Snowラディッシュバケーション!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Snowラディッシュバケーション!!
対応機種 Windows98/Me/XP/Vista
開発元 オーバーフロー
発売元 オーバーフロー
ジャンル 寝取らせアドベンチャーゲーム
発売日 2001年12月28日(イベント専売版)
2009年7月24日(ダウンロード販売版)
レイティング 18禁
メディア CD-ROM - 1枚(イベント専売版)
画面サイズ 800x600/16bit-COLOR
BGMフォーマット PCM
キャラクターボイス 有り(女性のみ)
CGモード 無し
回想モード 無し
備考 イベント専売版はロットアップ済み
テンプレートを表示

Snowラディッシュバケーション!!』(スノーラディッシュバケーション!!)は、2001年12月28日オーバーフローより発売されたアダルトゲーム

概要[編集]

オーバーフロー作品第4弾。当初はイベント専売商品であり、一般販売はされなかったが、2009年7月24日ダウンロード販売が開始された。

野菜名を含んだタイトルロゴファミレス似のドライブインが舞台など、『Piaキャロットへようこそ!!』のパロディ要素を含んでいる。なお、オーバーフローの本家である有限会社スタックは、『Piaキャロットへようこそ!!2』のコンシューマ移植作業を担当したことでも知られる。

登場人物の多くはオーバーフロー作品の根幹を成す家系に属しており、中でも中心人物のに至っては後に沢越止というフルネームが明かされた上、続編の『Summerラディッシュバケーション!!シリーズ』やそれ以降のオーバーフロー作品の多くへ、大きな影響を及ぼす存在となった。

主人公は伊能神楽であり、ゲームは彼女の視点で進行する。神楽を操作し、他のヒロインと次々に肉体関係を結んでいく止を妨害する(もしくは、止とヒロインのセックスシーンをプレイヤーがわざと目撃していく)ことが目的。いわゆるギャルゲーやアダルトゲームにおいて、男性主人公がヒロイン達を次々に攻略していく様子を一ヒロインの視点から見ていくような、それらのパロディに近い内容となっている。

あらすじ[編集]

母・伊能萌葱が経営するドライブイン兼宿泊施設「スノーラディッシュ」を手伝う少女・伊能神楽は、ふとしたきっかけから憧れの「お兄さん」こと通っていた塾の講師・とのセックスに至るが、その直後に彼は神楽の前から姿を消してしまう。まもなく妊娠が発覚するも相手が誰か話そうとしない神楽を、萌葱は責めない。しかし数か月後、スノーラディッシュには萌葱の妹・伊能浅葱や彼女の友人・沢越巴と共に、止が現れる。

今度こそ止を手に入れるべく、神楽の賭けが始まる。

声の出演[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]