アクリル酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アクリル酸[1]
{{{画像alt1}}}
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 79-10-7 チェック
PubChem 6581
ChemSpider 6333 チェック
UNII J94PBK7X8S チェック
KEGG D03397
ChEMBL CHEMBL1213529 チェック
RTECS番号 AS4375000
特性
化学式 C3H4O2
モル質量 72.06 g mol−1
外観 無色透明の液体
密度 1.051 g/mL
融点

14 °C, 287 K, 57 °F

沸点

141 °C, 414 K, 286 °F

への溶解度 混和性
酸解離定数 pKa 4.35[2]
粘度 1.3 cP at 20 °C
危険性
MSDS MSDS
主な危険性 腐食性(C),
環境への危険性(N)
Rフレーズ R10 R20/21/22 R35 R50
Sフレーズ S26 S36/37/39 S45 S61
引火点 68 °C
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

アクリル酸(—さん、acrylic acid)は、化学式が CH2=CHCOOH の、もっとも簡単な不飽和カルボン酸である。IUPAC命名法では、2-プロペン酸(2-propenoic acid)と表される。融点 12 ℃、沸点 141.6 ℃の無色透明の液体で、特有の刺激臭を有する。CAS登録番号は[79-10-7]。酸解離定数(pKa)は4.25、粘度は1.3 mPa s(20℃)。

アルコールエーテルクロロホルムと混和する。

アクリル酸の工業的な合成法のひとつとしては、プロピレンの二段階酸化が挙げられる。プロピレンを金属触媒存在下に酸素で酸化してアクロレインとし、さらにもう一段階の酸化によりアクリル酸とする。

アクリル酸は適当な重合開始剤、あるいは酸素などの作用により容易に重合し、ポリアクリル酸を与える。この重合体カルボキシル基を多数持つために非常に親水性が高い。さらに架橋を加えて網目状としたポリマーは、ナトリウム塩の形とすると高吸水性ゲルとして優れた性能を示すことから、紙おむつ用などに用いられる。

アクリル酸をメチルエステルとしたアクリル酸メチル(methyl acrylate, MA)も、ポリアクリル酸メチル(PMA)などのポリマーの原料として重要である。

出典[編集]

  1. ^ Merck Index, 11th Edition, 124.
  2. ^ Dippy, J.F.J., Hughes, S.R.C., Rozanski, A., J. Chem Soc., 1959, 2492.

関連項目[編集]