アインシュタイン (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アインシュタイン
英字表記 Einstein
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2002年10月23日(12歳)
Spend a Buck
Gay Charm
母の父 Ghadeer
生国 ブラジルの旗 ブラジル
生産 Fazenda Mondesir
馬主 Midnight Cry Stable
調教師 H.ピッツアメリカ
競走成績
生涯成績 30戦11勝
テンプレートを表示

アインシュタイン (Einstein) とはブラジルで生産された元競走馬、現種牡馬である。

経歴[編集]

競走馬デビューは3歳時の2005年10月で、デビュー3戦目の11月に初勝利を挙げた。

4歳となった2006年は、初勝利から3連勝で迎えた2月のガルフストリームパークBCターフSを制してG1競走初勝利を挙げ、その後もG1戦線で好走を続けた。

6歳となった2008年にはガルフストリームパークBCターフSを制してG1競走2勝目を挙げると、続くメイカーズマークマイルステークスではキップデヴィルに敗れての2着、そして5月のウッドフォードリザーブ・ターフクラシックを制してG1競走3勝目を挙げた。その後、6月のスティーブンフォスターハンデキャップと7月のファイアクラッカーハンデキャップは共に2着だった。8月のアーリントンミリオンは5着に終わったが、11月のG2競走クラークハンデキャップを制した。

7歳となった2009年ドンハンデキャップから始動したが3着に敗れた。その後、3月のサンタアニタハンデキャップを制してG1競走4勝目を挙げた。そして5月のウッドフォードリザーブ・ターフクラシックでは圧倒的1番人気に推され、レースではカウボーイキャルにアタマ差をつけて優勝、連覇を飾り、G1競走5勝目を挙げた。その後、G1競走3連勝を懸けて6月のスティーブンフォスターハンデキャップに1番人気で出走したが、3着に終わった。続く8月のアーリントンミリオンでは2年連続で5着に敗れた。続く9月のパシフィッククラシックステークスでは2着に入った。そして迎えた大一番、ブリーダーズカップ・クラシックに出走したが見せ場なく11着と大敗、クラークハンデキャップ3着の後競走馬を引退した。

2010年よりアデナスプリングスで種牡馬入りした。

血統表[編集]

アインシュタイン血統バックパサー系アウトブリード

Spend a Buck
1982 鹿毛
Buckaroo
1975 鹿毛
Buckpasser Tom Fool
Busanda
Stepping High No Robbery
Bebop
Belle de Jour
1973 鹿毛
Speak John Prince John
Nuit De Folies
Battle Dress Jaipur
Armorial

Gay Charm
1985 鹿毛
Ghadeer
1978 鹿毛
Lyphard Northern Dancer
Goofed
Swanilda Habitat
Sweet And Lovely
Virga
1977 鹿毛
Waldmeister Wild Risk
Santa Isabel
Merry Sunshine Santa Claus
Los Angels F-No.3-c

外部リンク[編集]