エリザベート・ド・バヴィエール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリザベート王妃

エリザベート・ド・バヴィエール(Élisabeth de Bavière, 1876年7月25日 - 1965年11月23日)は、ベルギー国王アルベール1世の王妃で、レオポルド3世の母。全名はエリザベート・ガブリエル・ヴァレリー・マリー(Élisabeth Gabriele Valérie Marie)。父はバイエルン公カール・テオドール、母はポルトガルの廃王ミゲル1世の娘マリア・ジョゼである。

生涯[編集]

バイエルンで生まれる。オーストリア皇后エリーザベトの姪であり、彼女の名前を取って名付けられた。また、ツィタ皇后とはともに母方の従姉妹に当たる。

1900年に後のアルベール1世と結婚した。夫との間に2男1女をもうけた。

1940年から1944年まで、ナチス・ドイツ占領下にあったベルギーで、エリザベートは自身のドイツとのつながりと影響力を巧みに使い、ナチスに捕らわれたユダヤ系の子供たち約100人を強制収容所送りから救った。この功績を称え、戦後イスラエル政府から諸国民の中の正義の人に列せられた。また、1950年代の冷戦時代、ソヴィエト連邦中華人民共和国ポーランドなど当時の共産圏を訪問し、『赤い女王』と呼ばれた。

関連項目[編集]