アンドレア・ドーリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドレア・ドーリア
アンドレア・ドーリア像、
セバスティアーノ・デル・ピオンボ
生誕 1466年11月30日
イタリアの旗 イタリアリグーリア州オネリア英語版
死没 1560年11月25日(満93歳没)
イタリアの旗 イタリア・リグーリア州・ジェノヴァ
職業 コンドッティエーレアドミラル
雇用者 フランス。神聖ローマ帝国。
団体 海軍
肩書き 海軍提督
後任者 ジャナンドレア・ドーリア
セヴァ・ドーリア(Ceva Doria)。
カラコサ・ドーリア(Caracosa Doria)。

アンドレア・ドーリアAndrea Doria またはD'Oria1466年11月30日 - 1560年11月25日)は、イタリアルネサンス期の軍人コンドッティエーレジェノヴァ共和国の名家ドリア家の出身。1522年にフランス海軍へ入り活躍するものの、1528年[1]以降は神聖ローマ帝国スペイン)に雇われ海軍提督になる。1535年のチュニスでの海戦ではオスマン帝国海軍に勝利したものの、1535年のプレヴェザの海戦においては敗北した。以後も海軍提督として活躍したが、オスマン帝国から主導権を取り戻すことは出来なかった。当時としては非常に長命で、80代以降もバルバリア海賊駆逐のため現役として活躍していた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1528年それまでフランス領に組み入れられていたジェノヴァ共和国#.E8.A1.B0.E9.80.80.E6.9C.9Fは、共和国の経略の中枢であるサン・ジョルジョ銀行を通じて神聖ローマ帝国皇帝カール5世への融資を始めた。