Live Dwango Reader

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カドカワ > ドワンゴ > Live Dwango Reader
Live Dwango Reader
URL http://pocket.livedwango.com/
使用言語 日本語
タイプ フィードリーダー
運営者 株式会社ドワンゴ
営利性 営利
登録 必要
設立日 2006年4月20日
現状 サービス終了[1]

Live Dwango Reader(ライブドワンゴリーダー)は、株式会社ドワンゴが提供するブラウザ型のフィードリーダー2006年4月20日ライブドア(現・LINE)がlivedoor Reader β版として公開した。ライブドアIDが必要。OPML対応。

2014年10月1日にサービス終了を発表したが、撤回した後に、同年12月1日にドワンゴに運営譲渡されてサービスが継続していた[2]

2015年4月2日にスマートフォン版のLDR Pocketがリリースされた[3]

2017年8月31日にサービスを終了した[1]

機能[編集]

フォルダ機能[編集]

新規追加や移動といった基本操作を画面遷移なしで行え、増え続けるフィードをスムーズに管理できる。

レート機能[編集]

1つ星から5つ星までのレート機能によって、フィードの管理を効率化しやすくしている。

キーボードショートカット機能[編集]

手軽なキーボードショートカット機能によって、自由自在に必要な情報を探したり、斜め読みしたりしやすくしている。

ピン・アイコン機能[編集]

気になる記事をあとでじっくり読みたい場合など、その記事のところで「ピン」のアイコンをクリックすれば、あとで新しいウィンドウで開いて読むことができる。

クリップ機能[編集]

ソーシャルブックマーク機能と連携している。クリップ機能で気になる記事を登録しておくと、月日を経たあとでも、探したり、読み返したりするのに重宝する。ただし、あらかじめ「livedoor クリップ」のユーザー登録をしておく必要がある。

モバイル機能[編集]

移動中や外出先でも最新情報をモバイルでチェックできる。 フォルダ機能、レート機能、ピン機能といったPC版の機能を、そのままモバイルで使えるようにしてある。

ソーシャル機能[編集]

ソーシャル機能でフィードを共有できる。ソーシャル機能によって、自分が読んでいるフィードを公開したり、他人が読んでいるフィードを見ることができるため、さらに効率のよい情報収集が可能となる。

脚注[編集]

  1. ^ a b 【重要】Live Dwango Reader/LDR Pocketサービス終了のお知らせ|LDR / LDRポケット 開発日誌”. ドワンゴ (2017年7月24日). 2018年7月26日閲覧。
  2. ^ 【重要】livedoor Reader 運営元変更のお知らせ”. ドワンゴ (2014年12月1日). 2014年12月26日閲覧。
  3. ^ LDR Pocket リリースのお知らせ”. ドワンゴ (2015年4月2日). 2015年4月2日閲覧。

外部リンク[編集]