アクリル酸メチル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アクリル酸メチル
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 96-33-3
日化辞番号 J3.967E
KEGG C19443
RTECS番号 AT2800000
特性
分子式 C4H6O2
モル質量 86.04 g/mol
外観 無色液体
密度 0.956 g/cm³、液体
融点

−75 ºC

沸点

80 ºC

への溶解度 6 g/100 ml(20 ºC)
log POW 0.8
蒸気圧 9.1 kPa(20 ºC)
屈折率 (nD) 1.403
危険性
MSDS Oxford MSDS
主な危険性 有害 X 非常に強い可燃性 F+
引火点 −2.8 ºC
発火点 468 ºC
出典
ICSC番号:0625
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

アクリル酸メチル(アクリルさんメチル、: methyl acrylate)は、有機化合物の一種で、アクリル酸のメチルエステル。IUPAC系統名はプロペン酸メチル (methyl propenoate)。アクリル酸、メタクリル酸系のエステルの中でも特に重合しやすい物質である[1]。一般的には安定剤としてヒドロキノンモノメチルエーテルが添加されており、不純物として酢酸メチルプロピオン酸メチルが含まれる[2]

電子求引性基によって求核攻撃に対して活性化されているため、グリニャール試薬エノラートのような求核剤と反応することが可能である。

主にアクリル樹脂の原料として使用されており、他の樹脂の共重合原料などにも用いられる[3]。2002年の日本における生産量はおよそ32万トンであり、そのうちおよそ6500トンほどが輸出されている[4]

合成[編集]

アセチレン一酸化炭素を反応させて、メタノールを付加させる(レッペ反応[1]

HC≡CH+CO+CH3OH → H2C=CH-COOCH3

また、エチレンシアノヒドリンにメタノールと硫酸を反応させることでも合成することができる[1]

危険性[編集]

NFPA 704
NFPA 704.svg
3
3
2
アクリル酸メチルに対するファイア・ダイアモンド表示

アクリル酸メチルの蒸気と空気の混合気体が着火されることで爆発を起こす危険性があり、その爆発限界は空気に対して2.8-25 容量%である[5]。また、マニキュア中に含まれている場合に接触アレルギー性皮膚炎を引き起こす可能性があるという報告がある [6][7][4]。水棲生物に対して強い毒性を示し、人体に対しては皮膚や目への曝露によって強い刺激を与える[5]

日本においてはPRTR制度において第一種指定化学物質に指定されている[8]。また、消防法においては危険物第四類の第一石油類として規制を受ける[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 簱野昌弘 『化学大辞典』1、化学大辞典編集委員会(編)、共立、1981年10月、縮刷版第26版、42頁。
  2. ^ 製品評価技術基盤機構 (2008) 1頁。
  3. ^ 製品評価技術基盤機構 (2008) 3頁。
  4. ^ a b c 製品評価技術基盤機構 (2008) 2頁。
  5. ^ a b 国際化学物質安全性カード アクリル酸メチル”. 国立医薬品食品衛生研究所. 2012年2月28日閲覧。
  6. ^ Kanerva, L.; Lauerma, A.; Jolanki, R.; Estlander, T. Methyl acrylate: a new sensitizer in nail lacquer. Contact Derm. 1995, 33, 203–204. PMID 8565470.
  7. ^ Kanerva, L.; Lauerma, A.; Estlander, T.; Alanko, K.; Henriks-Eckerman, M.-L.; Jolanki, R. Occupational allergic contact dermatitis caused by photobonded sculptured nails and a review of (meth)acrylates in nail cosmetics. Am. J. Contact Derm. 1996, 7, 109–115. PMID 8796752.
  8. ^ 第一種指定化学物質一覧”. 製品評価技術基盤機構. 2012年2月28日閲覧。

参考文献[編集]