アーク・ロイヤル (空母・2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Ark Royal
艦歴
発注 1942年
起工 1943年5月3日
進水 1950年5月3日
就役 1955年2月25日
退役 1978年12月
除籍 1979年2月
その後 1980年解体
性能諸元
排水量 (建造時)
満載:36,800トン
(退役時)
基準:33,000トン、満載:43,060トン
全長 245m
全幅 34m(建造時)50m(退役時)
喫水 10m
機関 蒸気タービン8缶4基4軸、152,000hp
速力 31.5ノット
航続距離 5,000海里(巡航速度24ノット)
乗員 2,250人(航空要員850名)
兵装 4.5インチ連装砲8基16門
40mm機関砲52門
搭載機 79機
1969年改装後
ファントム FG.1(F-4K) 14機
バッカニア 12機
ガネットAEW.3 4機
ヘリコプター 8機
合計39機
モットー: Zeal Does Not Rest

アーク・ロイヤル (HMS Ark Royal, R09) はイギリス海軍航空母艦。同名の艦(アーク・ロイヤル)としては4代目になり、航空母艦としても2代目である。艦番号はR09。イギリス海軍最後の通常空母となった[1]

概要[編集]

元々オーディシャス級航空母艦の4番艦でイリジスティブル (HMS Irresistible) という名称だったが、建造途中にアーク・ロイヤルに変更された。1943年に起工されたが第二次世界大戦の終結と共に工事は中断され、進水は1950年、竣工は1955年と建造に12年も要した。

建造途中で大幅な設計変更が加えられ、建造当初より5.5度のアングルド・デッキスチーム・カタパルトを備えていて、最初からジェット戦闘機の運用可能な設備を持っていた。

本来ならば新型空母CVA-01級の就役により退役するはずだったが、CVA-01級がキャンセルされてしまった為、アーク・ロイヤルはファントム FG.1(F-4K)バッカニアが運用できるようにアングルド・デッキの拡大や大型のスチーム・カタパルトへの換装など、大規模な改装が行われた。

しかし、小ぶりな船体で大型化する新型のジェット戦闘機を運用するには無理があり、ファントム FG.1は発艦を容易にする為に前脚を40cm伸ばし迎え角を大きくし、エレベーターのサイズに合わせて機首のレドームを折り畳み式にしなければ運用出来なかった。艦載機の大型化により搭載数も30~36機程度まで減少している。

1978年の本艦の退役後は、軽空母であるインヴィンシブル級航空母艦によるシーハリアーヘリコプターの運用にシフトしたため、以後、クイーン・エリザベス級航空母艦が就役(2017年以降に就役予定)するまでの40年あまりのあいだ通常空母が不在となった。

ある英海軍士官の「アークロイヤルがあればフォークランド紛争など起こさせなかった」という言葉が雑誌に紹介されたこともある[要出典]

設計[編集]

艦歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ クイーン・エリザベス級がCTOL空母化されれば「最後の通常空母」ではなくなるが、クイーン・エリザベス級のCTOL空母化については、2012年8月現在も流動的である。

参考文献[編集]

  • BRITISH AND EMPIRE WARSHIPS OF THE SECOND WORLD WAR(Naval Institute Press)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]