MASAYUKI SUZUKI 30TH ANNIVERSARY LIVE THE ROOTS〜could be the night〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
MASAYUKI SUZUKI 30TH ANNIVERSARY LIVE THE ROOTS
〜could be the night〜
鈴木雅之ライブ・アルバム
リリース
録音 2010年2月24日 (2010-02-24)、東京・NHKホール
ジャンル J-POP
時間
レーベル Epic Records
チャート最高順位
鈴木雅之 年表
Still Gold
2009年
MASAYUKI SUZUKI 30TH ANNIVERSARY LIVE THE ROOTS〜could be the night〜
2010年
Martini Box
2011年
EANコード
ASIN B003TIB1WQ,JAN 4988010024734【初回生産限定盤】
ASIN B003TIB1X0,JAN 4988010024741【通常盤】
テンプレートを表示

MASAYUKI SUZUKI 30TH ANNIVERSARY LIVE THE ROOTS〜could be the night〜』(マサユキ・スズキ・サーティース・アニバーサリー・ライヴ・ザ・ルーツ クッド・ビー・ザ・ナイト)は、2010年9月1日にリリースされた鈴木雅之初のライブ・アルバム

概要[編集]

2010年2月24日に東京NHKホールにて、デビュー30周年記念日前夜にファンクラブ限定で開催された一夜限りのライヴの音源化。ソロ活動では初のライヴ盤。発売日のオリコンデイリーチャートは第20位。

本ライヴは、普段のライヴとは異なるビッグ・バンド形式で演奏され、CD2枚組にオープニングからアンコールまでライヴ音源全27曲とボーナストラック3曲が収録されている。

当日演奏された楽曲は、シャネルズラッツ&スター時代・ソロ期のヒット曲の他、鈴木自身が影響を受けたドゥーワップやロックンロール等の洋楽邦楽のカバーも多数演奏された。

また、ゲストも多数出演している。ラッツ&スターのオリジナル・メンバーの佐藤善雄桑野信義をはじめ、鈴木聖美佐藤竹善ゴスペラーズよりゴスペラッツで共にユニットを組んだ村上てつや酒井雄二等のアーティストも参加している。

ボーナストラックには、宇崎竜童阿木燿子による書き下ろし楽曲「永遠の迷宮」、大瀧詠一カヴァー楽曲「Pap-Pi-Doo-Bi-Doo-Ba 物語」(ゴスペラッツ)、ゴスペラッツで2008年に配信限定でリリースされた「禁煙スウィング」が収録されている。

初回生産限定盤はトール・デジパック仕様で、Disc.3としてライヴの一部(4曲)を収録した鈴木の作品としては初の初回盤ボーナスDVD付。また、30周年特別企画として、2010年3月24日2011年2月25日の期間中に発売される鈴木雅之関連の全ての初回仕様限定盤商品に特別応募券が封入され、抽選でスペシャルオリジナルグッズがプレゼントされる。本作には、「携帯待ち受けフラッシュ画像プレゼント&30周年特別企画応募券2」のチラシ、「バックステージご招待」応募ハガキ(ライヴチケットとのW購入者応募施策用)、先着購入特典として、「30th AnniversaryカードVol.2」が封入されていた。

収録曲[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]

SonyMusic