツと契約へ”. NFL JAPAN (2013年5月11日). 2013年5月11日閲覧。
  24. ^ Josh Alper (2013年8月25日). “Stevie Brown likely out for year with torn ACL, Aaron Curry cut by Giants”. NBCスポーツ. 2013年9月29日閲覧。
  25. ^ Frank Schwab (2013年8月27日). “Aaron Curry, once the fourth pick of the NFL draft, says he is retiring at age 27”. Yahoo!. 2013年9月29日閲覧。
  26. ^ Kera Price (2009年4月27日). “BFSO Loves The Newest Seattle Seahawk, Aaron Curry!”. todaysmodernfamily.com. 2011年10月10日閲覧。
  27. ^ ERIC D. WILLIAMS (2010年9月10日). “New season, new look for Seahawks' Curry”. thenewstribune.com. 2011年10月10日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
ローレンス・ジャクソン
シアトル・シーホークス
ドラフト1巡指名
2009年
次代:
ラッセル・オクン
アール・トーマス