アズキナシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アズキナシ
Aria alnifolia 1.JPG
福島県会津地方 2011年5月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
亜科 : ナシ亜科 Maloideae
: アズキナシ属 Aria
: アズキナシ Aria alnifolia
学名
Aria alnifolia (Siebold et Zucc.) Decne.
シノニム

本文記載

和名
アズキナシ(小豆梨)
英名
Korean Whitebeam

アズキナシ(小豆梨、学名:Aria alnifolia)はバラ科アズキナシ属落葉高木。別名、ハカリノメ。同科のナナカマド属に含められる場合もある。

特徴[編集]

樹高は15m以上に達する。樹皮は灰黒褐色でざらつき、老木では縦に細長い裂け目が入る。若いは紫黒色で白色の皮目がある。は互生し、葉身は卵状楕円形、楕円形または倒卵形で、長さ5-10cm、幅3-4cm、先端は短くとがり、基部は切形から円形になり、縁は重鋸歯がある。葉の裏面に突出する側脈が目立ち、8-10対あり、ほぼ直線状に斜上し縁に達する。葉柄は長さ1-2cmあり、赤みを帯び、軟毛が生える。

花期は5-6月。枝先に複散房花序をだし、白色のを5-20個つける。花の径は13-16mm、花柄は長さ1-1.5cmある。萼片は長さ2-3mm、花弁は円形で平開し、5枚。雄蕊は20個、花柱は2個あり心皮は合着する。果期は10-11月。果実ナシ状果で長さ7-10mm、幅6-8mmの長楕円形になり、赤く熟す。種子は4個あり、長さ5-6mm、幅2-3mmの卵形または卵状楕円形になる。

分布と生育環境[編集]

日本では、北海道、本州、四国、九州に分布し、低山地の乾燥した尾根筋などに生育する。世界では、朝鮮、中国、ウスリー地方に分布する。

シノニム[編集]

  • Sorbus alnifolia (Siebold et Zucc.) K.Koch
  • Micromeles alnifolia (Siebold et Zucc.) Koehne

ギャラリー[編集]

花弁は平開し、花柱は2個ある。 
 

参考文献[編集]