アンドレア・ドーリア (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Andrea Doria (D 553).jpg
艦歴
建造者 フィンカンティエリ
リヴァ・トリゴソ造船所
運用者 Flag of Italy.svgイタリア海軍
計画 ホライズン計画
発注
起工 2002年7月19日
進水 2005年10月15日
竣工
就役 2007年12月22日
退役
除籍
除籍後
その後
母港 {{{母港}}}
主要諸元
艦種 駆逐艦
艦級 アンドレア・ドーリア級
排水量 基準 5,700t
満載 6,600t
全長 152.9m
全幅 20.3m
深さ
高さ
吃水 5.4m
機関 CODOG方式 2軸推進
* GE=アヴィオ LM2500ガスタービン機関 × 2基(51Mw
* SEMT ピルスティクディーゼル機関 × 2基(8.6Mw)
機関出力
速力 最大速 29ノット
燃料
航続距離
潜航限界深度
乗員 174名(他に追加で32名まで乗船可能)
搭載量
兵装 * オート・メラーラ 76 mm 砲 × 3基
* 25mm機関砲 × 2基
* シルヴァーVLS 48セル
* ミストラル近SAM6連装発射機 × 1基
* テセオSSM4連装発射機 × 2基
* MU90短魚雷3連装発射管 × 2基
艦載艇 {{{艦載艇}}}
艦載機 {{{航空機}}}
艦載機 NFH90 または EH101 × 1機
搭載総数 {{{総搭載機数}}}
飛行甲板
C4I * AIRCOMER + リンク 11 / 16
* SENIT 8戦術情報処理装置+PAAMS
レーダー * EMPAR 多機能 × 1基
* S-1850M捜索 × 1基
ソナー トムソン/マルコーニUMS 4110 CL
探索装置・
その他装置
電子戦
対抗手段
SLAT対魚雷システム
愛称
モットー Altius Tendam
その他

アンドレア・ドーリアAndrea Doria, D 553)は、イタリア海軍駆逐艦ホライズン計画におけるイタリア採用版であるアンドレア・ドーリア級駆逐艦の1番艦。艦名はルネッサンスジェノヴァ出身の提督であったアンドレア・ドーリアに由来する。

艦歴[編集]

「アンドレア・ドーリア」は、フィンカンティエリリヴァ・トリゴソ造船所で2002年7月19日に起工し、2005年10月15日に進水、2007年12月22日に海軍に引き渡され就役する。

進水後の2005年10月から2006年10月まで海上公試を実施し、ラ・スペツィアに所在するムッジャーノ造船所(Muggiano)にて最終工程を手がける。2007年12月22日に海軍に納入され、システム、管制および通信機能の継続試験を実施後、2009年6月に完全作戦能力を獲得するに至る。

脚注[編集]


外部リンク[編集]

関連項目[編集]