MEMORIES

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MEMORIES
監督 大友克洋
森本晃司
岡村天斎
原作 大友克洋
製作 山科誠
渡辺繁
八木ヶ谷昭次
宮原照夫
製作総指揮 大友克洋
音楽 菅野よう子
三宅純
長嶌寛幸
撮影 枝光弘明、川口仁
編集 瀬山武司
配給 松竹
公開 1995年12月23日
上映時間 113分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

MEMORIES』(メモリーズ、めもりーず)は大友克洋監修のアニメ映画森本晃司監督「彼女の想いで」、岡村天斎監督「最臭兵器」、大友克洋監督「大砲の街」の3話のオムニバス形式である。1995年12月23日公開。

統括スタッフ[編集]

彼女の想いで[編集]

彼女の想いで』(かのじょのおもいで、Magnetic Rose)。大友原作の同名の漫画(かつ短編集)をベースとしているが、設定や登場人物は大幅にアレンジしてものである。

あらすじ[編集]

2092年の宇宙空間でスペースデブリと化した人工衛星などを処理する作業員4人を乗せた宇宙船「コロナ」は帰途に就く最中救難信号を受信する。向かった先は「サルガッソー」と呼ばれる宇宙船の墓場であり、発生する磁場をすり抜けながら発信元のバラの形状をした遭難船にたどり着く。乗組員であるハインツとミゲルは救出に向かうが、そこで見たものは形だけは当時の面影を残す居住ルーム、そしてかつてオペラ界で名を馳せていたエヴァの数々の思い出であった。しかし先に進むにつれミゲルがエヴァの幻覚に堕ち、ハインツも過去のトラウマの幻覚に怯えながら突如受けた攻撃に応戦、一方で難破船の外では次第に強力化される磁場に対磁気コーディングを施していない「コロナ」が影響を及ぼし、難破船に取り込まれようとしていた。幻覚や磁場の原因は遭難船にある中央コンピューターからであり、ハインツはエヴァの幻覚(実際は中央コンピューターによって操作されているホログラフィーをまとったロボット)と中央コンピューターを攻撃。「コロナ」も全滅を防ぐため人工衛星破壊用兵器「アナライザー砲」を使用してハインツやミゲルが残る遭難船を破壊しようとするが穴を開けたにすぎず、ハインツは開いた穴から宇宙空間に投げ出され、「コロナ」はそのまま難破船に取り込まれてしまった。エヴァのロボットは周辺をホログラフィーによる劇場に変えてオペラは終劇となり、幻覚に取り込まれたミゲルはエヴァと共に思い出の中に生き、一方宇宙空間に投げ出されたハインツは宇宙服の中を舞うバラの花びらに息を吹きかけたところで物語は終わる。

登場人物[編集]

ハインツ
声 - 磯部勉
宇宙空間に出てスペースデブリの破壊作業をするアメリカ人作業員。仕事には忠実で妻子がいるが、ある出来事がトラウマになっている模様。
ミゲル
声 - 山寺宏一
ハインツとともに宇宙空間に出て作業をするラテン人作業員。閉鎖的な宇宙環境に退屈し、女に飢えている。遭難船内で幻覚を見てハインツらに呆れられる。
イワノフ
声 - 飯塚昭三
ハインツやミゲルらを統括するロシア人船長。いつも無理難題な事を言う本部に怒りを覚えている様子。
青島
声 - 千葉繁
宇宙船「コロナ」の船内活動に従事する日本人メカニック。常にくわえ煙草をしている。
エヴァ
声 - 高島雅羅
昔名を馳せていたオペラ歌手で、遭難船の主。名声を得て恋人がいるなど順風満帆な日々を送っていた。
エミリィ
声 - 長谷川亜美
ハインツの一人娘。宇宙空間で作業をしているためなかなか帰れない父親といつまでも一緒に暮らしたいことを心待ちにしている。
アンナ
声 - 沢海陽子
ハインツの妻でエミリィの母親。
ロボット
声 - 柊美冬
エヴァに従事している天使の像の姿をしているロボット。
A氏
声 - 平野正人
本部の職員で、イワノフらに追加の仕事を頼んでいたが断られる。
その他
声 - 坂口哲夫大場真人

