T55E1自走砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
T55E1自走砲
T55E1-motor-carriage-haugh.jpg
T55E1 GMC
開発史
製造数 1両
諸元
重量 17.4t
全長 7.8m
全幅 2.7m
全高 2.7m

主兵装 3インチ砲、携行弾数90発
副兵装 ブローニングM2重機関銃、携行弾数400発
エンジン キャデラック製8気筒水冷エンジン、2基
懸架・駆動 8x8装輪
速度 80km/h
テンプレートを表示

T55E1自走砲とは、1943年、アライド・マシナリー・マニュファクチャリング・カンパニーによってアメリカ陸軍のために開発された試作車輌である。8輪の全輪駆動車であるT55E1は、限定的な射界を持つ3インチ砲1門と、副兵装として12.7mm機銃を装備した。

開発[編集]

クック・ブラザースでは砂漠地帯のための普通とは異なった車輌を開発していた。この車輌は2基の4輪駆動のボギーを装備し、それぞれに自前のエンジンがついていた。操向はフロントボギーをピボット運動させて行った。開発者達はその後、後部に2基のエンジンを備える戦車駆逐車へと設計を発達させた。アメリカ陸軍には、T55として開発を行う契約を結ぶだけの十分な関心が存在した。試験により、まずT55E1として改修に至った。さらなる試験では不適当であることが確認され、T55EIは取り消しとなった。

動力はキャデラック製の8気筒水冷エンジンが2基使用された。1943年に製造が始まったものの、この時には軍の選択が対戦車車輌へと移行しており、T55E1はキャンセルとなった。

参考文献[編集]

  • WarWheels T55E1 3-Inch 8x8 Motor Carriage retrieved on March 13, 2007
  • Duncan Crow and Robert J. Icks Encyclopedia of Armoured Cars
  • Haugh, David R. Searching for Perfection: An Encyclopaedia of U.S. Army T-Series Vehicle Development (1925-1958)