PureMail -ピュアメール-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
PureMail -ピュアメール-(CD版/DVD版/DL版)
PureMail -ピュアメール- DVDPG(DVDPG版)
対応機種 Windows95/98(CD版)
Windows95/98/Me/XP(DVD版)
DVDプレーヤー(DVDPG版)
開発元 オーバーフロー(CD版/DVD版)
アイチェリー(DVDPG版)
発売元 オーバーフロー(CD版/DVD版)
アイチェリー(DVDPG版)
ジャンル 純愛アドベンチャーゲーム(表向き)
発売日 2000年8月25日(CD版)
2001年12月28日(DVD版)
2003年6月12日(DVDPG通常版)
2005年6月24日(DVDPG廉価版)
2007年2月16日(DL版)
価格 税込9,240円(CD版)
税込7,140円(DVD版/DVDPG通常版)
税込3,990円(DVDPG廉価版)
税込2,940円(DL版)
レイティング 18禁
キャラクター名設定 なし
エンディング数 6
セーブファイル数 40
メディア CD-ROM:2枚組
DVD-ROM:1枚組
画面サイズ 800×600(フルカラー)
BGMフォーマット PCM
MIDI
キャラクターボイス 女性キャラフルボイス
CGモード あり
音楽モード あり
回想モード あり
メッセージスキップ あり
オートモード あり
備考 CD版、DVD版、DVDPG版はロットアップ済み

PureMail -ピュアメール-』は、2000年8月25日(CD版。DVD版は2001年12月28日)にオーバーフローより発売された18禁恋愛アドベンチャーゲームである。

概要[編集]

オーバーフローの第1作として企画(諸般の事情により第2作として発売)された凌辱調教物であるが、『ら〜じ・PonPon』のために企画からメイザーズぬまきちが離れた後、表向きのみ「学園純愛物」に変更された。リアリティにこだわって作られているため、各ヒロインには2、3人のモデルが存在しており、作中のシチュエーション、メールやチャット内容も取材を元に生々しさを出している。

2001年にはグリーンバニーによってアダルトアニメ化され、全2巻で発売された。

2001年4月27日に発売された『オーバーフロー ぷれじゃ〜ボックス』には、本作の外伝に当たる『ピュアメール外伝』と、本作の7年後の様子(『School Days』と同じ時間軸であることが、作中の描写で示唆されている)を描いた『その後のピュアメール』が掲載されている。

ゲームシステム[編集]

アドベンチャーゲーム形式であり、最終的に登場する女性のいずれかと結末を迎えるが、各ヒロインには「感情値」が設定されており、選んだ選択肢によってそれが変化するようになっている。感情値の状態によってストーリーの特定箇所で出現する選択肢が変化し、それによってストーリーが分岐していく。ただし、感情値は隠しパラメータとなっており、プレイヤーには分からない。更には碧にのみ、隠しパラメータとして「調教値」が設定されている。

操作には「既読スキップ」「自動送り」「次の選択肢まで進む」「前の選択肢まで戻る」などがあり、システムでは「音声」「SE」「BGMの個別ボリューム」「自動送り速度」「フォント」「女性毎のヘアの有無」などが設定できる。

PC内に『ら〜じ・PonPon』がインストール済みでセーブデータが存在すると、テキストや展開が通常と変わる場合がある。また、エンディングにクレジットされている協力メーカー作品がインストールされていると、チャット中のアイコンが各メーカー作品の物になり、会話にもそれ関連の選択肢が出現する。

時系列としては『Summerラディッシュバケーション!!』の後、『Summerラディッシュバケーション!! 2』、『ら〜じ・PonPon』と同時期。本作の後が『MISS EACH OTHER』、『LOST M』、更に半年後が『School Days』『Cross Days』となっている。

ユーザーサポート[編集]

発売後は5回に渡り、週1回更新の公式サイト上の攻略コーナーにて2ちゃんねるなどの反応を見ながら、『なぜなにピュアメール』で攻略ヒントを提供したり、修正プログラムを配布したり、ユーザー登録葉書を出したユーザーには最終修正プログラムとアクセサリの入ったCD-ROMを無料配布するなどのユーザーサポートが実施された。

