エマニュエル・ドルレアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァンドーム公エマニュエル

エマニュエル・ドルレアンEmmanuel d'Orléans, 1872年1月18日 メラーノ - 1931年2月1日 カンヌ)は、フランスの王位請求者オルレアン家の一員。全名はフィリップ・エマニュエル・マクシミリアン・マリー・ウード(Philippe Emmanuel Maximilien Marie Eudes d'Orléans)。ヴァンドーム公(duc de Vendôme)の儀礼称号で呼ばれた。

フランス王ルイ・フィリップの孫息子アランソン公フェルディナンと、バイエルン公マックス・ヨーゼフの娘ゾフィーの間の長男として生まれた。1896年2月12日、ブリュッセルにおいてフランドル伯フィリップの娘のベルギー王女アンリエットと結婚した。夫妻は又従兄妹同士だった。アンリエットの弟はベルギー王アルベール1世であり、アルベール1世の妻エリザベートはエマニュエルの母方の従妹にあたる。

エマニュエルと妻アンリエット王女はベルギー、フランス、スイスに多くの資産を持ち、贅沢な暮しを送っていたが、第一次世界大戦後は資産を失ったり、売却したりしたため、経済的に落ちぶれた。エマニュエルは1931年に心臓発作により急死し、ドルーのサン・ルイ王室礼拝堂に葬られた。

子女[編集]

妻のアンリエット王女との間に4人の子女があった。

  • マリー=ルイーズ(1897年 - 1973年) - 1916年、両シチリア王子フィリッポと結婚
  • ソフィー(1898年 - 1928年)
  • ジュヌヴィエーヴ(1901年 - 1983年) - 1923年、アントワーヌ・ド・シャポネ侯爵と結婚
  • シャルル=フィリップ(1905年 - 1970年) - ヴァンドーム公、1928年にMargaret Watsonと結婚