スタッフ[編集]

最臭兵器[編集]

最臭兵器』(さいしゅうへいき、Stink Bomb)。カプセル状の科学薬品(兵器)を飲んだ一人の青年をめぐるパニックコメディー作品。漫画本の原作はない。

あらすじ[編集]

風邪をこじらせながらも診療所から直接研究所へ向かい研究に従事していた西橋製薬研究員の田中信男は、同僚から「風邪薬のサンプル品である『赤い瓶に入った青いカプセル』を飲めば風邪が治る」と言われる。所長に報告しに行った信男は机の上にある瓶の中に入っているカプセルを見つけるが、取り違えて『赤い瓶に入った青いカプセル』の横にあった『青い瓶に入った赤いカプセル』を飲んでしまう。実はその『青い瓶に入った赤いカプセル』は国の依頼によりPKO派遣部隊用として極秘に研究・開発していた際、所長が合成したところ偶然造られた強力な臭気を発生する物質[1]であり、そのまま応接室で一昼夜寝込んでしまった信夫が目が覚ますと研究所にいたメンバー全員が悶絶死しており、慌てふためきながらも所長が切った防菌アラームの電源を入れ、東京の本社で会議中だった韮崎開発局長と連絡をとる。韮崎は信男の報告で事故が起きたことは察したがその原因はこの時点で判らず、救急車が来る前にとにかく極秘サンプルである『青い瓶に入った赤いカプセル』と関連資料を自分のところまで誰にも悟られずに運び、自分以外に渡さないように命令、それを受けて信男はそれらをスーツケースに入れ研究所から本社へ向かう。しかしその道中雪が残る真冬なのにもかかわらずサクラヒマワリの花が開花したり、信男を救出しようとした人々が次々と倒れていく光景を目のあたりにする。

一方、東京の防衛庁本部[2]では研究所がある甲府方面からの音信が途絶えたことで対策本部が設置され、参考人として韮崎および鎌田専務が招集される。韮崎は『青い瓶に入った赤いカプセル』の実態を明らかにしたうえで信男に運ばせていることを伝えるが、本部長から「なぜその人物だけ生きているのか」との指摘により、信男が『青い瓶に入った赤いカプセル』を飲んだことをようやく突き止める。また、笹子トンネルで自衛隊が信男を助けようとしたところ隊員が次々と倒れていき、それを見た隊長が黄色い臭気を発生する信男を見て臭気の元であることを断定する。臭気を止めるには使用者の新陳代謝を抑制、つまり殺害以外に方法がないという結論に達すると本部長は陸海空すべての自衛隊を出撃させ、発生源を含め何も知らずにカブに乗って中央自動車道を走る信男を総攻撃するが、強力な臭気は電子機器をも狂わせ自爆してしまう[3]。東京は避難でパニックに陥り、対策本部からも逃走する者が現れる中、アメリカ陸軍は自衛隊の作戦によって小仏トンネルに閉じ込めた信男をアメリカ航空宇宙局の新型宇宙服を使用して捕獲を試みる。結果捕獲は成功、宇宙服を着た人物は対策本部で歓迎を受け、『青い瓶に入った赤いカプセル』の入ったスーツケースを無事韮崎に渡したが、その宇宙服の中に入っていたのは捕獲したはずの信男本人であった。その場にいた全員が驚愕する中、信男が宇宙服を脱ごうとし対策本部を臭気まみれにしたところで話は終了する。

ロケーション[編集]