本作品の特異性[編集]

本作品は、従来及び同時期に発売された他社作品に比べ、明らかな特異性がある。

  • 企画当時の同系ゲームは萌えで固められた「お約束」の世界が多かったため、徹底してリアリティが追求されている。
  • 従来のアダルトゲームに殆ど存在しないヒロインの性格の二面性が、非常にデフォルメした形で描かれている。
  • 純愛ルートでの緻密な登場人物達の会話によってキャラクターの性格造型に説得力を持たせ、鬼畜ルートで容赦なく陵辱あるいは調教されるというギャップの大きさ。
  • 登場キャラは設定上すべて18歳以上であるが、日常会話などを使って巧みに主人公達の実年齢をプレイヤーに示している。

ストーリー[編集]

PureMail -ピュアメール-[編集]

主人公・緒方圭(おがた けい)は、過去に起こったある理由から他人との繋がりなんて要らないと自分の殻に閉じこもる日々を送っていたが、その一方で彼はEVE(イヴ)というハンドルネームの女性と毎晩チャットを楽しんでいた。だがEVEに尊敬される彼は、ある日偶然にも、EVEがクラスメイトの奈川碧(ながわ みどり)であることを知ってしまう。

ピュアメール外伝[編集]

主人公・古谷奨(ふるや しょう)は葵学園に通い、圭や碧とはクラスメイトであった。特に何事も無かった夏休みも終わり、再び学園生活が始まったある日。奨は登校中に、自分と同じく葵学園の制服を着る少女・友坂真彩(ともさか まあや)と出会う。登校後、夏休みの間に転校してしまったクラスメイトの結城綾華鰐垣と入れ替わりに真彩が転校してくるが、彼女は周囲に自分について語ることを極端に恐れていた。それと同時に、奨の携帯電話には久美と名乗る人物から「メル友になって欲しい」というメールが届く。奨は気まぐれでそれを承諾し、久美と親しくなっていく。

声の主演[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督、シナリオ監修:メイザーズぬまきち
  • キャラクターデザイン、原画:西E田
  • OSデザイン:りつべ
  • 背景原画:おおしろしげき、かわせみはるか
  • シナリオ:屑美たけゆき、マロガッツ、メイザーズぬまきち、GON
  • 音楽:ZEL
  • サウンドエフェクト、音声編集:みずっち

主題歌[編集]

  • オープニングテーマ「OPEN THE MIND
  • エンディングテーマ「Angelic Feather
    • 作詞:TEN / 作曲:ZEL / 歌:静木亜美


復刻・DL版[編集]

関連商品[編集]

音楽CD[編集]

アダルトアニメ[編集]

アダルトアニメ版はストーリーに重きを置いているため、Hシーンは物語の演出上に必要な場面のみに限られており、各巻で2箇所ずつあるのみである[1]。 また、原作では隠れキャラクターだった悠美がメインキャラクターとして登場している[1]

    • 第一話『Twisted mind』 - 2001年9月25日発売
    • 第二話『Revert to mine』 - 2001年12月21日発売

反響[編集]

本作はルート次第で純愛ものにも凌辱ものにもなりうる内容とルートによってヒロインの性格が大幅に変わる事が反響を呼んだ一方、主人公の妹である藍はファンの間では不人気だった[1]。 また、CD-ROM版はソフ倫からクレームが付き、回収された。

評価[編集]

おたぽるの穴リスト猫は、本作がインターネットを題材とした『螺旋回廊』と同じ年に発売されたことについて、「2000年前後の時点でコンピュータを通じた出会いは珍しく、物語にしやすかったのではないか」と推測している[1]

また、穴リスト猫はアダルトアニメ版について、「『ピュアメール』というタイトルに反して重苦しい内容だが、オーバーフローの隠れた名作はアニメになっても名作」と評し、主人公の弱みを握って脅す悠美をメインキャラクターに据えたことについても、主人公の苦しみや虚無がよく表れていると評した[1]。その一方で、穴リスト猫は作画の出来が良くないことについても触れた[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]