アルフォンソ・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カゼルタ伯アルフォンソ
1907年頃のアルフォンソ

カゼルタ伯アルフォンソ・ディ・ボルボーネPrincipe Alfonso Maria Giuseppe Alberto di Borbone delle Due Sicilie, Conte di Caserta, 1841年3月28日, カゼルタ - 1934年5月26日, カンヌ)は、両シチリアフェルディナンド2世と王妃マリーア・テレーザ・ダウストリアの三男。

カラブリア公の位を異母兄の両シチリア王フランチェスコ2世から授けられた。また、その位は長男フェルディナンド・ピオに引き継がれた。

王位継承者[編集]

アルフォンソは出生時より両シチリア王位継承順第4位にあった。上位には異母兄のカラブリア公フランチェスコ、同母兄のトラーニ伯ルイジ、カストロジョヴァンニ伯アルベルトがいた。

1844年7月12日にアルベルトが死去した。それは15歳の誕生日の2ヶ月前のことであり、もちろん子はなかった。これにより、アルフォンソは継承順第3位となった。

1859年5月22日、父フェルディナンド2世が死去した。カラブリア公フランチェスコが王に即位したが、王妃マリーア・ソフィア・ディ・バヴィエラとの間にまだ子はなかった。そのため次兄ルイジが推定相続人となり、アルフォンソは継承順第2位となった。

しかし両シチリア王国は1861年ジュゼッペ・ガリバルディ指揮下の千人隊によって征服された。ガリバルディはイタリア統一運動(リソルジメント)を進めるサルデーニャ王国に仕えていた。放逐された王家は、フランチェスコを家長として存続した。

1886年6月8日、トラーニ伯ルイジが死去した。両シチリア王国の王位継承制度は完全に男系優位のサリカ法を採っていたため、一人娘マリーア・テレーザ王女には継承権がなかった。アルフォンソは、同じく娘しかいないフランチェスコの推定相続人となった。

1894年12月27日、フランチェスコ2世が死去した。こうしてアルフォンソは、ブルボン=シチリア家の新しい家長となった。

家族[編集]

アルフォンソは1868年6月8日、同族の従妹マリーア・アントニエッタ1851年3月16日 - 1938年9月12日)と結婚した。2人は12人の子女をもうけた。

先代:
フランチェスコ2世
両シチリア王家家長
1894年 - 1934年
次代:
カラブリア公フェルディナンド・ピオ