T34カリオペ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
T34 カリオペ
T-34-rocket-launcher-France.jpg
フランスに投入されたT34 カリオペ
種類 戦車搭載のロケット弾発射機(ロケット砲兵戦車)
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
運用史
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
開発史
開発期間 1943年
諸元

主兵装 60x4.5インチ(口径114mm)ロケット弾(T34)
64x4.5インチ(口径114mm)ロケット弾(T34E1)
60x7.2インチ(口径183mm)ロケット弾(T34E2)
テンプレートを表示

T34 カリオペは、第二次世界大戦中のアメリカ陸軍が使用した、戦車搭載型の多連装ロケット砲である。

概要[編集]

この兵器名はミュージカル用楽器「カリオペ」、別名、蒸気オルガンとして知られる装置から付けられており、多数のパイプが並べられていることからこの名称が付けられた。

この発射機M4中戦車の頂部に配置され、60門の砲身から4.5インチM8 ロケット弾弾幕射撃を行うことができる。開発は1943年である。少数の車体が生産され、1944年-1945年にかけて様々なアメリカ軍陸上部隊に使用された。

旋回は砲塔俯仰は砲身によって行われるが、連動させるためリングに砲身を通すので主砲の発射はできなくなる。後に主砲防盾の張り出し上に板を追加してリングを載せる形に現地改造され、主砲発射が可能になった(右画像の車両を参照)。

バリエーション[編集]

ロケット発射機T34(カリオペ)
60発の4.5インチM8 ロケット弾を携行する。発射機の構成は36本の砲身群を上部に、投棄可能な12本の砲身をペアとし、計24本を下部に装着する。M4A1中戦車の派生型から製作されたものは投棄不能とされた。
ロケット発射機T34E1(カリオペ)
T34と同様であるが、12本の投棄可能な砲身群が、14本の砲身群と交換された。
ロケット発射機T34E2(カリオペ)
ロケット弾口径が4.5インチ(114mm)から7.2インチ(183mm)へと増強され、砲身の数は60門のまま残された。戦闘への投入は1944年-1945年である。

登場作品[編集]

ゲーム[編集]

R.U.S.E.
アメリカのロケットユニットとして登場。
War Thunder
アメリカ軍のRankII課金戦車として、「Rocket Launcher T34 Calliope」という名で登場する。
バトルフィールド1942 シークレット・ウェポン
アメリカ軍の追加中戦車として登場する。

参考文献[編集]

  • Hunting, David. The New Weapons of the World Encyclopedia. New York, New York: Diagram Visual Information Ltd., 2007. ISBN 0-312-36832-1

関連項目[編集]

外部リンク[編集]