主人公が救助を求めていた時に登場した山梨文化会館の建物
主人公が研究所へ向かうために乗っていた山梨交通の路線バス。現在はカラーが違っている

この作品は山梨県が舞台で随所にローカルネタがちりばめられている。研究所の位置は甲府市山宮町から金櫻神社方面に向う途中と推測される。

  • 甲府市全景:オープニングで甲府駅エクラン)や周辺が映し出されている。カメラの位置から山梨放送の番組であることが推測される(但し番組名は架空の物)。
  • 山梨交通路線バス:主人公が診療所から研究所へ向かう時に乗っていたバス。公開された当時のカラーリングであり、現在のカラーリングとは異なる。
  • 舞鶴陸橋:甲府駅の東側にある中央本線を跨ぐ橋。オープニングでも登場するほか、ヘリからのレポートの際自動車が衝突などで横たわっており、その周辺に臭気で横たわる人々と道路から草花が生い茂っている。その奥にはエクランとサンパークホテル内藤も映っている。
  • 山梨文化会館:主人公が救助を求め屋上で甲府市旗を振っている。なお、ヘリコプターが着陸しているが、建物にヘリポートはない。
  • 武田信玄像:甲府駅南口にあり、主人公が腹をすかせながら彷徨っているシーンで映し出されている。
  • 中央自動車道
    • 笹子トンネル:陸上自衛隊が救助のため勝沼側を拠点にしていた。
    • 大月ジャンクション:主人公がカブに乗って東京方面へ向かう時に映し出されている。
    • 浅利トンネル:主人公が攻撃を受け始めた場所。
    • 葛野川橋:主人公が90式戦車の攻撃を受けた場所。猿橋付近にある。
    • 鶴川大橋:自衛隊の攻撃により破壊された橋梁。上野原市にある。

登場人物[編集]

田中信男
声 - 堀秀行
第三開発室に所属する西橋製薬の研究員。風邪をこじらせて通院していたが、一人で寝ていても仕方がないということで研究所で作業をしていた。
韮崎
声 - 羽佐間道夫
西橋製薬の新薬開発局長で名前は「キョウイチ」。山梨の研究所で緊急事態が発生し、唯一生き残った信男に実験サンプルの薬品を東京にいる自分のところまで運ぶよう命令する。その後対策本部に召喚され、本部長の質疑応答で緊急事態の原因をようやく突き止める。
本部長
声 - 大塚周夫
緊急事態の対策本部長。階級は陸将。なお本作では、彼を含めた陸上自衛官の制服は茶灰色の旧デザイン(1991年以前のもの)となっている。
鎌田
声 - 阪脩
西橋製薬の専務。本部長の質疑応答にしどろもどろになっていた。
大前田
声 - 緒方賢一
信男が勤務している研究所の所長。実験サンプルの薬品を極秘に開発していたが、それが使用されていたため大慌てしていた。
米軍将校
声 - 大塚明夫
アメリカ陸軍の士官。襟に付けた兵科章は化学科。なお、宇宙服を運搬したのはアメリカ海軍である。
ばっちゃん
声 - 京田尚子
緊急事態が発生したとき孫の信男がテレビに映し出されていたため愕然としていた。その後、自衛隊のヘリに乗り、信男に東京へ来るなと警告する。
医者
声 - 石森達幸
信男が通っていた医院の医者。
咲子
声 - 藤井佳代子
研究所の受付嬢。甲州弁を話していたことから地元山梨の娘と思われる。
美樹
声 - 神代知衣
研究所の事務員。咲子にスキーへ行ったことを自慢していた。
同僚
声 - 曽我部和恭
研究所の研究員。くしゃみばかりする信男に対し所長の部屋にある風邪薬を飲むように薦める。
隊長
声 - 島田敏
笹子トンネル付近で指揮をとっていた自衛隊の幹部。緊急事態の原因を目撃し、総員退避でその場を離れるが小仏トンネルでスノーマシンを使用して原因を凍らせようとする。
アナウンサー
声 - 小野英昭
ヘリコプターで甲府市の惨状をレポートしていたところで信男を発見し、パイロットに着陸するように命令する。
幹部
声 - 田中亮一岸野幸正
対策本部にいた陸海空自衛隊の幹部たち。本部長と共に韮崎や鎌田を尋問する。
通信兵
声 - 佐藤浩之大滝進矢
パイロット
声 - 巻島直樹
信男の弟
声 - 岩永哲哉
看護婦
声 - 中村尚子
レポーター
声 - 新田三士郎
米軍兵士
声 - 森ステファン

