ジュリアン・ルパルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジュリアン・ルパルーJulian Leparoux1983年7月15日 - )は、北アメリカを拠点とする騎手である。出生地はフランス。父のロベール・ルパルーは元騎手で現調教助手

来歴[編集]

18歳頃からシャンティー調教場で厩舎スタッフとして働き始める

2003年、1月に渡米し、カリフォルニア州パトリック・ビアンコーヌ厩舎所属の調教助手となる。

2005年、夏に騎手デビューする。

2006年、冬から春にかけてのターフウェイパーク競馬場での開催中に、歴代最多勝となる167勝をマ-クする。春のキーンランド競馬場での開催では、見習い騎手として初めてとなるリーディングを獲得した。8月にはビヴァリーD.ステークスをゴレラに騎乗して制し、G1初勝利を挙げる。さらに夏のサラトガ競馬場の開催では、歴代見習い騎手最多勝利数を更新した。最終的には403勝を挙げて同年の北米年間最多勝騎手となり、エクリプス賞(最優秀見習騎手)を受賞した。

2007年に初来日し、第21回ワールドスーパージョッキーズシリーズに出場したが、14位に終わった。

2009年には欧州出身騎手として初めてエクリプス賞(最優秀騎手)を受賞している。

主な騎乗馬[編集]

年度別成績表[編集]

  • 北アメリカ
騎乗数 勝利 勝率 獲得賞金
勝数 順位 金額 順位
2006年 1740 403勝 1位 .231 1249万1316 8位
通算 ? ?勝 - --- - -

※金額の単位はドル

関連項目[編集]

外部リンク[編集]