スタッフ[編集]

大砲の街[編集]

大砲の街』(たいほうのまち、Cannon Fodder)は大砲を撃つためだけに作られた街の一日と少年(と家族)の活動を描いた作品。こちらも漫画の原作はない。全編20分ほどを1カットのみで構成している。

あらすじ[編集]

ある朝。少年が目を覚め、母親に寝起きが遅いことをたしなめられながら父親と共に家を出る。街の人々は訓練されており、列車の乗降も皆揃って列を成している。少年が授業を受けている最中、17番砲台では敵をめがけて発射の準備が着々と進められる。装填が完了すると砲撃手が姿を現し、引き金が引かれ勢いよく砲弾が勢いよく飛び出し、そのまま昼食に入る。少年、母親、父親の食事風景および街の周辺は砲撃によるクレーターだらけの様子が映し出される。17番砲台でも再び発射の準備が行われるが、父親は手順のミスから砲台から落ち、給弾長から叱責を受ける。転落の衝撃でヘルメットやマスクが外れた状態であったが、そのまま発射の時間となり、父親は爆音に怯え耳をふさぐが、発射時の衝撃で吹き飛ばされる。

そして夜。少年は父親にどこと戦争をしているのか尋ねるが、父親はまだ知らなくていいから寝なさいと答える。そして少年が就寝した所でエンディングへ。

登場人物[編集]

少年
声 - 林勇
主人公。朝に弱いことやいうことを聞かないことで母親に怒られている。将来は砲撃手になることを夢見ている。
父親
声 - キートン山田
17番砲台の装填手。無口。
母親
声 - 山本圭子
弾薬工場で働いており、父親に対してよく喋る。
先生
声 - 仲木隆司
少年が通う学校の先生。砲撃について授業を行なっていた。
指揮官
声 - 中村秀利
給弾長
声 - 福田信昭
旋回手
声 - 江川央生
俯迎手
声 - 佐藤正治
天気予報
声 - さとうあい
駅アナウンス
声 - 長嶝高士石川ひろあき喜多川拓郎
兵士
声 - 田中和実園部啓一鈴木勝美
声 - 塩屋浩三河合義雄
声 - 峰あつ子大友洋子巴菁子

スタッフ[編集]

  • 監督・原作・脚本・キャラクター原案・美術 - 大友克洋
  • キャラクターデザイン・作画監督 - 小原秀一
  • 技術設計 - 片渕須直
  • 色彩設計 - 中内照美
  • 撮影監督 - 枝光弘明
  • 音楽 - 長嶌寛幸
  • プロデューサー - 田中栄子
  • アニメーション制作 - スタジオ4℃

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 但し、本来は細菌兵器の対策用として研究されていたもので、攻撃用としては造られていない模様。
  2. ^ 防衛省へ改組前であり、施設も現在の市ヶ谷駐屯地ではなく当時本部のあった旧檜町駐屯地である。
  3. ^ 厳密には次第に強力になっていく臭気によって信男の周辺に強大な磁場も発生するようになっていた。実際物語の後半では信男にまとわりつく黄色い臭気から磁気を帯びている様子が伺える。

関連項目[編集]

  • STUDIO 4℃
  • 石野卓球(OP・EDテーマ曲を提供)
  • スプリガン - 1998年にアニメ映画化。大友克洋をはじめMEMORIESに携わった人物が多く関わっている。
  • SHORT PEACE - 2013年公開の同じ松竹配給によるオムニバス形式のアニメ映画。大友克洋も監督ならび原作として関わっている。

外部リンク[編集]